cubeRiderα日誌

私の愛車cubeRiderとの 小さな幸せを 綴って参ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011

2011-12-31 17:47:21 | Weblog
今年は 寂しい年越しになりました・・・・・・

来年は 立ち直らなければいけない 試練の年になりそうです。

うめさん もぉ帰ってきませんからね・・・・・・

自分の過ちを 後悔しても何も生まれてきません。

今現在 モルモット君達と楽しく暮らしていらっしゃる方々を 心から応援しています。
コメント

モルモットの飼育に関して  じゅうよん

2011-12-30 17:52:11 | Weblog
今朝 ポストを見ると 娘宛に 御世話になったペットクリニックから

手紙が届いていました。

うめさんへの 御悔みの手紙でした。

今まで 猫君達が御世話になり 亡くなっていましたが こんな御手紙は

初めてでした。 有難く うめさんの御骨の側に御供えさせて頂きました。

いつか 御返事を書きたいと思っています。
コメント

モルモットの飼育に関して   13

2011-12-29 14:32:58 | Weblog


これまでは 不正咬合のモルモットに関しての事を書いてきましたが

正常な歯並びのモルモット君達にも通じる事はあります。

頑張り屋さんのモルモットが いきなり亡くなるって事も あり得るそうです。

でも きっと ”病気になっている”サインを出していると思われます。

食欲が1番顕著に出ると思います。

体重減少まできたら 相当 具合が悪いかもしれません。

出来るだけ 触れ合う時間を作って頂けたら幸いと 願っています。

複数を 同じゲージで飼育なさっていると餌の減り具合とか 解り辛いと思います。

触れ合って 体重の確認や目やに くしゃみ等無いかどうか毎日診て頂きたいです。

そんな症状が見られたら すぐに受診してあげて下さい。

もし 獣医師さんに ”鼻炎ですね” と言われても 疑って下さい。

モルモットの事を解っている獣医師さんは 本当に少ないです。

”感染症”は 本当に怖いです。

でも 本当に初期段階ならば 抗生物質で治るかもしれません。

1匹でも多くのモルモット君達が 家族として1日でも長く幸せでありますように。祈
コメント

モルモットの飼育に関して   12

2011-12-28 13:39:29 | Weblog
モルモット 御入手の際には ”モルモットアレルギー” の存在を御理解下さい。

私が ”モルモットアレルギー” だったんです。

うめさんが 娘の所から 我が家に引っ越したその時点で すでに

目が痒く 粘膜が腫れて大変な事になりました。

ただ 人間には”良薬”がありますからね。

私は 点眼薬(抗生物質入り)と 喘息のメプチン アドエアーで何とかなりました。

肌の痒みは 副腎皮質ホルモン入りの軟膏で 治まります。

モルモット君には 良薬がありませんから 人間が何とかする他 ありません。

コメント

モルモットの涙

2011-12-27 18:23:18 | Weblog
涙って 乾くと目やにや 目元ががびがびになりますよね。

モルモットも同様 目やにになるみたいです。

うめさんが ある日を境に 小さな目やにを付けている事が頻繁になりました。

あれは きっと 上顎が圧迫され 痛かったから涙が出ていたのだと

今更になってから深く思いやられます。

小さな目やに・・・・それは きっと モルモット君が放つ 痛い!ってサインなんです。

毎日 顔を見てあげて下さい。願
コメント

モルモットの飼育に関して  11

2011-12-27 13:04:58 | Weblog


短い生涯を省みて やっぱり どんなペットでも 入手したらすぐ

健康診断して頂いた方が良いな・・・と言う事です。

モルモットや うさぎ等は 特に 歯列を確認して頂きたいと切に願います。

そこで 不正咬合が判明したら 2ヶ月に1回は 歯のカットを

獣医師さんに御願いして下さい。

楽しく可愛いモルモットは とても素敵な家族になってくれます♪

コメント

うめさんたさん

2011-12-25 13:07:04 | Weblog


今日はクリスマスです。 うちは しないつもりで居ましたが

ケーキだけは食べたいと言う子供たちの気持ちにこたえ

ショートケーキ(チョコレート)を購入してきました。

もちろん うめさんにも 生の苺をたんまりと仕入れてきました。

そんな私に うめさんから 素敵なプレゼントがありました。

数少ない ”腰あたりの黒い毛” です♪

それも 洗濯したばかりの もふもふ靴下に付いていました。

うめさんは ほとんどが白い毛で 赤茶色がちょっと 黒い部分はほとんど10%

程度しかありません。 でも 長いんです♪ 3cm位♪

心憎いプレゼントに 思わず涙が出てしまいました。

前に家の中で亡くなった猫君達の 遺髪が入った御守り袋に一緒に入れました。
コメント

モルモットの飼育に関して    10

2011-12-24 07:38:55 | Weblog


私の悲しみは ”うめさんを忘れたくない・・・” 一心の様な気がします。

あまりにも儚く 夢だったんでは無いかと思ってしまっているような・・・・

でも あの可愛い姿や動作などを忘れたく無い。

動画等は ほとんど残っていなくて 画像だけでは納得出来ない自分がいます。

モルモット・・・と言っても うめさんは 特別で

うちに来た時は 瀕死状態でしたし冬だったので こたつを

うめさん専用シェルターにしていたので ほとんど顔を出してくれず

残された動画は 数少ないです。

この画像は うめさんが ストローで練り餌を食べてくれるようになった時です。

幸せな時は あっと言う間に過ぎてしまいます。

大事なペット(家族)は 動画に残して置く事を 心から推奨致します。
コメント

モルモットの飼育について  9

2011-12-23 14:34:02 | Weblog


ペットを飼うって事がどんなにお金が必要になるかって事を

娘はちゃんと理解出来ていませんでした。

そして 面倒を見るって事も 同様 どんなに大切な事かも。

小さくても 人間2人分位は 病院代を覚悟していなければ 飼う資格はありません。

厳しいようですが それが現実なんです。

娘の ”責任はちゃんと負うから” の言葉に圧され 購入を許可してしまいましたが

うめさんの 辛い現実に 娘は大変勉強になったようです。  が・・・・・

代償は 私には辛すぎました。

うめさん購入した頃 瀕死の猫君が 我が家には居たんです。

うめさんが娘の所に来てから 猫君”むー”は 2日後に永眠致しました。

ですから うめさんには長生きしてほしかった・・・・・・

わずか 2年2ヶ月の同居生活でした。
コメント

モルモットの飼育に関して    8

2011-12-22 19:02:44 | Weblog
うめさんが残してくれた想い出は 短い生涯でも大きいものでした。

何より モルモットって言う存在が どれだけ素敵な存在だったか・・・・

これから 私がうめさんの生涯を無駄にしない為にも 何か出来ないかと

色々考えました。

幸い この時代 ネットブログってものがあってくれて 少しでも

御役に立てたらと考え この様なブログを書きました。

モルモットにとって 感染症は致命的であり 他のモルモットへの

感染も かなり高く 早いらしい事が解りました。

うめさんが 症状を表してから 亡くなるまで 頑張っても1ヶ月持ちませんでした。

出来れば これから モルモットの感染症予防ワクチン等が出来ることを

心から願っています!!

たかだか モルモットかも知れません・・・・でも

飼い主にとっては 家族なんです。

ペットショップで売っているなら 完全に犬君や猫君と同様に扱って頂きたいと

切に願って止みません。 

コメント

モルモットの飼育に関して   7

2011-12-21 06:53:38 | Weblog


色々書いてきましたが 昨日 うめさんの”初七日”を静かに迎えました。

御骨も 書棚の片隅にしまい これからは心安く眠って頂きます。

この画像 3年目に入った頃のうめさんです。

なれてくれると こんなに和んだ表情を見せてくれるようになります♪

うめさんの場合 人見知りで 家族でも私以外 こんな表情は見れませんでした。

うっとりした 黒い瞳が嬉しいです♪

モルモットは 人の感情も上手に理解してくれます。

私がうめさんを見つめながら先を考えて涙を流すと 噛み付いたまんま

しばらく離してくれません。 しかも 跡が付くほどでは無い痛みなんです。

まるで ”余計な事考えないで!生きているでしょ?!”と言っているみたいでした。

とても幸せでした・・・・その頃考えていた幸せより

はるかに大きな幸せだったと今になってから しみじみと感じます。

日々を大事にしなくてはいけなかったと 後悔は尽きません。





コメント

モルモットの飼育に関して  6

2011-12-20 05:38:58 | Weblog
正常な歯並びのモルモットは ”上下の歯をいつも擦り合わせている”そうです。

でも 不正咬合の子は それが出来ません。

どんな硬い餌を食べていても 歯は 磨り減る事はありません。

そして 歯の伸びる速度は 滅茶苦茶 速いそうです。

うめさんは 私がそれを知らなかったが為に 圧迫された上顎を痛め

そこから”感染症”を発病し 結果 敗血症で死亡致しました。

不正咬合のモルモットは どんなに元気に見えても せめて2ヶ月に1回は

獣医師さんに診て頂く事が 非常に大事だと 今頃になって強く感じています。



モルモットは 本当に可愛いです。

1度 日常を共にすると可愛さは毎日 増して行きます。

1日でも永く 一緒に生きていけたらこんなに素晴らしい事はありません。

でも 詳細を御存知なDr.が少なく 可愛そうな事が日々 起きているのが現状です。

あるDr.から ”うさぎやモルモットの飼い主さんは こういった事があると

御自身を攻める事が多いですが 我慢強く弱味を最期まで見せない動物ですから

くれぐれも 御自身を攻めたりなさらないで下さいね。” と言われました。

うめさんは もぉ 半年以上も前から 痛い思いをしていたんだ・・・・・涙

と 判明したのは 献体に連れて行ってから2日後の事でした。

担当のDr.も きっとショックだったと思います。

うめさんの病理解剖が これからの不正咬合のモルモット達の為に

少しでも御役に立てる事を 心から願って止みません。
コメント

モルモットの飼育に関して  5

2011-12-19 12:26:56 | Weblog


うめさんが 病気を知らせてくれたのは ”くしゃみ”と ”目やに” でした。

それが見られるようになって 食欲が極端に低下し体重減少が看られました。

それから暫くすると 鼻と目の間に腫れ物が出来たんです。

画像で御分かりになりますでしょうか。

その腫れ物が鼻腔を圧迫し 呼吸出来ない様な状態にまで陥り

Dr.に ”死んでも仕方が無いですから 試しに注射器で吸い出して見てください!”

と これは 一か八かの賭けに出ましたが やはり 血膿が

小さな注射器4本分も出ました。

すぐには呼吸が楽にはならず 携帯用の酸素をビニール袋に入れ大き目のスポイト

(うちでは ヒーター用のタンクの灯油抜きを使っていました)

でビニールから酸素を吸わせ うめさんの鼻の前で少しずつ放出していました。

その頃 OS1を飲ませたら 呼吸が楽になったのを記憶しています。

この頃から ”延命治療”になりました。涙
コメント

モルモットの飼育に関して よん

2011-12-19 04:36:56 | Weblog


この画像は 2011年5月20日に撮影した うめさんの背中です。

828gでした。  毛並みが綺麗です。

この頃 自慢しながら通院していれば この様な事態にならずに

今頃 幸せに楽しく暮らしていたのかな?と思います。

今回の後悔は ビタミンCを 摂取していなかったと言う事です。

モルモットには 必ず与えて下さいと 最期に御世話になったDr.から

教えて頂きました。  もぉ すでに遅かったんですが・・・・・

人間用のタブレットを細かく砕き どんな与え方でも 本モルが摂取出来れば良いそうです。

うめさんの場合は 小動物用のドライフルーツ(市販)の中でも

大好きな 苺を湯でふやかし潰して裏ごししたジュースに混ぜ スポイトであげました。

これは 最期の最期までガリガリにならずに済んだ優れものでした。

そして OS1も 病気になったら 是非!あげて下さい。

うめさん 最期には スポイト3本用意していました。

水と 苺+ビタミンC 苺+OS1 でした。

以前亡くなった飼い猫が 最期はガリガリになってしまって悲しかったので

今回だけでも それだけは避けたかったからからです。

健康な母体に育てるにも 必ず ビタミンCは 与えてほしいです。

うめさんの様に 不正咬合の子が生まれるのも ビタミン不足が原因だと

素人の私ですが 感じています。

でも 量が多すぎると お腹を壊すらしいですので くれぐれも御注意下さい。
コメント

モルモットの飼育に関して  3

2011-12-16 18:50:35 | Weblog
2番目に後悔したのは 生態を知らなかった事です。

モルモットは 捕食される小さな生物 うさぎさんも同様だそうですが

敵に咥えられただけでショック死してしまうと言う事が 最近になって解ったそうです。

そのため 弱味を見せないように 我慢強く生きているんだそうです。

私はその性格に気付かず うめさんが半年以上 歯が圧迫されている事を知りませんでした。

というのも 経済状態が悪くなり 1ヶ月に1回の通院を1年間 さぼっていたんです。

その頃 うめさんも800gにまで成長し とても健康的に見えたからなんです。

元気に見えても せめて2ヶ月に1回位は通院していたら・・・・・と大変後悔しています。


コメント