MUSIC IS DRUG

la musica e droga

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

yamazaki distillery

2019年03月28日 | 

かなり久々に行った。

スタイリッシュやのー
やはりこの場所は圧巻です。
たまに行くバーのマスターから蒸留所内のバーもほとんどいいのが無いらしいと聞いてたんですが全くそんなことは無く、リスト見て悶絶しました。予定もあったので少ししか飲めなかったのが無念すぎた。
よだれが

写真のヤツはモンティージャワインカスク。確か9年で55度くらいだった。甘し。近かったら毎日でも行きたいですね。今度は近くにホテルとって行こかしら。


Peat’s Beast

2019年03月07日 | 
     

居酒屋のあと行くバーで正露丸を下さいと言いながら注文する私の定番ウィスキー。家用にはしないつもりでしたがレコードを聴きながら飲みたい気分だったので購入。52度ありますが飲みやすいと思います。中身どこのでしょうか?ラフロイグぽいかなと思います。どうでしょうか?


新年に相応しい

2019年01月08日 | 


ちょっとホロ酔いで連投致します。新年て本当にいい言葉ですねー。今回はこの時期にぴったりなレコードを投稿致します。ふと思ったというか自然とこの時期はRino de Flilippiのnel mondo del lavoroをよく聴いてます。冒頭のbenessere industrialeからcomplesso tessile, edliziaの三曲がこれから始まる1年を祝福してくれてるようです。特にcomplesso tessileが新年を飾るに相応しい一曲だと思います。多分youtubeであると思うので一度聴いてもらえたら嬉しいです。アルバム通してやや地味ながらも長く聴ける名盤だと思います。仏ライブラリーのサン=ジェルマンからもタイトル違いで (world at workだっかな?)リリースされてます。いやーいいレコードです。と言うかなんか今日は飲み過ぎやなー。

大好きなお正月

2019年01月08日 | 

  

 

年々師走末期と正月が好きになっている。動から静へ変わる大晦日が本当たまらない。ゆく年くる年を見てから静かに酒飲んでレコード聴いた。


インスタグラム

2018年12月20日 | 


この前インスタ映えする人気スポットで飛んできました。爽快でした。

師走は旧瓶で

2018年12月12日 | 



師走は特級がよく似合う。このジョニ黒はおそらく昭和48年前後瓶詰め。昨日秋刀魚の味を見ながら開封。大当たりです。これはキャップからの鉄臭さや浮遊物もなくアルコールも飛んでいない完璧な状態です。煙いし美味い。深く濃い琥珀色がそそります。今では金とか青とかあるけど、この時代は赤と黒だけ。当時最高級のこの黒にとびきりの原酒を使ってたんだろうな容易に想像出来ます。逆算すると1950年代に仕込まれた原酒も入ってると思うとなんか凄い。70年くらい経つのか凄いなー。

関西蚤の市

2018年12月02日 | 


阪神競馬場で開催されていた関西蚤の市に行ってきた。気候もよくぶらぶら歩いてるだけで楽しかった。入場してすぐに少し迷う値段で自分のサイズの旧ロゴゴルフの黒(上段左から二つ目)があったけど靴はもう買わないと思ってるので我慢。何回も見に戻ったけど。
そのかわりではないがとあるデッドストックのコート購入。コートももう当分買わないと今思った。おもしろかったのは新聞を持つ競馬の客と蚤の市の客が入り混じった入口付近。なんとも珍しい光景でした。場内をぐるっと廻ったあとはお約束の競馬の時間。
その後帰り道に水道筋に寄って白菜と椎茸とグレープフルーツとパンとおはぎ買う。

靴を手で

2018年11月29日 | 







去年から今年にかけて靴を作ってました。木型以外はデザインから完成まで全て手作業です。ゆっくり作ってたのでだいぶ時間かかりましたが初めてにしてはなかなか満足出来る仕上がりです。そろそろ二足目に取りかかろうかなと考えています。




NEVROSI - Gianni Mazza

2018年03月09日 | LP


DROGAやTRAFFICOなど傑作とされるレコードが多いこのシリーズ、もっとも重たくドライブ感に溢れる作品といえば72年制作のこれでしょう。ライブラリー、プログレファン双方からの人気は非常に高くこれをベストと挙げる人も多い(私は違いますが)。
名作コンピSPEEDBALL EXPERIENCEにも収録されたEccitamentoを始め個々の楽曲のクオリティが異様に高くこれぞイタリアンライブラリーという風格が漂っています。個人的ハイライトはA2のNeurastenia、稲妻ファズと突進する水牛ドラムと死神フルートが織り成すダークでヘビーな逸品です。


L'INDICATIF DE DIMANCHE MUSIQUE - KIOSK

2018年03月05日 | 7'


71年ベルギーのラジオ番組『Dimanche Musique(日曜日の音楽)』のために製作された7インチ。こちらジャズの番組らしくA面のMONA CALLがジングルとして使用されていたみたいです。裏のWATERPROOFは後にプラシーボのサードでタイトル変えて再演。なんてワイルドなレコードだろうか。