波乗り占いブログ(中国式四柱推命)          

ハワイのサーファーみたく乗れりゃいいけど、、
とりあえずは、嵐の日は海に出ないあたりのことから、、。

2017年 日干・丙丁の運勢

2016年11月29日 | 占い

 来年は丁(火)の年なので、日干が丁(火)の人にとっては、火に火を注いで、炎が増し増しで、キャンプファイヤーのような年に。丙(太陽)は、太陽の横で、炎が燃えていても、あんまり関係ない、影響がないということになります。

 甲(木)もそうですが、木が二つで林とか、火が二つで炎のような、自然な増え方をする干関係は、素直に威力が倍増していきますが、(丙)太陽に(丁)火のような関係が結びにくい干関係は、影響が複雑化します。全く影響がないわけではなく、風が吹いて桶屋が儲かるのたとえがあるように、些細な影響からだって、何らかのひずみは出ます。

 こういった行運のときは、もともと命式には干が4つあるので、他の干にも、特に注目しないと、運勢の良し悪しが当てにくい年にもなります。

 丁が日干の人は、すごく良い運勢か、すごく悪いに、別れがち。今年、わりとついてた人は、来年はもっとラッキーに。今年、良くなかった人は、来年もっと厳しい環境になるかも知れません。丙の人は少し推測しずらいですが、丙が日干の人で、今年不意を突かれて、翻弄される出来事があった人は、来年は収束に向かいます。

 日干が丙か丁の人は、比劫の年になりますが、比劫は良きにつけ悪きにつけ、気が強くなって押しの強い年になりますから、あまり人に押しつけがましくならないようにしないといけません。

 もともと、すごく気の弱い人にとっては、ちゃぶ台返しや、人の胸倉を掴める、10年に一度のチャンスになるかも知れず、好きなように荒ぶってみてね、と言いたいですが、普段から強気なひとは、無駄なケンカはしない方がいいです。自分で自分の首をしめがちなのです。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年 日干・甲乙の運勢 | トップ | 2017年 日干・戊己の運勢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

占い」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事