とまとのへや

トマト栽培についての情報を中心に。

子葉、下の本葉が黄化する(育苗後半)

2020年06月22日 | 育苗
トマトボット苗の育苗において、
後半に向かって子葉が黄色くなって枯れ落ちてしまったり、
その後、その次の本葉1枚目の色が
抜けてきたりすることがあります。

他の症状と合わせて原因を考えてみます。

(1)全体的な苗の葉の色は濃いのに、子葉や下の葉だけが黄色く枯れる

これは、育苗環境がかなり乾燥しているか、潅水量が不足していると考えられます。
草丈が低く、葉が小さくかたい感じで、濃緑色の苗ではないでしょうか。
あるいは、常にしおれ気味にして管理し続けていないでしょうか。

トマトの育苗では、苗をあまり徒長させないようにと
潅水量を控える傾向があります。
けれども、水やりを控えすぎると、苗全体に養分が行き渡らなかったり、
うまく代謝ができなくなったりして、
ストレスが強くなりすぎてしまい、
古い葉から落としていって生き延びようとするのだと考えられます。

この場合の対処法は、単純に潅水量を増やすことです。
定植が近いのであれば、天気の良い日に少しずつ水の量を増やすか、
回数を多くしていってみます。
そうするとおそらく、数日で
生長点付近の色がみずみずしい緑色となって、
生き生きとした苗の姿になると思います。

(2)全体的に苗の葉の色が薄くなってきている

このような場合、多くはポット用土の肥料切れと考えられます。
OGPイメージ

葉の色が薄い 育苗後半編 - とまとのへや

前回はトマト育苗前半の葉の色でしたが、トマト育苗後半で葉の色が薄くなるのは、ほとんどの場合肥料切れですね。鉢土の肥料を苗が吸収し尽くした状態...

葉の色が薄い 育苗後半編 - とまとのへや

 


(3)育苗する期間がいつもより長くなってしまった

第1段花房の花が2つ以上咲いてしまっているなら、植え遅れ(老化)とみてよいでしょう。
OGPイメージ

苗が老化した - とまとのへや

ポットの肥料が切れてしまい葉色が薄れたり、根がポット中を巻きすぎてしまうような苗になることがあります。これを老化苗と呼んでいます。老化苗は、...

苗が老化した - とまとのへや

 




土壌病害対策について

2012年01月20日 | 土壌環境
植物がしおれたり、
葉が黄色く枯れあがってきたりする症状が出ることがあります。
そのような場合、まずは潅水や肥料の過多・過少、
気温や地温が暑過ぎる・寒すぎる、
薬害など、物理的な栽培環境に原因がないかどうかを考えてみます。

それらが当てはまらない場合には
病虫害の可能性を考えます。

土壌病害が発生する原因は、
多くの場合は連作によって
土壌中に病原菌が増えてしまうためと考えられています。
けれども、作付け初年から数年目で発病することがあったり、
気象条件などによって発病の程度が変わったりすることもあります。

発病してしまった株に対しては、
多くの場合どうすることもできません。
生育が望めないような状態になれば抜き取って処分します。

発病した畑には、病原菌が長い間土壌中に残るので、
なるべく同じ作物を作らず、
毎回違う作物を植えていくことが理想です。

やむを得ず連作する場合は、
その病害に抵抗性を持つ品種、
あるいは抵抗性品種を台木とした接ぎ木苗を植えると被害が減ります。
病害の種類によって台木の品種は変わりますので、
普及指導員や営農指導員などに病害を同定してもらうとよいでしょう。

その土壌病害に対する抵抗性品種がない、
あるいは抵抗性を持たない品種を植えたいという場合には、
土壌中の病原菌密度を減らして発病を抑えることを考える必要が出てきます。
以下、いくつかの方法を記しておきます。

1. 病土を取り除く
発病した株を中心にして1メートル四方程度の部分の土を、
深さ1mくらいまで取り除けば、
病原菌の密度を減らすことができるでしょう。
ただし、かなりの労力が必要です。
また、作物によっては根がかなり広範囲にわたり、
深く伸びていくので、
取り除いた土の周りに病原菌が残っている可能性はあります。

2. 土壌中の根を分解させる
栽培が終わり片付けたら、
堆肥をまいて土とよく混ぜた後、
大量に灌水して土の中に残っている作物の根を分解させるようにします。
分解を進めるためには温度と水分が必要ですので、
地温を確保し、次に植えるときまで土を乾かさないようにすることが大切です。
こうすることで病原菌のえさが分解されて減るので、
病原菌の増殖速度が少しは抑えられるでしょう。

3. 土壌消毒をする
薬剤や熱などを使って土壌中の病原菌を減らす方法です。
薬剤を土に混ぜたり、注入したりして殺菌する方法や、
バーナーで土を焼いたり、熱水や蒸気を使う方法、
石灰窒素や太陽熱を利用する方法、
米ぬかなどを使った土壌還元消毒法などがあります。

なお、微生物資材で土壌病害を管理することは、
今のところはできないと考えた方がよいでしょう。

土壌病害は発生すると根絶はかなり難しいです。
被害を抑えるために上述の方法を組み合わせて、
できるだけ病原菌の密度を下げた方が良いのですが、
連作せざるを得ない場合は、
土壌病害と付き合いながら
作物を育てることになると考えた方がよいでしょう。

土壌環境改善としての微生物資材について

2012年01月20日 | 土壌環境
土壌中にはモグラやミミズといった比較的大きいものから、
カビ、細菌、ウイルスといった肉眼では見入ることのできない微生物まで
様々な生物が住んでいます。

一般に土壌の性質を考えるときに、
物理性、化学性、生物性と分類することも多いのですが、
生物性は、特に土壌微生物の分野は分からないことばかりです。

土壌微生物は、その形や性質から様々な種類に分類されています。
また、土壌中に住んでいる微生物の量は、
数え切れないほど多いと言われています。
そして、微生物の一生は
数時間から数週間とサイクルの短いものが多く、
微生物相は常に変化しているといえるでしょう。

さらに、肉眼でなかなかとらえられないし、
様々な分析方法を駆使しても、
それぞれの微生物について実態や発生消長を
完全に把握することはできないのが実情で、
土壌微生物の研究が難しいのは
こういったことによると考えられます。
土壌微生物の世界は
とても奥が深いと言えるかもしれません。

この土壌の生物的な環境をどう管理するかということは、
一口には言えないものです。
微生物資材を使って連作障害や土壌病害を無くしたり、
生育を良くしたりする技術は、
残念ながら現在のところは確立されていません。

農業現場では、ある微生物資材を使ってみたところ
ある畑では作物の生育が良かったように思えたが、
別の畑では効果がわからなかったとか、
昨年は良かったように思えたが
今年はそうでもなかったなどと言った話はよくあることです。
けれども実は、
生育が良かったのはその微生物資材によるものであると
本当に言えるのかどうかも判断が難しいのです。

微生物資材で土壌環境を改善したいとお考えの方は
こういったことを念頭に置くことが必要だと思います。

なぜ堆肥を入れるのか ~堆肥の利点

2011年08月23日 | 土壌環境
前回「堆肥の役割」では、
土壌環境を整えるためには土壌中に有機物が必要である。
という話をしました。

ところで、有機物とは
化学的には炭素を含む物(例外はあります)とされますが、
農業一般では、作物の残りかす、雑草や落ち葉、
動物の糞尿、生ごみなど、
生物由来のものと考えれば良いと思います。

これらのものは野外に置かれると、
いつまでも原形をとどめておくということはなく、
「土に還る」というのは、
皆さんもご承知のことと思います。
有機物の繊維分やたんぱく質、糖分などが分解されていき、
最終的には水や二酸化炭素などの無機物や腐植物質ができます。
簡単に言ってしまうと、
この腐植物質が、土作りの中で
大変重要な役割を担っています。

ですから生の有機物も直接畑へすき込めば、
もちろん土の中で上述のような過程を経て
有機物が分解され、腐植が作られます。
一方、有機物が分解する過程を
人の手で行うことが、
堆肥を作ることだと言えるでしょう。

さて、土壌中に有機物が必要ならば、
堆肥でなくても直接に有機物を入れれば良いのではないか、
という疑問もあるのではないかと思います。
わざわざ手間をかけて、有機物を発酵・分解させ、
堆肥にしてから畑に入れる意味は何でしょうか。

前置きが長くなりましたが、
堆肥にする利点は、
大きく分けて4つほどが考えられます。


(1) 取り扱いやすい

分解されて土に近い形状になるので、
扱いが簡単になり、
運搬や散布、すき込みなどの一連の作業が効率よくできます。
異臭も無いので作業も楽です。
また、同じ容量で考えれば、生の有機物よりも堆肥の方が
腐植の量は2倍以上多くなります


(2) 有機物中の病原菌や害虫、雑草の種が減る

堆肥化する過程で出る発酵熱により、
多くの病原菌や害虫、雑草の種が死んでしまいます。


(3) 有害物質が分解される

作物の生育に有害な物質が有機物中に自然に含まれている場合がありますが、
分解の過程でこれらの物質も分解・無害化されます。


(4) 生育障害が出にくい

生の有機物を直接畑へすき込み、時間を置かずに作物を植えると、
有機物の分解の過程で窒素が使われてしまったり(窒素飢餓)、
酸素が使われて土壌中が酸欠になったり、
有害なガスが出たりして、作物の生育を妨げることがあります。
堆肥にすることでこれらの分解過程は終わっていますから、
このようなことが起きるという心配はなくなります。

土作りは、畑の大切なメンテナンス作業です。
ぜひ、良い堆肥を作っていただきたいと思います。

葉が縮れる(2) ウイルス感染によるもの

2011年08月10日 | 防除
トマトの葉が急に縮れたようになる原因は、
大きく分けると4つが考えられます。

(1) ホルモン処理によるもの
(2) 水や肥料のやりすぎ
(3) 除草剤によるもの
(4) ウイルス病によるもの

(1)~(3)については、「葉が縮れる(1) 栽培管理によるもの」
記しました。

(4) ウイルス病によるもの

葉が縮れ、モザイク状に色の濃淡があり、
作業をしているうちに
症状が少しずつ拡大しているように感じられる場合は、
ウイルス感染を疑います。
葉脈や茎に黒い筋が現れたり、
葉の色が抜けて黄色っぽくなったりする場合もあります。
果実も着色がまだらになったり、
茶褐色のしみ状のものが出たりすることもあります。
初期に感染すると生育が止まってしまう場合があります。

トマトに感染するウィルスは、
タバコモザイクウィルス(TMV)、トマトモザイクウィルス(ToMV)、
キュウリモザイクウィルス(CMV)、ジャガイモXウィルス(PXV)、
トマト黄化えそウィルス(TSWV)、トマト黄化葉巻ウィルス(TYLCV)
などがあります。

これらのウィルスのうち、タバコモザイクウィルスと
トマトモザイクウィルス以外での
種子伝染や土壌伝染は、認められていないようです。

何のウイルスに感染しているのかを知るには、
農業試験場などに依頼し、
遺伝子診断で鑑定してもらう必要があります。

ウイルスの種類ごとに
媒介する昆虫や、感染経路の特徴が
少しずつ違います。
また、抵抗性品種で対応できる場合があります。
そういうわけで、ウイルス診断をしてもらうと、
原因究明と今後の対策を考えるのに役立つことが有ります。

ただし、ウイルスに感染してしまったた株は、
抜き取って処分するしかありません。
多くの場合、アブラムシやアザミウマ、コナジラミなど、
草木の汁を吸う昆虫によって伝染していきます。
また、収穫や脇芽取り、摘葉などの作業で、
手やハサミに付いたトマトの汁液を通じて
他の株に移っていきます。
ですから、感染株の拡大を防ぐためには
感染源をできるだけ減らすことが重要です。
感染株を除くだけでなく、
害虫の早期防除と、害虫の住みかや感染源となる除草も
大変重要です。

これら4つのケースに当てはまらない場合、
種の素質が原因ということも
あるのではないかと思います。
そのような場合は、生育異常の株はわずかであり、
症状が他の株へ移るということもありません。
しかし、結実が見込めなければ、
管理のわずらわしさや養分競合などを勘案し、
抜き取ってしまう方が良いと思います。

葉が縮れる(1) 栽培管理によるもの

2011年08月10日 | 栽培管理
トマトの葉が急に縮れたようになる原因は、
大きく分けると3つが考えられます。

(1) ホルモン処理によるもの

着果ホルモン剤を花房へかけた時に
新芽にもかかってしまうと、
新しく出てくる葉が細く糸状になったり、
縮れてしまったりすることがあります。
ホルモン剤は果房にだけかかるように
作業を工夫しましょう。
手間はかかりますが、ゴム手袋をはめて、
スプレーしない手で花房の付け根側に壁を作ってから
ホルモン剤をかけると良いでしょう。

新芽にホルモン剤がかからなくなれば、
そのうちに正常な新しい葉が展開してくるでしょう。

(2) 水や肥料のやりすぎ

定植後、初期に水や肥料を与えすぎて
トマトの樹勢が強くなり、
茎が太く、葉が波打って縮れているように見えることもあります。
実は結実しないか、
着果しても小さく、質が悪いことが多いです。

あまり遅くなると手の施しようがなくなってしまいますが、
初期であれば潅水量や追肥量を修正します。
吸収してしまった養水分を消費させるため、
こまめに摘葉してストレスを与えます。
花房にホルモン処理をして結実を促進したり、
空間が赦されれば腋芽を一本伸ばし、何段か結実させたりして
養水分を分散させるのも良いでしょう。
ハウス栽培では、しばらくの間夜温を少し高くし、
消耗させるのも一つの方法です。

(3) 除草剤によるもの

トマト畑周辺に除草剤を散布した場合、
除草剤がドリフト(飛散)して
トマトにかかっていたりすると、
成長点付近が黄色くなり、
葉が縮れてくることがあります。
風向きや風の強さによって違いはありますが、
除草剤を散布した日や場所に心当たりがないか
思い出してみましょう。

除草剤が僅かにかかっていた場合は、
しばらく生育が停滞することもありますが、
そのうちに新しい葉が展開して回復すると思います。

残りの1つは、別で扱います。

なぜ堆肥を入れるのか~堆肥の役割

2011年07月26日 | 土壌環境
堆肥は畑で作物を作るためには欠かせないものである
と言われていますが、
堆肥についての理解は、
意外と漠然としているような気がします。

そこで、堆肥について整理してみようと思いますが、
ここでは少し視点を変えて、
畑に堆肥を施用しないとどうなるのかを考えてみましょう。

やや極端ではありますが、堆肥を使わない耕作法として
焼畑農業を例にしてみます。
焼畑農業とは簡単に言えば、森林や草地を焼き払い、
そこで耕作するというやり方です。
焼き払った後には、
焼かれた植物などの灰分が肥料分となり、
作物が育ちます。

けれども、その農地は2~3年耕作を続けていると地力が衰え、
作物が育ちにくくなってきます。
そうして別の場所に移り、火を入れ、
新しい農地として開墾する
ということを繰り返していきます。

耕作をやめた土地に植林すればよいのですが、
放っておかれることも少なくありません。
開発途上国ではこのことが
土地を荒廃・沙漠化させる原因として問題になっているのは、
皆さんもご存知のことと思います。

先ほど地力が衰えて作物が育ちにくくなる、と書きましたが、
地力というものを肥料分の部分で考えてみると、
作物が吸収した分を補給するように必要な肥料を入れていけば、
もっと長く耕作が続けられるのではないか
と考えられるかもしれません。
(途上国では十分な肥料を確保すること自体が
困難なところもありますが)

ところがそういう考えで、
焼畑農業から一か所に定着した持続的な農耕を進めようと、
途上国へ化学肥料の援助をしましたが、
土が固くなり、作物が育たなくなってしまったという話を
聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
必要な肥料が確保されたとしても、
それだけでは長く続かないのです。

それは、土の物理性や生物性に問題が出てくるからです。
森林や草地の頃に、その土地にあった土壌中の有機物は
耕作を始めると年を経る毎に分解され、減っていきます。
有機物が土壌中に余っている肥料分を捕まえておいたり、
土を柔らかくして空気や水分を捕まえておいたりして、
植物の根が張りやすい環境を作り出していたのです。
また、水、空気、養分が十分にある土壌には
微生物や小動物などの様々な生物が住み、
作物の根に良い影響を与えていたこともあるでしょう。

この有機物の消耗する量は思っているよりも多く、
そして消耗は地温が高いほど早く、
たとえ作物の茎葉の残りや、有機肥料を施用するとしても
それだけでは足りないのが現実です。

もうお分かりかと思いますが、
念のため書いておきますと、
化学肥料を使ったからといって、
土が固くなるということは考えにくいのです。
この場合、そうなってしまったのは、
化学肥料を使ったからではなく、
肥料分さえあれば作物は育つという一面的な考え方で耕作し、
十分な量の有機物を施用しなかったので、
土壌の物理性が悪くなったため
と、考えるべきですね。

話があちこちに飛んでしまいましたが、
畑に堆肥を施用しないと、
いわゆる「やせた土地」に向かっていくということや、
農地を持続的に利用するためには、
根を十分に張らせる土壌環境を作ることが大切で、
堆肥がその役割を担っているということが
何となくお分かりいただけたのではないかと思います。

葉面散布について

2011年07月12日 | 栽培管理
植物は本来、根から水と肥料を吸収しますが、
何らかの条件で根張りが悪くなって生育が衰えたり、
根からの養分吸収が生育に追いつかず、要素欠乏になったりした場合に
水に溶かした肥料を葉から吸収させる方法があります。
これを葉面散布と呼んでいます。

葉面散布専用の資材が売られているので、
それを利用するのが良いと思われますが、
普通の液体肥料を薄めて使うこともできます。
ただし、濃度が高いと葉が枯れてしまうことがあるので
注意が必要です。

葉面散布剤はもともと保証成分がそれほど高くなく、
これを薄めて使い、さらに霧にして散布するのですから、
一回の散布で植物にかかる量は少なくなります。
ですから、そこから吸収される肥料成分量はわずかであると
考えた方が良いでしょう。

ですから、生育の悪い株を葉面散布で元気にさせる
というのは、かなり難しいのです。
生長には窒素、リン酸、加里などの
多量必須要素が関係しているからです。
前述のように葉面散布くらいの量では、
小さい植物ならば意味もあるかもしれませんが、
大きい植物では必要量には追いつかないでしょう。

そこで、トマトのように大型になる植物については、
生育の衰えを防ぐために多量必須要素を補給しようとする場合、
根の状態が回復するまでの間の応急処置という考え方で行います。
吸収させる量を確保するため、少なくとも1週間以上、
1~2日毎に、集中的に続ける必要があるでしょう。

一方、品質向上のためにと、
薬剤に葉面散布剤を混ぜるなどして
週1回や10日おき程度の頻度で使っても、
先述のように、多量必須要素の補給という観点からは
意味があるのかどうか、疑問が残ります。

一方、微量要素欠乏の対処法としては、
ごく少量が植物に吸収されればよいので、
植物体へ全体に早く届けられる葉面散布の効果が高いです。

葉面散布を行う時は、
古い葉よりも新しい葉のほうが吸収しやすいこと、
葉の表面よりも裏面のほうが吸収しやすいことを
留意しておくとよいと思います。

葉面散布は、根からの吸収が健全であれば、本来は必要ない作業です。
生育不良で、葉面散布をしなければならないのであれば、
ほ場の環境、透排水性・土壌物理性、作土深、施肥量などを
検証してみましょう。
次に作付けする時には根が健全に生育する土壌環境になるように
できるだけ整えることが、何よりも大切です。

トマトの疫病について

2010年10月21日 | 防除
疫病はなかなか厄介な病気です。
天候により、発生してから数日であっという間に全体へ広がってしまうことがあります。
発見や診断が遅れると壊滅的な打撃を受けてしまうことがあり、注意が必要です。

はじめは葉や茎に、薄い黒しみのような病斑ができます。
時間が経つと、こげ茶から黒色の病斑になっていき、葉は黒く枯れてきます。
湿度が高いときは、その黒く枯れた部分に白いカビが生えることがあります。
さらに感染が広がると、果実も黒くなってしまいます。
こうなると、ほ場全体に病気がまん延し、収穫が望めなくなってしまいます。

疫病菌の特徴として、遊走子を作ることが挙げられます。
この遊走子は鞭毛を使って水の中を移動することができます。
一度感染すると、病斑からたくさんの遊走子のうをつくり、
そこから放出される遊走子によって水を介して次から次へと移っていくのです。
ですから雨などで湿度が高く、植物体がぬれている場合、
活動しやすい温度条件(18~20℃)になると、
一気に広がってしまうのです。

対策は、予防を主体とします。
発生しやすいのは、梅雨の頃と秋雨の頃、
つまり気温18~20℃程度の涼しくて多湿の時期です。
天気予報を見ながら、その時期に入る少し前から
予防剤を散布しておきます。

また、発生しやすい時期までに摘葉、脇芽かきなどをきちんと行って
風通しを良くしておくことも重要です。
肥料が多かったり、管理不足になったりして繁茂しすぎると、
被害が大きくなることがあります。

送風などによって、葉を露で濡らさないようにするのも良いと思います。

発病してしまったほ場では、
まず被害部分を速やかに取り除くことが重要です。
早期発見がその後の被害拡大を抑えるカギです。
その後、薬剤を散布しましょう。
葉が茂っている場合は摘葉して風通しを良くします。

発病してしまうと、薬剤散布してもなかなか止められません。
被害部分が残っていると、
病原菌の発信基地がいつまでも残っている状態になってしまうので、
蔓延を助長することがあります。

一度発生すると、翌年も発生する可能性があります。
発生時期を覚えておいて、発生時期を予測し、
予防剤を散布するタイミングが遅れないようにしましょう。

温室効果ガスと農業

2010年07月28日 | その他
菜園カテゴリとしては、話が大きくなりすぎますが、
環境省が発表している2008年度温室効果ガス排出量の報告によると、
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/index.html

2008年の温室効果ガス排出量は、
二酸化炭素に換算した量にして、
12億8200万トンだったそうです。
そのうち、
12億1400万トンは二酸化炭素で、全体の95%、
2130万トンがメタンで、全体の1.7%、
2250万トンが一酸化二窒素で、全体の1.8%を占めていました。
残りはそのほかの温室効果ガス(フロンなど)でした。

二酸化炭素排出量の21%は家計関連(家庭、自家用車など)
79%が企業・公共部門関連とのことです。

さて、二酸化炭素排出量のうち、
産業部門は34%、4億1900万トンでした。 
さらにその内訳は、
製造業で3億9500万トンで、産業部門の94%を占めていました。
農林水産業を含む非製造業は2400万トンで、同部門の6%程度でした。
一方、家庭部門は1億7100トンで、全体の13%を占めていました。

また、メタン排出量全体2130万トンのうち、
家畜由来の消化管内発酵によるものが690万トンで
メタン排出量全体の32%、
家畜排泄物管理によるものが230万トン(同11%)、
稲作によるものが560万トン(同26%)でした。
つまり、農業部門で1480万トン、
メタン排出量の70%近くを占めていた
ということになります。全体の1.7%分での話ですが。

一酸化二窒素では、排出量全体2250万トンのうち、
家畜排泄物管理によるものが480万トンで、
一酸化二窒素排出量全体の21%、
農用地土壌からのものが610万トン(同27%)でした。
こちらも、農業部門で1090万トン、48%を占めていました。
残りは焼却や排水処理による排出でした。

それで本題?ですが、
農業部門で排出された温室効果ガスが
二酸化炭素換算量でどのくらいかを見ると、
二酸化炭素の排出量は2400万トン以下、
メタン排出量1480万トン、
一酸化窒素排出量1090万トンなので、
合計で4970万トン以下でした。 
それは、全体排出量12億8100万トンの3.9%以下でしかない
ということが分かりました。

これは、温室効果ガス排出量の削減を
農業でいくら頑張っても、
2008年の3.9%以上は削減できないということでもあります。
これは、日本は農業国ではないために
排出割合も少なくなるのだと考えられます。
地球規模で見ると、農業分野での影響はもっと大きくなりますが、
反対に日本の農業が占める割合はごくわずかになるでしょう。

ですから、日本の農業分野が排出取引に
魅力的な市場になるのかどうか疑問ではあります。

けれども、この地球規模で考えたときに、
影響力が小さいから減らしても意味がないとか、
少しくらい増えても大した影響がないと思ってしまうと、
結局全世界が何も変わっていかないという危険があります。

日本の温室効果ガスの排出量削減技術が世界で認められて利用され、
大げさですが、地球を延命させられるかもしれないという視点が
個人でも必要な時代になってきているのではないでしょうか。

そういった意識で取り組んでいくことで
自分のところに、いつの日か、
何かしらの形で利益が返ってくるようになるのだと思います。