化粧品の成分おたく さえぽんの日記 (2017年7月化粧品成分検定1級【上級スペシャリスト認定】所得しました)

毒判定 1~3 ①★の時天然エキス等CAS有
天然×天然素材合成☆彡
or
天然×石油合成?成分名だけでは不明★①

新型コロナ 随時更新 国別 1億人換算 PDFデータ&グラフ

2020年08月03日 00時18分13秒 | 新型コロナ 増加 グラフ

ブログサブページ 2020年 コロナ増加グラフ | hairsalonpapas-com

グラフ&データ元は上記ホームページより確認をいただけます。

 感染者(棒グラフが増えて、死者(折れ線グラフ)が増える。

イメージがわかりやすいように重ねてみました。

20200801 イタリア 感染者・死者数 共に減少

     アメリカ 感染者 増加・死者数減少

     ブラジル 感染者・死者数 共に増加

     日本   感染者 増加 死者数 増加気味

     中国   感染者 増加気味 死者数 無

     韓国   感染者 増加気味 死者数 増加気味

欧米とアジアでは増加数に数十倍以上の違いがあります。

増加・減少で示しましたが、国ごとのここ数カ月比のイメージです。

日本は感染爆発中です。

死者数も増えているものの、緊急事態宣言前後と比較すると、緩やかな増加傾向です。

今後どうなってゆくのか・・・・?

20200722、:4月末緊急事態宣言発動時より感染者は増えています。

年齢層が高い方の感染が増えれば、死者数が増加すると思われます。

高齢者がアビガン等の治療薬の服用で、死を回避出来るようなら、

死者数を指す折れ線グラフはこのまま上昇しないのかもしれません。

(アビガン)投与は、今後、子供さんを持つ若者にはリスクもあるそうです)

新型コロナ 国別1億人換算 増加人数・死者数グラフ

20200401 アメリカが激増の為 グラフのまとめ方を変更します。見だしグラフ 感染増加人数&死者人数(統計数)

グラフ上 国別感染増加数  一億人換算(中国・韓国・日本)(イタリア・アメリカ)

グラフ↓  死者増加数   一億人換算(中国・韓国・日本)(イタリア・アメリカ)

(中国のデータは正しい統計ではない可能性を指摘されています)

20200403 追加グラフ

感染者 国別の1000人超えてからの経過日数推移を追加しました。

10日後の日本の推移は?

20200404 国別の感染者1000人越え後の経過推移+死者20名越え後追加推移位ページを増設します。

都会を封鎖するなら、地方に動く人の把握をしないと、イタリアは首都ロックダウン前に、自分は大丈夫だと思っている人の

お気軽大移動が全国に広がった要因とか・・・・・。

息子の仕事が休みになったら、公共機関は使わない様に迎えに行って、解除するまで3週間は実家に自宅待機してもらいます。

←栄養摂取が心配なので。→愛知は緊急事態制限が出ていませんが、静岡に来させるのは危険かな・・・・・・。←愛知で過ごしてもらいます。

20200405 非常事態宣言無でピークを過ぎた韓国のデータに近くなりました。

ここから日本が増えてしまうのか?抑えられるのか?

国と都道府県民の考え方で変えられそうです。

20200508 非常事態解除後の5月9日韓国クラブにてクラスター発生のニュース。

日本も沈静してきているものの、まだ0ではない。出口はどんな形で収束できるのか。参考データになると思います。

データ元

日本経済新聞

新型コロナウイルス 世界マップ

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

(20200328アメリカ 感染者増加データ⒈ヶ月に逆登り大幅改正が有り。

20200328日本 感染者増加データ3日間に逆登り改正有り。

→日本経済新聞のコロナマップに合わせデータを改正しました)

20200329 21:00 日本はNHKデータ参照 アメリカは更新無し→明日変更します。

20200330 23:00  日本はNHKデータ参照 アメリカは坂のぼり死者数が大幅に変更されたので更新しました。

フォトチャンネルを設置。変更前グラフはご確認いただけます。

20200331 23:25 日本はNHKデータ参照 アメリカは最新の情報は30日の様です。後日変更されたら数値を入れ替えます。

20200401 22:30 アメリカが激増の為 グラフのまとめ方を変更します。見だしグラフ 感染増加人数&死者人数(統計数)

グラフ上 国別感染増加数  一億人換算(中国・韓国・日本)(イタリア・アメリカ)
グラフ↓  死者増加数   一億人換算(中国・韓国・日本)(イタリア・アメリカ)
(中国のデータは正しい統計ではない可能性を指摘されています)

20200402 アメリカ3/31~4/1のデータ変更有←世界マップ

20200403 アメリカ4/11~4/2のデータ変更有 日本4/2データ変更有 ←世界マップ

リンク先にデータ元 追加 (ブログサブページ 2020年 コロナ増加グラフ | hairsalonpapas-com)

蓄積人数のページ

感染者1000人超えてからの経過日数推移を追加しました。

20200405 アメリカ・日本はデータが1日遅れます。

5日は確定データではありません。変更され次第修正します。

20200406 日本のデータはNHKの集計を反映しました。(0405.0406日分)

アメリカは統計数字が不明の為、記事を参照にした推測(自宅で亡くなっている人が毎日数百人居るが、数字に反映されていない。)


20200407日本のデータはHNKの集計を反映しました。

20200408日本のデータはNHKpm11時代の最新を反映しました。

感染者は1週間で倍に増加しました。死者は今のところ穏やかです。

20200409 日本のデータはNHK。アメリカは予測。

目次を死者20名超えてからの国別グラフに変更しました。

HPデータ元 PDFは週に1度ペースで変更します。

20200410 日本のデータNHKは1日に4回位更新があるみたいです。最終がPM11時半前後 本日も更新を待っている。

20時のデータでは6002名の感染になっていた。恐らく最終は6100名位になっていそうな・・・・・。

⇒6184名 死者は120名(前日から12名増加)

感染者1000名を確認後、検査が足りないと言われる中で、

韓国よりも急カーブの曲線で増加をしています。⇒爆発的増加の兆しです。⇒医療崩壊に繋がる・・・・・・。

死者増加数は今のところ、5か国中⇒20名を超えてから⇒人口1億人換算で計算結果は、最も少ないです。

11:30過ぎ迄データの更新を待ってみた。←更新されない。記事の更新は明日にします。

死者数は今のところ急激な変化とも言えない。

いつ終息をするのだろう・・・・・・。

20200411 感染者 死者共急増しています。

日本の増え方は、韓国のピーク時の感染者数に追い付いていますが、曲線の形は、欧米に近いです。

20200412 東京で確認された院内位感染者のデータはまだ反映されていないと思いますが、13日正午まで感染者数の訂正は有りませんでした。

13日の感染者数が急増するのかもしれません。

アメリカの当日は推定人数を当てていますが、大差ありません。(後日遅れで修正をされた数字を反映しています。)

20200413 23:42分現在 日本:各地で院内感染が確認されていますが、全体としては感染者数を制御出来ている?急激な増加にブレーキがかかったのかもしれません。

アメリカ:アメリカの当日は推定人数を当てていますが、大差ありません。(後日遅れで修正をされた数字を反映しています。)

韓国:一度改善した方の再感染の確認が110名を超えたようです。新規感染は25名と記載有。 コロナマップでは更新がされていなかったので、(初めて遅れています)

記事を参考に記載しました。変更があれば明日修正します。

20200414 

日本:本日はNHK22時のデータを記載しました。(まだ増える様なら明日訂正します)

12日の院内感染の検査結果が出たのか、日本の感染数は上昇。1日の死者数も本日は多かったです。

アメリカ:アメリカの当日は推定人数を当てていますが、大差ありません。(後日遅れで修正をされた数字を反映しています。)

韓国:韓国のデータは逆算でビンゴでした。本日も記事から逆算して記載しました。

20200415 

日本:NHK22時のデータを記載。

アメリカ:統計が1日遅れで反映される為、当日は推定人数を当てていますが、大差ありません。(後日遅れで修正をされた数字を反映しています。)

韓国は本日も更新無し、記事を参考に記載しました。

20200416

日本:NHK21時のデータを記載。
アメリカ:統計が1日遅れで反映される為、当日は推定人数を当てていますが、大差ありません。(後日遅れで修正をされた数字を反映しています。)
韓国:本日も更新無し、記事を参考に記載しました。

20200417 :中国と韓国の一日の感染者数、死者数は随分安定してます。

⇒中国は数字が定かでは無いという見方が大きい。

⇒韓国は同じ人の2度目の感染者が急増している。124名

なのに穏やかな増加。一人でも感染者が要れば、そこそこ増えそうですが、

免疫が付いた方が多いと言う事でしょうか?

日本⇒着実に急増中 1000名超えてからの感染者のカーブにブレーキがかかりません

アメリカ⇒急増中

イタリア⇒足踏み増加中

20200418

中国のデータが修正されたため、数か月分の誤差が2020年4月18日のデータとして増加しています。

韓国の2度目の感染者は160名を超えました。⇒感染者としては増加されていません。

日本は・・・・・。1日の増加は1週間平均500名程度が続いています。

         1日の死者は先日から1日10名以上です。

明日にはトータル感染者数が韓国を抜くと思われます。

本日PDFを差し替えます。

20200419 感染者数・死者数は共に韓国を抜きました。(1億人換算は半分弱です)

20200420 中国・韓国がマップデータでの更新が遅くなったため、随時更新される各国データを反映しました。

20200425 やっと、新規感染症数が減少し始めました。死者は多いです。

全国で抑えてゆかないと・・・・・・。

20200427 ベトナムは日本より1カ月早く、入国制限は徹底的に規制。

日本は平和で過ごす時間が長すぎた。

政府もですが、初動、国民に危機感が伝わらなかった。

やっと感染者が減ってきてはいますがまだ連日200名以上。

死者は増え続けています。

20200429

イタリア 4月24から死者数の変更有 日本経済新聞 コロナマップに沿って訂正しました。

日本の死者は連日20名以上続いています。

本日1億人換算死者数で中国を抜いてしまいました。(中国の数字が正確なら)



20200430 4月30日データより、ブラジルを追加しました。

ブラジルは、知事により外出規制されているようですが、

大統領は、規制の意思がありません。経済をとめず、

全体の6割以上に感染し、集団感染の原理に基づき解決させる方針です。

ブラジルではBCG接種国の様なので、条件は多くのアジア圏と同じです。

既にアジアグラフに入れると、他のデータが少数過ぎてしまいます。

欧米 イタリア・アメリカグラフではまだ少なく見えますが、

今後どんな増え方をするのか・・・・・。

不適切な言い方ですが、とても興味深いです。

0502 日本死者数が日を追って増えています。欧米に比べれば2桁低いですが・・・・。

 ブレーキがかかって欲しいです。

0503 規制がほぼ無いブラジルの感染者・死者の増加はアジア圏と同じグラフ内では収まりませんが、

イタリア・アメリカと比べると穏やかです。 ブラジルはBCG接種国。接種率は87%。

やはりBCG接種と重症化の関係は有りそうです。

0504 中国の感染者数と死者数が減りました。

多分……中国国家衛生健康委員会が2020年3月度のデータ発表した上での帳尻合わせなのかな?

上5月3日の記録

下5月5日の記録




 20200507 日本は感染者数・死者数が下降してきました。

今後の行動で変動すると思いますが、早く収束出来ることを祈ります。

0508  BCG接種国のブラジル(経済優先国)が

    BCG接種無しイタリア(ロックダウン有)

毎日の感染者数・死亡者数をブラジルが抜きました。

PDFデータ 更新しました。

20200511 感染症(日本・中国)統計を別ページで随時更新します。

20200513 経済優先、強固な規制なしのブラジル。国民の大多数がBCG接種をしている。

BCG接種国のグラフに入れたら数十倍の感染者・死者数ですが、欧米 BCG無接種国の中では穏やかな増加に映ります。

20200514 イタリア死亡者数。大幅な増加有り






20200515 イタリア死亡者数訂正有

打ち込みミスだったようです。

私のデータも訂正しました

興味深い資料として

中国の感染症データ2019年~2020年を拾い上げてみました。

コロナ感染者数が捜査されてもわからない程、例年感染者数が桁外れでした。

0516 中国2派感染が報告されていますが、数字は穏やかな増加。

情報が混乱しているのか?情報隠蔽何のか?

0520 感染者・死者数共にアメリカがだんとつに多いのは変わりませんが、

1日毎の増加人数はブラジルがアメリカを超す勢いになりました。

0524 中国は第2派が訪れたと報道があったが、一向に数字は反映していません。

  ブラジルはアメリカとほぼ同じ増加数が続き始めました。

0526 ブラジル一気に増えてます。

BCG接種国の中では、明らかに桁違いの増加。

規制したらどうだったのかしら?



20200602 イタリア・日本の死者数はやっと減少傾向になってきました。

     ブラジルは急増加進行形です。

20200606  6月4日からブラジルの感染者データが更新されなくなりましたが、

本日更新を確認できました。

202006010  ブラジルデータ7日よりまた更新されず、10日更新確認できました。

20200612 海外から、日本の死者数が少なすぎる。ワクチンを隠しているのではないか?という声が上がっていると言う記事を見かけました。

それを言うなら、中国・韓国。

途中から大幅に死亡率が下がっています。

日本の死亡率はアジア圏では高い方では?(中国に隠ぺいが無いのなら)

血栓治療が効果的とか?

20200615 アメリカの感染者・死者数が3月1日遡り変更。修正作業完了しました。(誤差が修正された感じです)

イタリアは山を下るグラフになってきましたが、アメリカ・ブラジルは依然増加続けています。

20200623 0618日→日本の死者の情報に訂正がありました。

ブラジルの増加率はアメリカを超えています。

20200626 アメリカとブラジルは感染が止まりません。

イタリアのデータ混乱中有り。

24日の死者数計より25日計が減少?そのうち修正があると思います。





アメリカの感染者数下ったと思ったら、

規制解除でまた山を登りだしました。



イタリアの感染者数



因みにブラジルは着実に山を上り続けています。




20200701 日本は緩やかに感染者が増加しています。
イタリアは感染者増加は落ち着いてきています。

20200705 イタリアの死者数は一桁まで落ち着いてきました、

人口比率では、アメリカやブラジルより死者数が多いイタリアですが、

アメリカ・ブラジルは未だ感染拡大をしています。死者数も毎日数百名。

人口比率の死者数は今月末にはイタリアを抜く勢いで、感染者も収まる気配が見られません。

日本は感染者はぶり返して増えていますが、若者の感染者が多い事もあるのか、死者数増加は数名と落ち着いています。

20200719 中国のデータは4月以降が消えていました。






データは7月14日迄記録を残したもです。

ブラジルは人口当たりの換算値ではアメリカを抜いています。

日本は緊急事態宣言時と同等の感染者数ですが、若者の感染者が多いので、今のところ死者はそんなに多くありません。

但し感染経路不明の感染者には高齢者も居ます。このままでは2週間後の死者数は鰻登りの可能性が高いと思われます。

20200801 イタリア 感染者・死者数 共に減少

     アメリカ 感染者 増加・死者数減少

     ブラジル 感染者・死者数 共に増加

     日本   感染者 増加 死者数 増加気味

     中国   感染者 増加気味 死者数 無

     韓国   感染者 増加気味 死者数 増加気味

欧米とアジアでは増加数に数十倍以上の違いがあります。

増加・減少で示しましたが、国ごとのここ数カ月比のイメージです。

日本は感染爆発中です。

死者数も増えているものの、緊急事態宣言前後と比較すると、緩やかな増加傾向です。

今後どうなってゆくのか・・・・?

日本インフルエンザが昨年の半数以下です。

これもまとめてみました。

免疫力の弱い方は、インフルエンザもかかりやすいい。重症化しやすい。

今年はインフルエンザ感染者・死者が減った分、コロナウィルス死者が補われている様な数字が興味深い。

https://blog.goo.ne.jp/sakusakusaepon/e/4c3183aad73f34cea76944cf179efda4

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 市内でクラスターが出た浜松... | トップ | 随時更新 新型コロナウィル... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エリコ)
2020-04-10 10:08:34
こんにちは。
やはり公共機関での移動は危険ですよね(*_*)
もうすぐ息子が四国に移動せねばならないと思うのですが、電車で行くつもりの息子。
折角いま、家でずっとおとなしくしているのに意味が無くなるのではないかと思っていました。
このまま汚染されないまま着いて欲しいので、送って行くのが懸命なような気がしているのですが…。
Unknown (sakusakusaepon)
2020-04-10 11:01:21
交通機関は危険だと思っています。
送ってあげてくださいね。
私は社会人の名古屋の息子に、気を受けてと言うしか無くなりました。電車に乗ったら直ぐお風呂入って頭を洗うように位かな……💫

新型コロナ 増加 グラフ」カテゴリの最新記事