MUSIC IS DRUG

la musica e droga

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NEVROSI - Gianni Mazza

2018年03月09日 | LP


DROGAやTRAFFICOなど傑作とされるレコードが多いこのシリーズ、もっとも重たくドライブ感に溢れる作品といえば72年制作のこれでしょう。ライブラリー、プログレファン双方からの人気は非常に高くこれをベストと挙げる人も多い(私は違いますが)。
名作コンピSPEEDBALL EXPERIENCEにも収録されたEccitamentoを始め個々の楽曲のクオリティが異様に高くこれぞイタリアンライブラリーという風格が漂っています。個人的ハイライトはA2のNeurastenia、稲妻ファズと突進する水牛ドラムと死神フルートが織り成すダークでヘビーな逸品です。


L'INDICATIF DE DIMANCHE MUSIQUE - KIOSK

2018年03月05日 | 7'


71年ベルギーのラジオ番組『Dimanche Musique(日曜日の音楽)』のために製作された7インチ。こちらジャズの番組らしくA面のMONA CALLがジングルとして使用されていたみたいです。裏のWATERPROOFは後にプラシーボのサードでタイトル変えて再演。なんてワイルドなレコードだろうか。





ECHOING AMERICA - Stefano Torossi / Giovanni Tommaso

2018年03月04日 | LP


1970年にステファノ トロッシとジョヴァンニ トマソがSERMIで制作した作品。アメリカの凡ゆる音楽を一枚に詰め込もうとしているのでファンク、オルガンジャズ、ヒルビリー及びブルーグラス、テックスメックスなどスタイルはばらばら。なので全曲いいとは言い難いですがアルバム通してどの曲も泥臭さというかいなたいというかなんかそんなのが共通してありまして意外とまとまりはあると思います。星5個級の傑作トロッシのCOAST TO COAST と SIXTH DIMENSION を収録していてこれらの為のレコードと言えます。余談ですがConroyのDRAMMATIC BACKGOUNDのB面は全てECHOING AMERICAからの抜粋でタイトルを微妙に変えつつも上記2曲はちゃんと含まれています。コンピとかにこだわりないならこっちでもいいと思います。

ALESSANDRO ALESSANDRONI

2018年03月01日 | LP


71年SERMIからリリースされたアレッサンドローニの作品。ファルファーラ(蝶々)と呼ばれ多くの人からとても愛されています。キラー2曲を含むA面とただただ美しいB面。さっきほろ酔いでB面聴いたらとろけそうでした。今日は窓開けてたばこ吸っても寒くない。春か。

I MARC QUATTRO VOLUME 2 I SOLISTI DI A.TROVAJOLI

2018年02月28日 | LP


飲みにいったけど2回目くらいでもういいです。話もまぁまぁ面白いし悪い人ではないのだが爆笑したことが数えるほどしかない。そんな感じかなMarc 4。

ARMATURE TONALI - Franco Goldani

2018年02月27日 | LP


Franco GoldaniはSandro Brugnolini の赤のUNDERGROUDのB面のヤツ(抱き合わせ)が良くなかったのであまり良い印象はなかった。しかしこのレコードは良過ぎる。1971年RTVで制作された一枚。その音はまさにガイコツによるイタリアンローファイブルースのようで例えるならSorginiのPERCUSSIONI IN CRESCENDOとTELEMUSICA の4番とBraen /Raskovich の7000を乾燥機に放り込んだ感じで全編かっこいいです。白眉はREPRESSIONEとPEDALIです。

SCIENCES - INDUSTRIE - BESTIAIRE - Patrice Sciortino

2018年01月30日 | LP


針落とした瞬間カラベリの白いやつを連想する。youtubeで数曲聴けるけどベストなのはそれ以外でそれらはB面にかたまっている。クラシックとか現代音楽とかパーカッションとか書くと本当しょーもないけどこれは一聴の価値ある。

BRANI VARI PER SONORIZZAZIONE - V.NADALIN / L.ZITO

2018年01月17日 | LP


NADALIN/ZITOによる69年の作品。Ediphonの他のリリースと比較してよりジャズが強め。ritmiciと副題されたA面には木琴、ハープシコードとオルガンをftしたパワフルなモーダルジャズが3曲収録されています。これらを聴いていると酒は進むし自然と音のボリュームも上がっていくので気を付けねばなりません。

ETUDES EN MOUVEMENTS - MARTIAL SOLAL

2018年01月15日 | 10'


近頃はこの時間帯にB4 Galop Ronainを聴くことが多い。洒落てて酒との相性もいい。同時にA2 Virevoltantも聴く。こっちは春の方が相性いいかなと思う。

IL GATTO A NOVE CODE - ENNIO MORRICONE

2017年12月26日 | LP



フィードバック好きなら避けては通れないマストな一枚。