霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

盛夏の西臼塚公園

2019-08-12 11:47:48 | 自然観察

 久しぶりに富士の西臼塚公園にでかけました。

東側の駐車場は富士山登山者用の駐車場になっていて、ここから水が塚公園まで

シャトルバスが出ています。

空いている西側の駐車場に車を入れました。

ここは標高が約1300mあって、下界より非常に涼しいです。

のんびり大宮林道を歩いて、いつもの一番奥の分岐から西臼塚に向かいます。

シカが多くなって冬季に大量捕獲を行っているので、管理をしなくなったようです。

林道は最近補修を行ったのか、路面に無軌道の軌跡がありました。

 

昔のカエデ広場周辺は、使われなくなったテーブルとイスが沢山あります。

だけど、古い人間にはこの方が合っていそうです。

ここは、昔からの植林が行われなかったようで、古い植生のままの様です。

 

カエデ広場からモミ広場に高度を上げると、細道の上部は針葉樹の植林地になって

その中に、古い切りカブが残っています。

こんな樹木が生い茂っていた富士山の標高1300m程の場所。

今よりはるかに林生が豊かだったのでは。。。

地球が温暖化されると、この針葉時はどうなるのかな。

温暖化の影響は間違いなく草本類から始まって、木本類が変化する時には少し後の

ようですね。

 

花の開いたシシウドにアブが止まっています。

 

 車に戻ってビックリ。

周りは富士登山に向かった車で一杯です。

ナンバーを見ると愛知県や東京都が多く、近場からのお客さんのようです。

水ヶ塚公園からのシャトルバスの乗客を見ると、家族連れが多いです。

 帰り道には富士山がしっかり見えていました。

今年の富士山は、登山者にとっては登り易い天候が続きます。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« エンジンの55年前。。。 | トップ | トコトンやさしい光合成の本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事