こころもよう

日々の心に残ったエピソードをのんびりとUPしてます。

井原山 オオキツネノカミソリ(7月28日)五分咲き

2014-07-29 18:25:55 | 登山

 月曜日に井原山に行ってきました。 KCP登山のお花情報では来月の初めあたりがオオキツネノカミソリ

のピークだときいたのですが、来週は遠征前の準備で行けないかなあ~~と思って行ってきました。

メンバーは隊長、れん、もくちゃん。 

水無登山口 駐車場は満車で路駐

私がもっともきらいなにょろにょろがいた・・・ 蛇のほうがまだ可愛い・・・ってこともないか・・・

沢があると涼しいんだよね。

 このモジャモジャはカラスウリなんだって~~~。 しらなかった~~。

この日たくさんのカメラマンが来てた。 ちゃ~~んと三脚持って。  重たいのにえらいなあ・・・

隊長が握っているウチワ・・・私が大好きなキャラクター・・・ザック CMがめちゃ可愛い~~

れんと私はこのウチワどこでもらったとおおお~~と狙っている。(笑)

山頂が見えてきた

青空~~ 風がここちよい。

 11時だったのでまだ山頂は静かでした。 この日は偶然二人とも揃いの100名山完登記念のTシャツを

着てたんです。

隊長が到着してすぐに全員で記念撮影。 隊長は明日から富士山。 

次の月曜隊は盆があけてからですね。

この後お昼ごはんを食べていたら・・・佐賀の小学生がゾロゾロやってきて・・・遠足らしく・・・

山頂は小学生に乗っ取られた・・・  全体を見回したら一番目立ったショッキングピンクのTシャツと

ショッキングピンクのタイツをはいた女性が引率の先生だ。 目印になって良い。

蝉がとまった・・・・蝉も蝶もなんもかんも・・・虫は嫌いだ ダントツ1位は毛虫

 沢の水がとても冷たくて顔を洗いたいくらい・・・

山でよくこういうとこの水を飲んでる人いるけど・・・上の方でたぬきさんとかがおちっこしてるし。

水無鍾乳洞入口はエアコン効いてるみたいに冷たい風が。

こりゃ~~いい 夏はここで本読むのは最高だろう・・・

 九重のヒゴタイもすご~~く気になるけどなあ。  いよいよ夏山本番です。楽しみだあ。

 

 

コメント (8)

伯耆大山 弥山 山頂避難小屋泊~三鈷峰

2014-07-22 17:17:00 | 日々の出来事

 三週間ぶりの山は連休をとって鳥取の大山に登ることになった。  

コースは夏山登山道~弥山 山頂避難小屋泊~5合目行者谷別れ~元谷~分岐~三鈷峰~砂滑り~元谷

~下宝珠~大山寺~かき氷屋さん

メンバーはくーちゃんとぎんちゃんの3人。  朝5時に久留米を出発。 溝口ICをでてすぐのスーパーで買い出し。 

買ってきた食材をパッキング 

 登山口そばにはモンベルが。 ここでく―ちゃんは焼肉用のフライパンを購入。

何か忘れ物してもこんなお店があるなら大丈夫だね。

1時半スタート。 この日もやはり蒸し暑く汗は吹き出て蒸し風呂状態。

登山者で賑わう夏山登山道は小さい子供もたくさん。

6合目のベンチでしばらく休憩

山頂に着く頃は快晴で気持ち良い風がふく。 いいよねえ~~

山頂小屋で寝る場所を3人分確保して売店でビールを買う。600円ってきいていたけど、冷えているビールは

800円だってさ。 冷えてないビールとか売れるの??  まあ宿泊タダだし当然だね。

2度目の山頂に乾杯~~

山頂にはNHKのヒメボタルの取材メンバーがゾロゾロ・・・結局私達は蛍はみつけてない・・・

ほ~~ら、山頂写真は必ずガスがでる

さっそく夕食の焼肉をジュ―ジュ― 山で食べると焦げてもおいしいねえ~~

 

私達は特等席で広々と寝れた。  床に寝る人、小屋の外に寝る人・・・大入りでした。

2階には上がっていないので様子は解りません。 夜はある時刻までは照明があって助かりました。

山ではもうすることもないので早々に寝るのですが・・・あちこちからの色んな音調のイビキが重なり合って

寝れないなあ・・・と思いながらもいつの間にかぐっすり寝てました。

日の出を撮影するのに4時には山頂にみなさんスタンバイ。 若者集団が朝駆けで登ってきました。

ガスで駄目かなあ~~と思っていたら良い感じに明るくなって・・・おっ・・・っと期待していたら、真っ白け。

6時半に小屋を出ました。

5合目の行者谷別れで元谷の方に向かいその先の分岐からユートピアコースに向かいました。

ぎんちゃんは体調不良でそこで下山。 くーちゃんと私は来月ハードなアルプス縦走があるのでボッカ訓練           に なってよかった。ユートピアコースはこれまた道が狭くて渋滞。 ここは難所です~~という案内人

の声が渋滞の先で響く。 ??? ナンショ??

懐かしいなあ・・去年ここであるぷすぼちぼちメンバーでゾロゾロと並んで記念撮影したなあ・・・

三鈷峰山頂手前の崖↓ ↓ 足滑ったら死ぬね。

三鈷峰の山頂から向こうにユートピア小屋が見える。 稜線がず~~~っと続く。 この時水がもう底を尽きて

いてのんびりとしている余裕は無かった。 さっさと下山することにして砂滑り方面に向かう。

この稜線をず~~っと歩いていたら剣ヶ峰まで行けるのかな?行けるとこまで行ってみたい気持ちもある。

さすがに弥山から下ってまた三鈷峰へ登りなおして下山はこたえたのか筋肉痛です。 砂滑りは面白いけど

初おろしのアクの皮靴が・・・  しかも雪がまだ残ってました。  へえ~~~

 

 

下山する時に二人で決めていたのは・・・駐車場に戻る前に かき氷食べるぞぉ!

 

 氷という文字を見つけて、汗だくに乾ききった私達は迷うことなくお店に入ってかき氷を注文したのでした。

それから3人で温泉につかりまた長い車の移動で帰宅しました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (12)

オオヤマレンゲに逢いに鳴子山

2014-07-01 16:37:49 | 登山

先週は健康診断で山には行けずオオヤマレンゲの時期にかろうじて間に合いました。

メンバーは隊長、アオちゃん、林檎ちゃん、木ちゃん、私の5人。

沢水登山口からスタートです。

登り始めて間もなく隊長がスマホを持ってくるのを忘れて取りに戻った。FBでUPするためだ。

出だしは日が射して相当暑くなることを覚悟・・・

ところどころ見晴らしの良い所で隊長を待つ。  スマホに「ここはどこ?」と尋ねると「ここはラーメン屋。と、思

われます。」・・・とスマホが答える。  嘘やん

ドウダンツツジが沢山。

オオヤマレンゲもこれくらいド―――っと咲くといいのにな。

 

このあたりは相変わらず黒土がぬるぬるしてまた尻もちついちゃった

ここで隊長と待ち合わせになっていた。 その間目の前の稲星山にちょっくら行くことに。

山頂までは10分

屋久島で右膝を痛めて以来簡易サポーターは必ず付けている。痛くなったらちゃんとしたサポーター付けようと

持ち歩くけど今のとこなんともない。

ここからさあ~下山!!と降りたがダダ広い山頂、どうやら降り口を間違ったらしい。2~3分位二人で遭難。

いかんいかん!!頂上に戻ろう。登ってきた方向は覚えてるから。・・・とすぐに修正。

こんな感じで道迷いの遭難はおこるのだろう。つくづく感じた。必ずそんなとき「おや」って感じるのだ。

一度目のおやで確信のある場所まで戻ることが大事。

無事降りると全員揃ったので鳴子山へ向かう。

ご年配の夫婦が丁度戻って来られて、結構なアップダウンでしたよ~~と聞いた。

なるほど・・・なかなかハードであった

オオヤマレンゲの群生地、登山道では無い奥の奥にはたくさんの蕾。

道で無い所に入っていけばまだ沢山さいているのですがどちらにせよびっしり固まって一斉には咲かないからなあ。

山頂に到着

景色は霞んでます。

隊長はFBにアップ中。

楽しい一日でした。

ここから先ほどの分岐まで戻ってお昼ご飯。前の日にぽるちゃんからデッカイアップルパイをもらっていたので

みんなでいただきました。

 

下山こそ気を緩められない・・・苔岩も黒土もザレ場も滑る滑る・・・

久しぶりに腕と肩が筋肉痛・・・。腕の力でよじ登ることって日常そんなないからね。

来週は住宅ローンの借り換え手続きで(多分一度では終わらない)面倒くさ~~ィ野暮用の為にしばらく山へは

行けません。 

しかも疎遠の母親が腰の骨を骨折して入院して居るので状況的にブルーな気持ちであります。

夏の遠征のスケジュールはばっちり決まり・・・少しずつ準備中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)