サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

五月旅の記(4)松代城址

2018-05-10 07:25:18 | 
松代は、長野市の西郊の美しい里の街。
松代城は、松代藩真田家の居城として、江戸時代から明治維新まで続いた。

それより以前の戦国時代、上杉と武田がこの近くの川中島で激しく戦った。
その時、ここは武田信玄の先陣の城として海津城といっていた。







現在では、建物などは残っていないが、城の門、石垣、堀、土盛りなどが広々と城の遺構を示しているのだった。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 五月旅の記(3) | トップ | 五月旅(5)白馬のコテージ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事