3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

大岡信を送る谷川俊太郎の詩に涙する  波音で 君を送りたい

2017-04-12 17:45:03 | 文学ノート



 4月5日に86歳で亡くなった詩人・評論家の大岡信(まこと)さんとの親交が、約60年に及ぶ詩人の谷川俊太郎さん(85)。「一人で死を悼みたい」と沈黙を守ってきたが、朝日新聞に書き下ろしの追悼の詩を寄せた。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

本当はヒトの言葉で君を送りたくない

砂浜に寄せては返す波音で

風にそよぐ木々の葉音で

君を送りたい

 

声と文字に別れを告げて

君はあっさりと意味を後にした

朝露と腐葉土と星々と月の

ヒトの言葉よりも豊かな無言

 

今朝のこの青空の下で君を送ろう

散り初(そ)める桜の花びらとともに

褪(あ)せない少女の記憶とともに

 

君を春の寝床に誘(いざな)うものに

その名を知らずに

安んじて君を託そう

/////////////////////////////////////////////////////
こんな時にも文学はいつもそこにあって、私たちの心を揺さぶる。
時代が揺らいでいても文学は文学なのだ。
私たちは、文学を大切にしなければならない。
戦争を始めてはいけないのだ。
涙がこぼれそう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮情勢が緊迫している201... | トップ | ユナイテッド航空の国内線の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文学ノート」カテゴリの最新記事