サンズ・トーク

自分を越えたい。時にそう思っている中高年の記。

サツマイモの紅はるか

2018-05-18 07:53:12 | 菜園・園芸
私らの北総地区では、サツマイモの栽培では「紅あずま」がもっとも普通に栽培されているようだ。
だが最近、「紅はるか」がいいんだというのだ。

私はこのところ、「安納芋」の苗を自分で作って、これのみを栽培している。
今年に限って言うと、安納芋の苗づくりがうまく行っていない。
なので、今年は、紅はるかを主に、安納芋を従にして作ろうと思うのだ。
そういうことで、昨日、ホームセンターで紅はるかの苗を20本買ってきて、早速植え付けたのだ。



「紅はるか」について。
紅あずまと何かを交配して作られた新しい品種で、2010年に品種登録されたという。わりに新しい品種。
紅あずまよりも糖度が高くて、蒸し芋、焼き芋にするととてもおいしいのだそうだ。
収穫後、1か月ぐらい置いてから食べると、もっといいのだそうだ。

町内の趣味の督農家、Mさんに会ったので聞くと、
自分は、紅はるか、安納芋、金時など4品種栽培しているが、紅はるかはいいぜ。
と、太鼓判のようだったです。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 五月はサツキ | トップ | 小林一茶の郷里 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

菜園・園芸」カテゴリの最新記事