22歳からの貯蓄学

「22歳からの貯蓄学」というブログですが、今や30代。貯蓄・投資・投資信託・年金などの話題が中心です。

つばさ&セロンのブロガー対談会(前編) ~この10年を振り返って~

2020-01-27 21:00:00 | ブロガー対談会
今回、ブロガーのつばささんと対談会を行いました!
つばささんとは同級生で投資歴もほぼ同じと共通点も多く、今回の対談会を開くことになりました。
(なお、この対談会は投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2019表彰式の懇親会後に行っています)

今回(前編)のテーマは「この10年を振り返って」。世の中色んなことがありましたが、二人の生活環境も大きく変わりました。
それではご覧くださいー。

セロン「今日はよろしくお願いします!」
つばさ「よろしくお願いします!」

~投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2019について~

(写真提供 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year運営委員会)

セロン「最初に今年のファンドオブザイヤーを振り返りたいと思うんですけど、結果は三菱UFJ 国際投信さんの投資信託がトップ3を独占、4位にニッセイ外国株式インデックスファンド、5位にeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が入りました。まずは素直な感想を教えて下さい」

つばさ「自分はeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に5ポイント投票したので、その投資信託が評価されて1位になったのは純粋にうれしいなと思います。あと自分がプレゼンターとして4位のニッセイ外国株式インデックスファンドを発表したんですが、その受賞スピーチですごい悔しそうに話してたのと、あと信託報酬の引き下げのサプライズがあったのは投信ブロガーが選ぶ !Fund of the Year がなければなかったことじゃないかなと思いますね」

セロン「実行委員としては事前に受賞者の方がどういうコメントをするのかは知らないので、舞台袖で話を聞いていて私もびっくりしたんですけども、熱い想いが伝わってきましたし、それが来年のファンドオブザイヤーにどう影響してくるのか気になります。今回三菱UFJ 国際投信さんはトップ3を独占しましたが、これを来年も守り切れるのか、はたまた他のファンドが崩せるのか、気は早いですが楽しみですね」

つばさ「そうですね。あと、2017年に1位だった楽天 VT がこんなに順位を落とすというのは、やっぱりブロガーの見る目もすごく厳しくなったのかなという思いもありますね」

セロン「ファンドオブザイヤーになったとしても、翌年以降も上位を維持していくのは簡単ではないと。そういう意味では、今回最多入賞として取り上げられたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドやVTはすごいなと思いますね」

つばさ「そうですね」

~最初に買った投資信託は何?~

セロン「最多入賞の話が出たので、私とつばささんの過去も振り返ってみましょう。つばささんが最初に買った投資信託って何ですか?」

つばさ「投資を始めたのは2008年でしたが、その時日本株式は日興アセットマネジメントの「インデックスファンド TSP」、 外国株式はトヨタアセットマネジメントの「三井住友・バンガード海外株式ファンド」を買いました」

セロン「これらの投資信託を選んだ理由は何だったんですか?」

つばさ「その時1番信託報酬が安かったのからですね。その後にeMAXISシリーズとかが出てきたんですけど、その時点ではまだ出てなかったので、その2つの投資信託で積立を始めましたね」

セロン「私が投資を始めたのは2010年で、ちょうど話に出てきたSlimじゃないeMAXISシリーズとSMTシリーズ(当時はSTAMシリーズ)シリーズがバチバチに競っていた時代でした。ブログの中でもその2つを比較して、最終的に自分はeMAXISシリーズを選んだ形になりました。この時はSMTも頑張ってたんですけどね。この後、ファンドオブザイヤー上位からはフェードアウトしてしまいましたね...」

つばさ「SMTとは別にi-SMTシリーズという信託報酬が低い別の投資信託を出しているんですが、どうしても後出し感が出てしまってるのかなっていうのがありますね」

セロン「そういう意味では、消費者に商品をどう認知してもらうかというのも重要なんでしょうね」

つばさ「その点、eMAXIS Slimシリーズについては定期的にブロガーミーティングを開いて投資家とコミュニケーションを取っているので、その辺も今回のファンドオブザイヤーでの評価に繋がってるのかな、というのはありますね」

~アクティブファンドへの投資~

セロン「インデックスファンドの話をしたのでアクティブファンドの話もしたいんですが、以前のファンドオブザイヤーだと結構アクティブファンドもランキング入りしていました。しかしここ数年の傾向として、インデックスファンドの方が上位にランキング入りする傾向となっています。つばささんはアクティブファンドとかアクティブな投資ってしたことはありますか?」

つばさ「バリバリあります。2008年にインデックスファンドで投資を始めたんですけど、リーマンショック後の2009年に株価が割安だと感じて日本の個別株をやりましたし、米国の個別株や、インデックスファンドではない普通のリート、 FX でヘッジをかけてみたりしていました。2010年からはちょっとインデックス寄りになっていきましたが。リーマンショック後の2009年って、今では考えられないぐらいすごい割安に見える銘柄が多くて、これ投資しないのもったいないじゃないのかっていう思いが自分の中に芽生えました。企業の持ってる資産に対して、時価総額がどれくらいなのかっていうのを見て、これ下手したら倒産してもちょっと利益出るんじゃないのっていうような株価水準だったこともあって投資してましたね」

セロン「自分の場合、株価算定とか理論としては好きで、今でも興味や関心はすごくあるから個別株やりたいなっていう気持ちはあるんだけれども、壊滅的に選ぶセンスがないことを自覚しているから多分やらない(笑)。唯一、今アクティブファンドで鎌倉投信の結い2101を保有しているけれど、それは運用理念とかに共感してお金を入れさせてもらっていう感じなので、自分からは多分企業選択しに行かないと思います」

つばさ「私もひふみ投信と鎌倉投信の結い2101に投資してた時期がありました。自分が2009年にやってた時と同じ企業に投資していたり、運用方針が自分がしたかった運用の仕方、例えば現金の比率を変えるとか、あとはその中小型株の様な流動性の少ない株式に投資するようなファンドだったので、自分で運用するのはやめてそっちに任せてみようっていうことになりました。あと、その時は実際そのインデックスファンド自体の信託報酬とそのアクティブファンドの信託報酬の差が今ほどひどくなかったというのも理由としてあって、今相対的に見るとちょっと割高かなと思うとこともあるんだけれども、実際自分が投資した時はインデックスファンドに投資するよりもひふみ投信とか鎌倉投信に投資した方が自分の手間も考えてに楽になるんじゃないかと思い投資していました」

~投資信託のメリットって?~

セロン「なるほど。管理に手間がかからないっていうのが投資信託を選ぶメリットの1つだと思います。自分の場合、2015年から2016年ぐらいは仕事がすごく忙しくて、毎日終電帰りみたいな日が続いていたんですけども、それでも投資を辞められずにいれたのは、事前に投資信託で積立買い付けを設定してあったからこそなのかなと。これが毎回自分で企業や投資信託を選んで買ってたりしてたら、終電帰りではそんな余力もないだろうから、投資はもう辞めていたと思います。そういう意味では任せられるというのが投資信託の良い面だと思いますね」

つばさ「自分も株式とか投資にかけられる時間があるなら、もうちょっとアクティブな運用を行うような気がするんですけど、やっぱり仕事が忙しくなってくると投資に割ける時間も少なくなってくる。例えばいろんなファンドを組み合わせていうような場合にはリバランスのことも考えなければいけないし、リバランスするためにはモニタリングして自分のポートフォリオがどうなっているのか把握しておく必要がある。そういう意味では楽天 VT だったりeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)だったり、株式はこれ一本で OK みたいなファンドが出てきた流れは、個人投資家としてはすごく嬉しいですね。リバランスを考えなくて良くなるっていう面が1番強いかなと思っています」

セロン「細かく計算しなきゃいけないというのはどうしても管理の手間がかかるから避けてしまう。あと、お互い10年前と決定的に違うのは家族がいるっていうのがあって、その影響も大きいのかな」

つばさ「そうですね。2009年にアクティブな投資をしてたのも、多分独身だったから出来ていた。自分だけのお金っていう意識で投資していたんですけど、家族ができるとやっぱり自分だけのものじゃなくなる。妻に対する説明説明というか、今こういう風に投資してますよっていうのを簡単に見せることができる点でも、バランスファンドだったり、株式だったらオールカントリーだったり、シンプルなポートフォリオで運用していた方が妻も納得してくれやすいという面があると思います」

セロン「顧客本位の運用ならぬ、家族本位の運用(笑)。あと自分としては家族と過ごす時間を大事にしたい。投資が自分の人生における重要性が独身時代と比べると下がっているのかもしれない」

つばさ「自分も投資にかける時間よりも家族と過ごす時間の方が大事になっている。そう考えるとやっぱり個別株で投資するより投資信託の方が合っているのかもしれないですね」

~後編へつづく~
(後編はつばささんのブログで公開中!)
コメント   この記事についてブログを書く
« 投信ブロガーが選ぶ!Fund of... | トップ | 最近の株価下落で思うこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。