サモワールを囲んで

日本ユーラシア協会愛知県連ブログ

第6回新春サモワールお茶会報告

2018年01月26日 | サモワールお茶会
1月21日(日)午後2時よりロシア語教室で第6回新春サモワールお茶会が開かれました。

今回のこのかわいいサモワールは安原理事長からお借りしたものです。ちょっと小さめです。



Стол накрыт ! 用意ができました!
(お皿は紙製、フォークはプラスティックですが)、殺風景なロシア語教室のテーブルにクロスをかけ、ティーセットは去年寄付して
くださった方があったので今年はちょっといい感じに!


ゲストはウクライナ人のタチアナ・サエンコ先生です。
去年の夏ウクライナにお里帰りされ、見てこられた今のキエフのお話を。
最近のキエフで人気があるスポットは温泉療養のできるスパー。中でも「ソビークラブ」というゴージャスな
スパーが人気です。バーベキューサイト、トレーニングルーム、コンフェレンスルーム、ホテルがある他に、サウナやプール、
スラブ式に白樺の小枝で体を叩く蒸し風呂(痛くはありませんよ!と先生)プロのマッサージ師のいるお風呂も
あるとのことですが やはり料金は高めだそうです。

もう一つのお話はキエフのキエフペチェールスキー大修道院の中にある二つの工房のお話でした。
それぞれ専門家がイコンの制作、修復、そしてカリグラフィーに従事する他に美術学校としての機能も果たしており
多くの学生たちが専門家を目指しています。実際の作業の様子をパソコンの動画で見せていただきました。

キエフでは多くの本が出版されていますが 本の挿画を芸術の域にまで高めた画家として
特に注目されているのがヴラジスラフ・イェルコ(Владислав Ерко)です。
彼の美しい絵は世界中の多くの国々で出版されています。

またもう一人、とても人気のある女性のイラストレーター、イェヴゲーニヤ・ガプチンスカヤ
の紹介もありました。イェルコが本の挿画しか描かないのに対して 彼女はノートやTシャツなど様々なグッズにもイラストを提供して
ビジネスの面でも成功を収めているそうです。

この日、ウクライナのチョコレートを差し入れてくださった方がありました。たまたまウクライナから
来られた方のお土産だったそうですが、このパッケージのかわいいこと!このイラストがガプチンスカヤのものだそうでした。

箱の内側も凝っていて チョコレートもおいしいものでした。


キエフに住む人たちのことを киевлянин と呼ぶというお話や 、先生が度々 на Украине ではなくて в Украинеと
おっしゃることについての説明もありました。ロシア語講座では ウクライナで というときには必ず ”на ”Украине という
ことを習うのですが 今ではウクライナは独立した国家であり、日本で( в Японии)ロシアで( в России)という表現と
同じく、ウクライナの人たちは誇り高く в Украине と言うのだそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第5回ヨールカ祭報告 | トップ | 第6回新春サモワールお茶会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サモワールお茶会」カテゴリの最新記事