酒好きオヤジのプラモ制作記

60歳近くになってプラモ作りを再開し一人楽しんでいます。
アメ車中心の作品と昔のロックやフュージョンを紹介していきます

amt 1951 chevy Convertible SUN CRUISER  5回目

2017-10-09 03:07:21 | 制作記

600番のペ-パーでパーティングラインを消しフロント部分のヒケをパテで埋めた後、ボディの塗装に入る前に少し手を加えようと思います。



ボンネットですがここのメーカーのキットは何時ものようにヒンジが無く申し訳程度に引っ掛ける部分がある程度で風呂桶の蓋に取っ手がついたようなものなのでせめて抜け落ちないようにしてやります。




この部分を延長してやり



ストッパーを付けてやります。
これで外れないようになりました。







次は塗装に取掛かります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« amt 1951 chevy Convertible ... | トップ | amt 1951 chevy Convertible ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クラキン)
2017-10-09 07:24:34
なるほど、これだけで脱落防止になる訳ですね。
ちょっとした工作ですが、私には思いつかないことです。
こういうアイデアをサラッと実現しちゃうところは、凄いと思います。
お天気も良いので塗装には最適ですね。
良い天気ですね (酒好きオヤジ)
2017-10-09 09:11:35
クラキンさん

おはようございます。
最初は真鍮パイプと洋白線でヒンジを作ろうと思ったのですがボンネットの曲面がきついのでこちらにしてみました。
ただし最終的にシャーシと合わせるときに干渉する部分が出てくるかもしれないのでリスクです。

今日は天気が良いですね。
塗装やるよりどこかに出かける方が健康的ですね(笑)


コメントを投稿

制作記」カテゴリの最新記事