霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

変わって行く自然界

2019-07-30 17:51:57 | 自然観察

 我が家にある図鑑の一部ですが、一番古いのが1970年代の山の植物。

高山植物から植物の名前に興味が湧いてきて、最終的には地元の植物。

ところが地元の植物の内一番目に付きやすい草の物は、とんでもなく入

れ替わりが激しいです。

それと外来種が非常に多くなって、今まであった在来種が目につかなく

なって来ました。

最近の図鑑には在来種と外来種が数種類あって、まったく同定は大変で

す。

それと、混血のような種もあってこれまた大変です。

東京オリンピックが来年開催されて、浮かれている人も多いようですが

全世界の植物が同じような種になるのも、そんな遠い未来ではないよう

ですね。

ま、植物や動物の種が多いのも今の内かな。。。

上の図鑑が孫たちにとって過去の動植物だって事が無いように。

コメント   この記事についてブログを書く
« よそ行きの顔の富士山 | トップ | 夏本番! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事