霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

電気自動車の日本車の展望

2019-09-18 20:12:13 | 日記

 今日本では東京オリンピックで報道関係がいっぱいいっぱいですが、

世界の動きとしては間違いなく電気自動車にシフトしています。

中国やアメリカ、そしてヨーロッパ諸国。

国が音頭をとって、電気自動車に向かっています。

ネックは電池。。。

自動車メイカーより電気メーカーの方が主導権があるようです。

航続距離も150㌔も走れれば充分で、家庭電器の100vから充電できれば

良いのではないのかな。

日本の自動車の使い方も昔と違ってホント近距離です。

ガソリン車と同じ性能を求めるなんて、チョッと頭がおかしいです。

どこかで妥協しないと前に進みません。

世界ではもう今の電池の倍や4倍の高性能の物が作られているかもしれません。

その時になったら電池を作った所が、今後に自動車業界を引っ張って行きそうです。

トヨタや日産はあくまで自動車組み立て工場になって、電池メーカーの支配下にお

かれそうです。

長距離走る車はガソリンで、近距離の軽自動車等は電池になるのが、近未来の感じ

ですね。

頑張れ、日本の電池メーカー。

が、超高性能の電池が出来たら、なんか兵器になりそうで少し怖いです。

コメント