サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

五月旅(9)新潟・津南に泊まる

2018-05-15 01:34:32 | 
私らは、野沢温泉で温泉卵を茹でて食べたが、あそこは地図で見ると長野県でも一番北東の端っこなのだ。
そして、今夜の宿は新潟県のニューグリーンピア津南というリゾートです。
信濃と越後では、たたずまいとか、印象が何となく違う。
道中、途中、何処かで千曲川を渡ったが、この川だって、長野から新潟にはいると、千曲川から信濃川に変わるのだ。



トンネルを超えた先へくると、積雪対策を施した家々が目立つようだ。越後なんだ。中魚沼郡と書いてある。



ニューグリーンピア津南は、当初、年金保養施設として発足、そのあと民営化されて営業している大規模リゾートで、スキー場もやっている。


リゾートの正面エントランス。


ここは、苗場山の北側斜面にあって、豪雪地帯のため、いまだにそこここに積雪が残っております。

連休で、宿泊は満杯。家族づれが中心で、大変な賑わいなのです。
温泉がいいので、私は晩と早朝、2回入浴しました。

遊びものがたくさん用意されており、私ら、孫娘のMちゃんともども、すっかり、いろいろ遊びましたね。
卓球、玉突き、ボウリング、あれこれ。
これしきの事は、私、青春時代にかじったことがあるけれど、今となってはすっかりなまってしまってる。
小学3年生のMちゃんに負けたりして、ああ、わが青春ももはや遠くなりにけり。でした。

次の日も、快晴。園内には、ふれあい動物園があったり、ゴーカートも乗れます。
ゴルフ場のカートみたいなので、園内あちこちを回ります。
こぶしの花が咲いていたり、わらびやゼンマイなど山菜も道端に見えるのでした。


『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 五月旅(8)野沢温泉に寄る | トップ | 五月旅(10) 旅の終わり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事