鮫島礼子「占いの館」

yahooブログ「占い大図鑑」を移転中です。

称骨算命法 しょこつさんめいほう

2017年12月26日 16時08分53秒 |  命(めい)

こちらに書いてある方法は、算命法自体は古式のままですが、
判断解答は、波木星龍先生の著書『風水 幸運の法則』に掲載されている方法です。


 中国の唐(とう)時代が発症ともいわれている(ハッキリしていません)「太陰暦(たいいんれき)」による生年月日時をもとに占う方法です。

 簡単に書くと、「出生年」・「出生月」・「出生日」・「出生時刻」それぞれの「称骨分量の合計」により、「先天運」としての「一生の財運」を表しています。


 解答は、「2円2銭」から「7円1銭」までありますが、平均して「3円~5円」の解答にあてはまるケースが多く「金額が大きいほど裕福な解答」に近づきます。

 
 ちなみに「7円1銭・生まれ」の場合は、

「先天運最強の生まれです。名誉も財産も何ら苦労なく手に入れることができ、求めて得られないものがありません。莫大な資産を遺すことでしょう」と書いてあります。








『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「男の操」で紅白へ!? | トップ | 「お正月を振り返る」の巻。 »
最近の画像もっと見る