さらだ的雑記帳

ほぼアニメ関連の話題
ツイッターでは難しい
ネタバレとか長文気味なものをここで呟いてみようかなと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魔法科高校の劣等生第21話 感想と解説と何かと

2014-08-30 15:57:15 | アニメ関連
魔法科高校の劣等生21話です

残り数話にしてようやく演出が安定して来た感があるんですが
まさかノゲラスタッフが夏休みから戻って来たからとかいうオチじゃないですよね?

このドヤ顏に深い意味はありませんw

まぁ巷ではあちらが一軍だったと専らの噂でしたがw

■バカップル再登場



論文コンペに向けた核融合炉の実験です
この辺りの内容についてはアニメで技術的説明が出て来た時に突っ込みを入れるか検討することにするつもりですが

一つだけ
原作からそうなんですが

この場では成功するのが当たり前の状態になってないのが意味不明すぎます

この手の実験は
先ず安全性が確認できてから見学できるようにして下さいm(_ _)m

個人的にはフェールセーフとか安全率って概念も学校で教えるべきだと思ってます

そして公開実験の最中
怪しい動きをしていた生徒を壬生先輩が発見します


そして桐原先輩は未だに壬生呼ばわりだということがわかりますね
この世界には基本的には奥手な感じの生徒が多いようです

個人的にはなんか名前の方が呼びやすそうなんですがこの世界には基本的には奥手な感じの生徒が多いようですね


では明らかに二人だけの呼び名っぽいシュウを使ってる(本名は修次でなおつぐです)渡辺先輩のとこは…。

悔しいので考えるのはやめておきましょうw


そして怪しげな生徒の顔もようやく明らかになりました
なかなか可愛らしい娘なんですけどね

そしてまた不用意に追いかける人達
これだけ簡単に釣れるなら囮つかって罠張ったら一網打尽なんじゃないかと思ってしまいますよね


現にダーツっぽいギミックでの攻撃はエリカのおかげで避けたものの

ガス攻撃には普通にはまるというお粗末っぷり

桐原先輩は一科生なんだからこういった特殊な攻撃に対処する魔法位完備してて欲しいものなんですが
学校内なのでCADを持っていなかったかもしれないので
壬生先輩を守れなかったヘタレ剣士くらいの称号で勘弁してあげましょうw

というかここは嘘でも桐原先輩に守らせてあげて欲しかった(;^_^A

そして追い討ちをかけようとしている所をレオがタックルで押し倒して
この場を収めます

女の子を襲ってるように見えると言われて焦るのは初心な証拠ですし

それをからかうのもお約束なんですが

この後の対処も含めて
テロ行為をした人間を取り押さえた方も悪いみたいな感覚は全く理解が出来ないんですよね

あら可愛いですねw

■平河千秋の憂鬱
このハッスルしちゃってる少女は一年生の二科生で平河千秋(ひらかわ ちあき)という娘です


言動を聞いて貰ってもわかるように
ちょっとぶっ飛んでますw

悪いことだと認識することが出来ない状態で犯罪に加担させられていた壬生先輩とは違って自分のやってることが間違ってる意識はあるようですが
ちょっと目が危ない感じですよね


この辺りの感覚が違う以上
壬生先輩には止められない訳ですね


しかも達也に一泡吹かせるのが目的なのであれだけのことをやっても
本質的には何も変わらない事も理解していたりとこの辺りの事情を聞くと
平河千秋の実際の役割についても見えてくる気がしますね

■関本先輩登場

まともに出て来たのは初ですかね
しかし疑わしきは罰せずですが
これだけ怪しい風貌だととりあえず捕まえておいた方がいいんじゃね?
って思うんですがどうなんでしょ?

しかも風紀委員なのに全く強そうな感じがないという
ちなみに風紀委員は生徒会と部活連と教職員がそれぞれ任命枠を持っていて
某森崎くんや関本先輩は教職員枠だったはずです


一番よくわからないのは
何でここで揉め事を起こそうとしたのかですね
この衆人環視の中では
エリカやレオが居ようが居まいが
そもそも具体的な行動は取れないと考えるのが普通なんですけどね


しかも更に輪をかけてわからないのが
エリカ達の捕物劇が問題になってることです
パスワードブレイカーを持っていたのも攻撃用のギミックや催涙ガスをつかったのも詳しく調べるまでもなく明らかなのに加害者側が擁護されるとかどこの日本なんだって感じですし

しかもそれを言い出すのが先日考えなしに魔法を放って下手したらその生徒を丸焦げにしてたかもしれない花音というのですから
ここまで来ると作者が千代田花音に嫌がらせをしてる説まで出てきてもおかしくない感じですよね

普通に思考能力の有る登場人物なら
例えば
「事情はわかるけど、君たちが生徒に怪我人が出た事件に関与してるという噂がたってるから、関本先輩の事は私にまかせて、今日の所は申し訳ないけど引いてくれないかな?云々」
といって収めるんでしょうけど

花音のキャラとも合わないので
この場面なら
関本先輩には
「関本先輩もご存知の通り論文コンペは個別警護の要素が強いので当人の希望で近辺の警護を決めていますので風紀委員は事前に決めた持ち場を守ってください」
エリカ達には
「同じように余計な人が居ると実験にも警護にも支障があるから見学用のゾーンでみて頂戴」
位が妥当なラインだと思うんですけどね


確かにこれだと帰宅フラグ立たないけど別に自主的に帰れば良いだけですからね

そしてそもそも市原先輩から拒絶されている関本先輩

なんかこの絵見てるとコラかと思う位不自然なキャラデザですよねw

というか普通の神経ならこの時点で護衛対象者に無駄な気遣いをさせてしまうのだから
進んで本件についての護衛任務から外れるだろうし
論文コンペの事を考えるなら競合相手がいると言うのはどちらの立場でも気を使うだろうから
本来よほどのことがない限りは
気を利かせてそもそも最初から担当を外してあげるのがある意味優しさだと思うんですけどね

物語上仕方ないのかもしれませんが
この辺りの展開の仕方が拙いのは原作のいただけない所だと思ってます

■安宿(あすか)先生活躍

安宿先生とは珍しい苗字なんですが
何か意味ありげな感じはしますよね
一応宿には百という字が含まれてますしね

実力は未知数ですが花音から病人を逃がすわけがないと言われる位の有能さを持っているようで
容姿的にもとても魅力的な感じですよね


あら可愛いですね(意味深w

逃げ出そうとした平河千秋を見事に取り押さえています



まぁ気になり出すととことんなんですが
ここで花音が
『とりあえず座らせてください』って
行きなり言うのも意味不明ですよね

逃亡しないように半分依頼したような会話で出て行った後
逃げ出そうとした人間を取り押さえているのにそれに対する感謝や感想もなく
あたかも今取り押さえて居ることが問題かのような物言い

こういった類の会話の違和感が決して多くない登場回数なのに他のキャラに比べて頻繁にみられるというのが
このキャラが嫌いな理由の一番の要素だったりします

■エリカ&レオ
空気読めない花音さんのせいで
帰宅することになった
二科生武闘派コンビですがやはり実行犯のお粗末さに気がついていたようで
特訓をすることになります

いつ狙われるか分からないなら
当座の警護を優先すべきでは?
という疑問はありますが

この辺りは
今後もあの友人の周囲ではいろんなトラブルに巻き込まれるであろう事を予感したエリカのいい意味での暴走だったと考えてあげるのが良いのかなと思います


この辺りは想像ですが原作ではまだエリカの恋心は達也から離れた訳でもない風の描かれ方が時々されてますし
レオの事を意識しつつも達也の役に立てればという感覚だったのかもしれませんね




そんな中レオには
ラッキーハプニングがありつつ
2人の関係も少しずつ変化していくようです


ここで出て来たのが原作だとエリカのお姉さんだったと思います

原作でもまだ具体的な問題や
それぞれの家族の思いなど明確になってないので評価が難しいとこですが
この格好を見ても複雑な事情が垣間見れる気がしますね




姉さんGJですw

エリカのほっぺたに紅葉を付けられながらも特訓を続けるレオに対する目が優しいですよね








実際問題として
この2人はお互い家の問題を抱えて居るのでこの辺りがクリアになっていくと急激に関係が変わりそうなんですが
まだそこまでは行ってないのかな?って感じがあったりして
この辺りも原作の続きに期待です

■幹比古&美月
幹比古は警備隊の訓練と称して
十文字先輩に扱かれる組に入っています








面白いって言ってるあなたが面白いわけですがw

古式魔法の特性が評価されてるのか
全盛期に戻りつつある魔法力が評価されたのかよくわかりませんが
幹比古の評価は高いようです

まぁ原作では大分扱かれたことになってましたけどね

しかしこれを見ると十文字パイセンの魔法には光を反射するものが含まれているようですね

この辺りの防壁は個人的には勝手に一方向のものだと思ってたんですが
これを見ると双方向に反射してる可能性もありそうですね






そして…柔道部???
このシチュエーションはよく分からないのですが
一応原作では警備隊の訓練に対してのお疲れ様的な意味合いがあって
軽い飲食物が振舞われたようです

なぜ幹比古以外は道着なんでしょ?

警備隊で駆り出されそうな部活なんて色々ありそうなんですが…。
普通にジャージとかの生徒が混ざってた方がそれっぽかったですよね?

完全に二人っきりになる幹比古と美月

ホントはこんな二人きりではなかったんですがまぁこんなリア充爆発しろ的な空気も面白いから良いんじゃないでしょうかw



そして今回のテーマであるラッキースケベ第二弾ということで






そんなこんなで
悪人さん達の出番もあまりなく終わって行きました


ちなみに目ざとい人は
気がつかれたと思いますが今後のストーリーに絡む人?が密かに描かれてましたね
こういう描き方はいいと思います
d(^_^o)

気がつかなかった人はそのうち出てくるので期待しながら待っててください

さてさてなんだかんだで終わりが近づいてきました
後数回でどう納めるのか見ものでは有るんですが今の雰囲気で最初から作っていれば今の1.5倍は売れたような気がしてちょっと残念な気がしますが
とりあえずがんばって欲しいものです





   
<<20話感想



22話感想へ>>



QLOOKアクセス解析





コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 魔法科高校の劣等生第20話 感... | トップ | 魔法科高校の劣等生第22話 感... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「なぜ幹比古以外は道着」問えば (@nsh1960)
2014-08-31 22:12:50
幹比古1人が例外で、残り制服着用の警備担当選抜のヤローどもは十文字元会頭にノックアウトされてしまったからこの場にいないのだと思います。
保健室送りなのか付属病院送りなのか絶賛放置中なのか。
壬生とデートしている桐原くんとか、エリカと自主特訓のレオみたいなカプかつ志願警備の人はここにいないのはお察しください?

それと

>人?

見直したら確かにいました。22話にも登場してますが既に名前ありキャラだったとは意外。(もしあれば)2期に登場後名前をつけられるのだと思っていた。横浜事変編ではまだ空気キャラという感想。

…千代田花音のことばかり書いたらバランス悪いし、関本勲は「顔が嫌い髪形が嫌い」だからみんなしてひどい扱いにしたと主張するのも非理性的なのでがまん。
Re:「なぜ幹比古以外は道着」問えば (salad27)
2014-09-01 21:13:19
@nsh1960さん

ありがとうございますm(_ _)m
>人居ない?問題
もし幹比古以外は来られない状態だとしても疑問が残りますよね(;^_^A

後からみんな来る→始めるの早い

今日はもう来ない→そもそもこんなとこでやる必要ない

結局どういう状態なのかは正確にはわからないとするしかないみたいですねw

>22話に登場
どこまで絡むのかは特には明言して居なかったとは思いますが

と思ったら22話のオープニングでいきなり出てきましたね
この出方、キャラデザ、CVとかからどのくらい絡むのかは類推してみるといいかな
というかこれ結構がっつり出てませんか?

まぁ空気キャラに見えるのも理解できるところはあるのでこの辺りも2期があるならそちらに期待ですかね?

ちなみに名前はP94という型番から来てるのでこの時点でこれを名前付きと言っていいかどうかというのはすこし疑問が残るとこだったりします

この辺りの機微も2期か原作をという感じなのがもどかしい

>扱いといえば
関本先輩については
キャラデザが先ならわかるんですけどねw

千代田花音については完全に個人的な好みの問題ですw


コメントを投稿

アニメ関連」カテゴリの最新記事