さらだ的雑記帳

ほぼアニメ関連の話題
ツイッターでは難しい
ネタバレとか長文気味なものをここで呟いてみようかなと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014年1月期アニメ総評【3】

2014-03-30 11:17:57 | アニメ関連
総評も3回目です
段々終わりが見えてきちゃいましたね


■のうりん
【満足度:50点】

ギャグアニメとしては良い出来だと思うがこれで良かったのか?



原作既読組なのですが
最初はいつ途中で切るかと思ってたものを結局最新刊まで買ってしまっていることを分析してみると

この作品の魅力は
どう考えても頭おかしいだろって登場人物達のハチャメチャな言動と
むしろ引くくらいの古臭いギャグやネタの数々
これに農業や農家が抱えるブラックな部分を描き入れる事で

前段のおちゃらけとの対比が
道化師の持つ闇のような深いものを
意図せずに作り出すので

最終的には自然とそのおちゃらけをも受け入れられるようになるのではないかと思っているので

そういう観点で見た時に
今回のアニメについては
ギャグ要素は特にベッキー役の斉藤千和さんの名演が光りますが
各キャラとも良い味を出していたし
ネタの拾い方や表現の仕方は十分に素晴らしいものとなっていたと思います

ただ闇の部分の描写は
ブラックな部分はかなり端折られていて
その辺の農業漫画や一般知識程度で補完できるほどのソフトなものとしか感じられず

原作読者としてはのうりんを題材にする必要性が本当にあったのか?
という疑問を抱いてしまったという意味でこの点数になりました

アニメとしては十分に面白かったし
ベッキーの演技は一見の価値はあると思いますが機会があれば原作に触れていただきたい作品です

まぁアニメみてる人なら自然と感じたでしょうが原作はかなり人を選びますので面白さは保証しませんw



■世界征服 謀略のズヴィズダー
【満足度:65点】

前半戦の派遣候補だったはずが…誰得シリアスだったのでは?



世界征服を企む幼女に
一癖も二癖もありそうな幹部たち
正義の味方は女子高生と
キャラ設定は見事で

不思議な世界観でおバカなことを真面目にやるというのが最初の印象

自衛隊戦車部隊を不思議なパンチ一発で制服したときは
これは素晴らしい作品だと思ったわけですが

ラストに向かうにつれて
ズヴィズダー達がピンチになる展開は
テンプレだからいいにしても

おバカな笑い要素がどんどんなくなってしまって
登場人物の心情の変化なども描かれず
淡々と結末に向けて話が進むだけで

結局は結末がどうなるのかという興味しかなくなってしまった印象

そのくせラストバトルは冗長ですらあり

そもそもオープニングで結果については既に言及されているのだから
もっと早くから都との抗争についてキチンと描いておくことでラストバトルに思い入れが出来る下地を作るか

もっと簡潔に描くことで
おバカで非日常なテイストを貫き
合わせて最後の日常?パートに割く時間を増やせばもっと続きに思いを馳せるような締め方ができたのではないかという気がする

画集は購入確定
ノベライズ系はパス
未放送特別回は見たいのでそこだけは購入するかもしれないが

そこまでかなという感じ
もっと個別のキャラエピソードをがっちりやって何も解決せずに2期を期待させる方がよかったかもですね

とはいえ前半は楽しめたのでこれ位の点数かなという感じ

そうそう個別のキャラといえば
ピエールが生きてて良かったということで+5点しときます


■ゴールデンタイム
【満足度:採点不能】

ちょっとよくわからない



原作途中で挫折したのですがラスト気になったので終盤だけ視聴
最初の方はみてないので採点は差し控える方向で

原作がどうまとまったのかわからないが
とりあえず修羅場った事を差し引いても回を追うごとにキャラの魅力が剥がれていく感じを受ける不思議な作品だった

特に万里については崩壊していく中の葛藤をあれだけ必死に描いたのに
ラストは一瞬で解決するというそれこそご都合主義な展開にストーリー的な辻褄以前に結局そんな簡単で軽い感じでいいの?

って思いの方が強く出てしまった

これはゆゆ子先生の代表作である
とらドラが困難にぶつかったときに2人で逃げて失敗し2人で立ち向かって
2人を取り巻く全てが2人の絆であることを再確認して一度別れるのだが

ここではまるで正反対のアプローチを試みたかのように困難にあたって彼らは1人で考え相手にあたりちらして最後は離れて解決しようとして最後はなんかうまく行ってくっつくわけで

とらドラ読者としてつながりも絆も正反対のものにかんじられたというのも軽さの一因じゃないかなと思います

アニメとしての作画や音楽、声優さんはいい感じだったと思うのでテイストがあう人なら十二分に楽しめる作品だとかんじました


まぁ個人的には
ゆゆ子先生の次回作に期待です

QLOOKアクセス解析


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ウィッチクラフトワークスの... | トップ | ウィッチクラフトワークスの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ関連」カテゴリの最新記事