サナダ虫 ~解体中~

Go on and fuck yourself

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

破 ~「どちらかが彼女を殺した」~

2005年12月01日 | 批評 「読」 
「どちらかが彼女を殺した」(著:東野圭吾)を読んだ。


「究極」の推理小説。(・・凄い説明。でも、間違ってはいない)


感想。

①こいつぁ、スゲェ!読者に喧嘩を売っていやがる!!

②おいおいおいおい、勘弁してくれ・・。

③「どーすんの、俺ーーー!!」By劇団ひとり (ライフカードは「考える」のみ)


「普通の本格推理小説」としてなら、事件も普通。動機も普通。犯人も普通。

至って普通に楽しめる。(私的には、少々物足りない感じで、★★☆☆☆)


が。


本作は何と、犯人名が明らかにされていない!

つまり、最後まで読んでも、「犯人=○○」と書かれていない。判らない。


たまに見かける、「読者への挑戦状」とはレベルが違う。

だってアレ、最後まで読めば全部判るし。実際、「挑戦」させてねーよ。


このような趣向の為か、事件は簡単な部類に入る。(犯人だって、2分の1)

あ゛ー、いかに今まで適当に推理小説を読んでいたのかが判って、情けない。

さぁ、是非今すぐ、ご一読を。貴方の推理力が試されます。

★★★★★ (アッパレなり、東野圭吾!)


ちなみに。

推理小説歴5年、IQ120(仮)の私が挑戦してみたところ・・・・、

結果、「確信が持てません・・」であった。(・・はは)

でも、文庫本巻末に(袋綴じで)解説も載っているし、9割以上は正解と思われる。

犯人だけではなく、証拠も説明つけられるしな。(・・多分)


ちなみに。

文庫版では、ノベルス版よりも難しくなっているようだ。

たったの一言(漢字も入れて3文字)が、削られているだけで。


ちなみに。

私も被害者と、殆ど同じである。(ネタバレ注意??11月22日記事 参照

よって、万一自殺と見せかけて殺害された場合は、よろしくお願い致します。(何が)

Comments (6)   この記事についてブログを書く
« 冬 ~霜焼けが痒い!~ | TOP | 混 ~『おでん』~ »
最新の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
うお~!きになるっ (べりー)
2005-12-01 22:54:04
何ですって!それは、素晴らしい作品じゃないか!サナダさん。

読んでみたいっ!IQ20(自称)の私には難しい?



ところで、昨日初めて東野圭吾の写真を見ました。

意外に若くて、ビックリしたぁ~。
TBどうもです (やす)
2005-12-01 23:55:27
私は文庫版を読んだのでかなり苦労しました、結局ネットなどを調べてなんとなく確信することができました。漢字も入れて3文字は大きいですよ。
Unknown (marin☆)
2005-12-02 22:43:04
サナダさん、TBありがとうございました。

>いかに今まで適当に推理小説を読んでいたのかが判って、情けない。



確かに…で、「な~んだ、もっとどんでん返しが

あるかと思った~」なんて思ったりしてましたよ、私。

「私が彼を殺した」は読まれましたか?

こっちは容疑者が3人なので、さらに難しいです!

初めまして (かの)
2005-12-02 23:46:16
こんばんは、サナダさん!

TBありがとうございました。

こちらからもTB送らせて頂きますm(_"_)m

面白いと言われれば確かに面白いのだけど、お馬鹿な私にはちょっとスッキリ感が乏しかったです~(汗)

東野氏の作品の構成力と展開にはやはり脱帽してしまいます。

では、また遊びにお邪魔させて下さいね。

これからもよろしくお願いします!
コメントありがとうございます。(・・訂正) (サナダ)
2005-12-05 01:02:08
ベリーさんへ



ベリーさん、名前が平仮名ですよ。(いーだろ、別に)

何も知らずに読んだ人には、少々衝撃的。

推理作家誰もが挑みたかったであろうことを、アッサリと試みるなんて、ねぇ。

東野氏、1958年生まれのようですね。50前か。



IQ20って・・。笑

猿でももっとありますよ。





やすさんへ



私、途中まで「自殺」もしくは「第三者」が犯人だと思ってました・・。

つーか別に、どっちでもいい・・。(ある意味、どっちも犯人だし)

読者に解答を委ねる趣向は面白くて新鮮でしたが、

著者本人の解答を聞けないのが残念。
コメントありがとうございます。 (サナダ)
2005-12-05 01:16:56
marin☆さんへ



確かにミステリとしては、物足りなかったかもしれません。

でもこの作品は、「犯人が明らかにされない」という形を取っているので、

これ以上難しくなっては、さすがに追いつけないですよ~。

そうそう、「私が彼を殺した」!

ただ今読んでいる最中です。む、難しい・・!





かのさんへ



実は本作を読む前に、

「この作品は、犯人が判らない」と聞いておりました。

「はぁ~?何言ってんの??そんな訳ないだろ~」

いやいやいや、読んでビックリ。本当でした。笑

解答編も、やはり欲しい所ではありますよねぇ。

こちらこそ、またよろしくお願いします。

post a comment