サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

高齢者の脅威になるこの暑さ

2018-07-14 13:12:33 | とある話題
気温が30度を越してくると、年寄りは特にこたえるのです。
今年は、梅雨明けが早かったから、7~8月と暑い時期がいかにも長く感じられる。

でも、おかげさまで、暑けりゃ冷房を動かすとこれは救いになりますね。
テレビみていて、広島、岡山、愛媛などの土砂災害の地域。
家を失って、それでも後片付けとか、土砂、家財の撤去など炎暑のなかで厳しい働きを余儀なくされている。
給水なんか、ライフラインもずたずた。
実に、大変なこととお察ししているのです。

この損害だって、復旧・復興を果たしてゆかねばならない。
夏は暑いのが当たり前と言ってしまえば、それまでだが、でも、こんな夏が当たり前な日本に、オリンピックを招致してきたのは、どなたなのか。
マラソンなんて、男も女も42,195㌔をこの暑さの中で走るのですよ。

今、ここからオリンピックがあるまでの時間。
何か、別の深刻な災害が日本を襲うことはないのだろうかねえ。
私は、オリンピックをやるってことを、どうも重荷に思えてならないのです。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« 大相撲 混沌時代きたか | トップ | 自治会の災害時見守り制度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

とある話題」カテゴリの最新記事