庭にいます。  -ときどき街中にも-

旧タイトル「街中の案山子」です。
2012年の5月下旬から、庭づくりを始めました。

「フューチャリスト宣言」梅田望夫・茂木健一郎 対談 (ちくま新書)を読む

2007-08-01 08:14:30 | 本・映画・テレビドラマ・絵・音楽
梅田氏はあの「ウェブ進化論」の著者。
茂木氏はテレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」のあの人です。

お二人の毛色の似ているところがあるためか、対談の歩調は快適。
私などは、幕の陰から覗かせてもらっている程度の、観客(読者)に過ぎないけれど、読んでいて、リベラルさ加減が心地よい。

どこかに所属したい、過去の実績で評価されたい、という発想から自由。
何をしてきたかでなく、何ができるか、であるべきだと。

どの章から読み始めても、惹き込まれるのだけれど、

抜粋
  中略 偶有性の喜び、自分の人格をより高度なものにしていく喜びは、おそらく人間が体験できる喜びのなかでももっとも強く、深い喜びではないでしょうか。食べる喜びなんて、お腹がいっぱいになっちゃえば終わりだし、性的な喜びだって限界がある。学ぶ喜びって、限界がないんですよ。インターネットというものが、「学ぶ」という最も根源的な、オープンエンドな(終わりのない)喜びを大爆発させる機会を与えている。まさに、「知の世界のカンブリア爆発」です。しかも、一部の特権的な人にだけでなく、あらゆる人に、発展途上国の人にも、その可能性が広がっている。



コメント   この記事についてブログを書く
« おい、おい、・・・なんとまぁ。 | トップ | 先回と今回、選挙でここまで... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

本・映画・テレビドラマ・絵・音楽」カテゴリの最新記事