さまよう先にあるものは。。。

40代独女、気が付けばいつも職探し・・・
迷走続きの人生もいよいよ諦めモードに突入しました。 この先私どうなるんだろ?

これから良いようになる・・・

2018-06-16 | 日記・つぶやき

健康を願って、今年も6月の6の付く日に紫陽花のおまじない~。




毎年26日に行っていますが、今年は紫陽花も早めに咲いてるので今日(16日)実行しました。

  

トイレは健康(下の病気)、玄関は金運と言われてます。

きれいな花が家の中にあるだけでも、気持ち良いものですね。

1年前の紫陽花は、感謝をこめて咲いていた場所の川に流して来ました。

実は今までお礼は言いつつも、古い紫陽花はゴミ箱に捨てていた私。

今日改めて紫陽花のおまじないについてネットを見たら、川に流すか咲いていた場所に戻すと書いてありました。

「ゴミ箱に捨ててたのが悪かったのか、、、」と、今さらながら新しい発見をしたという、、、。




5月にあっけなく辞めてしまったパート、 最初の頃は「もう少しいればよかった」と正直後悔していました。

しかし段々、 ↓ この流れにはそれなりの意味があるように思えてきた。 (思うことにしたとも言う)

 ・テレアポパートが決まった直後に待ち望んでいた求人が出た

 ・その求人がまだ出ていたので応募する気でパートを辞めたら、前日に求人が取り下げられていた

 ・最初に言われた時給と違ったから辞めることにしたのに、間違えだったと訂正された



タイミングの悪さ歯車が噛み合わない感をしばらく嘆いてた私でしたが。

これが、運の悪いただの偶然ではないように思えてきたのです。

漠然と、“これから良いようになるための道筋なのだ” そんなふうに妙に楽観的に考えられるようになった。

今まで、意識的に“必ず良いようになる”と思おうとしても全然思えなかったのですが、不思議です。

しかしこの楽観的思考が良いのか悪いのか、そしていつまで続くのかはわかりません。

私の場合、体調の良し悪しで気持ちがすごく変わりますし。

“不採用”通知で、一気に絶望的思考に戻るかもしれません。

ただ、私にしてはあり得ない“これから良くなる”的思考が今あるということを、書いておこうと思った次第。


これは“こじつけ”かもしれませんが、ふと頭を過ぎるのは日輪神社の太陽石との出会いです。

あの時感じた“安心感”、そして漠然と(特に健康面)「もう大丈夫、これから良くなる・・・」

そう感じながら帰って来たことは事実。

健康面でも仕事面でも、これから良いようになる と、今は信じて疑わない私です。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 勉強になった“心の余裕” | トップ | 隣人のテレビの音で寝不足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・つぶやき」カテゴリの最新記事