TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

ハードラッシュ

2016-12-12 | 米国部屋

ディエゴの最近の作品を観たくてレンタルしてみた。
意外と拾い物だったので。

運び屋で名をはせていたクリスは妻と二人の子供のために今では足を洗い自分で会社を興していた。
一緒に仕事をし、足を洗ったはずの妻の弟がコカインの密輸に失敗し、その代金を義兄であるクリスが肩代わりすることに。
かつての仲間を呼び寄せ、パナマに向かうコンテナ船に潜り込む。
目的は昔の知り合いに頼んだ偽札の運搬だ。
あくまでもコカインの密輸はしないと誓ったクリスだが、妻と子供に度々脅しをかける相手に義弟は屈し偽札の代金として
用意してきた金でコカインを購入してしまう。
支払う代金が無いとわかると、偽札を仕切っていたパナマの組織のボスに裏切り行為として利用されることになったクリスとダニーだったが……

これがなかなか面白かったのですよ。
ディエゴの役はパナマのボス。
でも、な~んでこんな端役扱いなのよ……ってぐらい出番が無い。
登場してきたと思ったら、あらーーと無残なお姿に。
ただ単にスペイン語話せる若い役者が必要なだけだっのでは?って感じ。 
(腹出てるし……)

 

 

クリスはマーク・ウォルバーグ。
ダニーはルーカス・ハース♪ ひっさびさに見たわーーっていうか、「TOUCH」で見てるんですけど、今。





 

なんで、こんなに小汚くなっちゃったのかな~あんなに超美少年だったのに。
要所、要所で光るところはあって、「あ、好きかも」と思う瞬間もあったりはします(爆)
ただ、相変わらす「死んだ魚の目」だなーと思ったり。


他には、ケイト・ベッキンセール、ベン・フォスターにジョヴァンニ・リビシなど、などわりと良い面子を集めてはいるのですが。
なんともB級臭が漂う作品。

とにかく、義弟がバカ過ぎてイライラ!
なんでこんなバカの為にせっかく築いた幸せな生活を犠牲にしなきゃいけないのよ!って思わずにはいられない(苦笑)
姉もちゃんと弟のこと管理しろよ!愛する弟じゃねーよ!
とかいつつも、とにかくやること、なすこと全て上手く事が運ぶので見ていてストレスが無いのは確かなんですよ。
しかも最後に大どんでん返しもあるので。
何も考えずに見るのは楽しい~ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加