霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

発端城山から葛城山

2019-04-29 07:29:55 | 自然観察

 朝から天気が良い日は、人力で近くの山に出かけます。

今日は狩野川を遡って大仁の蜜柑園の上に自転車で出かけます。

振り返ると富士山は冬季の様に、雪に覆われていました。

火山帯が宝永火口に向かって並んでいます。

 昨日から五合目までの通行止めが解除になりましたが、今日は混んでそうですね。

 伊豆長岡の公園から狩野川の堤防に向かいます。

行く手に城山と葛城山が見えています。

 

 今年初めてテナンショウ属を見ました。

 

 正午過ぎに発端城山に到着です。

山頂には誰も居ませんでした。

 

 山頂には、春の蝶が舞っています。

昆虫も冬をそのまま越したものや、卵で越したものなど色々です。

これは今年孵化した個体の様で、若々しい体が眩しいです。

 

 この山の展望は日本の3000峰が多く見えます。

それも海抜0mから、、。

山には昨日降った雪がうっすら積もって、冬のようです。

後ろの箱根の神山や駒ヶ岳がうっすら白くなっています。

樹木も春の色で、若葉が色んな緑で綺麗です。

もう少しすると緑が同じ一色になってしまいます。

今の時期は沢山の緑色を楽しめます。

 

帰りにロープウェイの架かる葛城山に立ち寄りましたが

こちらは観光客で満員です。

同じ山域でも性格が全く違うので楽しいですね。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 孫の初節句 | トップ | 強力伝 表富士遭難 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事