サムチンの「ことまた」雑記

「3度の飯よりウクレレ」なサムチンの勝手気ままな雑記です。
ゆた~っと気楽にお付き合い下さい♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久し振りのライヴお知らせ~♪

2019-03-07 | 日記
ライヴのお知らせです。

「第3回 白いキャンバス ハッピー祭」
日時:3月10日(日)10:00~
場所:人吉市二日町17-1 白いキャンバス
出演:The Altair(演奏は13:30~)

今回は新メンバーを加え「サム&シン」改め、ひとよし昭和歌謡楽団「The Altair」でお送り致します・・・たくさんのご来場お待ちしております♪


The Altairとは・・・
リーダーの深ちゃんはうし年生まれ。
私、サムチンはいぬ年生まれ。
犬牛→牽牛→彦星→わし座→アルタイル→The Altair
となった次第です (^_-)-☆

そして、今般、紅一点の織姫こと久美ちゃんがパーカッションで参加することになりました。
ギターとウクレレ、そして、カホーンの音をお楽しみください m(_ _)m
コメント

あけましておめでとうございます♪ 2019

2019-01-08 | 日記
明けましておめでとうございます。

昨年は還暦を迎えました。
いろいろありましたが、なんとか無事過ごすことが出来ました。

さて、今年のテーマは
「One step over the line」

ニッティ・グリッティ・ダート・バンドのサークルⅡの中で、ジョン・ハイアットとロザンヌ・キャッシュがデュエットしてた曲です。



今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
コメント

久々のライヴのお知らせで~す♪

2018-09-27 | 日記

ライヴのお知らせです。

【AUTUMN LIVE】
出演;The Altair(ひとよし昭和歌謡楽団)
日時;9月28日(金) 19:30~
場所;Cooking Bar「YY」(紺屋町55)
料金;3000円(飲み放題)

いよいよ秋らしくなってきました。
こんな夜にはお酒を飲みながら懐かしき昭和歌謡を・・・♪

The Altairとは・・・
リーダーの西峯深ちゃんはうし年生まれ。
私、サムチンはいぬ年生まれ。
犬牛→牽牛→彦星→わし座→アルタイル→The Altair
となった次第です (^_-)-☆
ギターとウクレレの音をお楽しみください m(_ _)m


コメント

白いキャンバス ハッピー祭り♪

2018-03-08 | 日記
ライヴのお知らせです。

「白いキャンバス ハッピー祭」
日時:3月11日(日)10:00~(演奏は10:30~)
場所:人吉市二日町17-1 白いキャンバス
出演:サム&シン(演奏は10:30~)


※ウクレレ&ギターの懐メロ・ユニットです♪

そのほか、いろんなフードショップが並びますよ・・・




https://www.facebook.com/manabu.samuta
コメント

あけましておめでとうございます♪ 2018

2018-01-05 | 日記


あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いします m(_ _)m

さて、今年は例年とは違います。
と、言うのは、な、な、なんと、還暦を迎えます。
自分が還暦を迎えるなんて信じられないです。
これからも、ウクレレで楽しんでいけたらと思います。


やまぶき色のアルバム
                              
本棚の片隅に立てかけられた
やまぶき色の古いアルバム
片手でそっと取り出して
厚い表紙を捲ってみる
黒縁丸眼鏡 優しい父がいる
前掛けエプロン姿で微笑む母がいる
そして白い産着に包まれた
小さな小さな赤ん坊
長島茂雄選手の4三振デビュー
背高のっぽの東京タワーに灯りが点った
僕の人生が始まった年
だからこうして現在(いま)の僕がいる

窓際のカーテンを風が揺らして
モノクロームの写真に色を添える
ページを捲るたびあの頃の想い出
心のスクリーンの中で動き出す
忍者部隊のポーズを決める弟
木馬に跨りカメラを見つめる妹
そして黒い大きなランドセル
照れてはにかむ小学1年生
V9時代の幕を開けた川上巨人軍
未来の国からやって来たのはスーパージェッター
僕が社会に1歩踏み出した年
だからこうして現在(いま)の僕がいる

やまぶき色の古いアルバム
本棚に戻し静かに目を閉じる
机の上の置き時計が時を刻む
短いか長いか生きて60年 
嬉しいことも悲しいことも通り過ぎてきた
別れも出逢いもたくさんの人通り過ぎる
そしてウクレレにフラットマンドリン
まだまだ元気だ自称ミュージシャン
白髪もチラホラ皺も脂肪も増えてきたけれど
こうして今日も元気に歌を唄ってる
僕が生まれて積み重ねて来た歳
だからこうして現在(いま)の僕がいる


※50歳の時に作った曲を、ちょっと歌詞変更したものです。
コメント