鮫島礼子「占いの館」

yahooブログ「占い大図鑑」を移転中です。

「北海道地震」と「私の人相」

2018年09月14日 15時53分23秒 | 運命・占いエッセイ

人相や手相に、地震や災害などの予告が示されている場合があります。
通常は、その人、本人が何らかの形で被害を受けるケースが多いのですが「精神的なダメージ」という場合もあります。
また、自分の身近な人や親族などが被害を受ける場合も、予告されている場合があるのです。



A 髪の生え際に近い中心部分からやや外れた位置「天啓(てんけい)」の位置に、
「赤苞(せきほう)」と呼ばれる、吹き出物や赤点が見られるのは、予期せぬ災難がふりかかってくる相です。
その吹き出物が赤くて痛みを伴っていると、大きな被害となります。


B 顔の側面。
髪の生え際(こめかみ部分)にある「移動」の位置に、暗色が出現すると住居建物全体に被害が及びます。
避難所生活が続く場合も、この相を見ることがあります。


C 額の側面全体に暗蒙色が漂っている場合は、地震ばかりではありません。
火災や風水被害でも同様に見ることができます。
この場合、地震が近づいてくるとこの部分全体が、ややへこんだ状態に変化してゆくのも特徴です。


D 下あご付近が荒れてきて、暗蒙色となり、時としては土色に変わってくるのは、
その地域全体が安住の地ではないことを予告するものです。
白気が漂っている場合も、同様です。


F 額全体が曇ってくるのは、自然災害が天の警告として与えられていることを示しています。
AやBがくわわっていると被害が大きいです。




「北海道胆振東部地震」が発生したのが、2018年9月6日。午前3時7分でした。

地震発生一週間前に、夢で、おそらく仏教系の何かにご指導いただきました。
夢の中で、私は「何かのために」神社で唱える「祝詞」懸命に唱えるのですが、「それでは効果が無い」と叱られまして、「南無阿弥陀仏 南無」と強制的に唱えさせられるのです。
自分の意思とは無関係に、ひたすら「南無阿弥陀仏 南無 なむあみだぶつ なむ」のリピートでした。

現世利益というか、現世に役立つことをもっとしなさい。というメッセージのようにもとれましたし、
こういう「強制的な夢」の場合は、どこかで大きな災害が起こる直前でもあるため、いつもより熱心に「祈りの時間」を設けて過ごしていました。



さかのぼること五日前。
私の自宅に観葉植物を三つ飾っています。しようしようと思っていた観葉植物のパキラをやっと植え替えて1つの鉢にまとめて、地震三日前に更に土を補充。
おかげで、地震で倒れずにすみましたが、もう一つのゴムの木は、この時点で一気に枯れたのです。来春に蘇るのか今のところ謎です。



四日前。
頭部右、こめかみの上あたりのぽっこりが痛むけれど、翌日には消える。(移動)



三日前。
頭部、左こみかみ上部に「リンパや血液の塊のようなぽっこり」が、硬く痛んで動かない!
この感覚は、生まれて初めてでした。



震災二日前。
疎遠になっていた親族や親しい人に電話連絡をして、(二年前に母親が亡くなって以降は、自分から電話連絡するなんて、本当にめずらしいのです)他愛ない話をしました。
眠ると体中の痛みがアチラコチラに表われたのも、この日から。


ここ二年程、病気のため顔色や体調は良くありませんが、その日から人相がどんどん荒れてゆきました。
特に「下唇の下とアゴ」から、謎の「気」がスースー出ていき、肌も白く荒れてゆきます。
内部からの盛り上がる感覚に「もしかして土の下からの地震や地割れ、噴火が起こるかもしれない」と感じましたが、実際問題どうすることもできず……。



地震前日は、とにかく眠れず、夜の11時前後だと思うのですが、音のない、異様な光を放つ雷の数々。

「これだったの? いや、これは始まりの合図?」

額の「天啓」から、こめかみ、顔の側面を中心に、ダラッダラの油汗です。
もちろんどこも悪くないのに止まってくれません! とにかく何とか少しでも眠ろうとベッドに横になっていましたが、下から突き上げるような揺れが襲って来ました。


「自宅から見て、東方位で購入した振り子置き時計」や、
「自宅から見て、南西方位で購入した陶器の人形やランプ」、
「自宅から見て、南方位で購入した電話の子機」

などが、壊れてしまいましたが、
奇妙なことに、震災後に遠方の、東方位、南西方位、南方位の方から、順番に電話やメール連絡が届きました。



とりあえず起き上がり、支度をしつつも「南無阿弥陀仏 南無」を「地の神様」にむかって唱える私でした。

札幌で生まれ育った私が、このように大規模で土の下から突き上げてくる感覚の地震を体験したのは、生まれてはじめてです。
しばらくの間は、余震が続きますし、不安定な磁場エネルギーに逆らわずに身を任せるしか、方法はありません。


ところで8日間ほど過ぎましたが、本日から顔全体が白いんですよ!
日本全体というか世界的にも今年は天災の多い年です。

海外を含めた、甚大なる被害を及ぼす台風や噴火など、いよいよ世界的にピークを迎えそうです。
それでも私達は、この時代を生きてゆくしかありません。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 恐い話スペシャル・2 『憑依... | トップ | 「健康になれる風水」の住宅 »
最近の画像もっと見る