桜谷慎一の STRATEGIC REVIEW

デザイン、アート、テクノロジー、インフォメーション。『情報を構造化する』仕事の源泉

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリエイター支援プロジェクトHIGH-TIDE

2006年06月06日 | interested ?
クリエイターの投稿作品を、スクリーンセーバーとしてみんなで鑑賞するプロジェクト『HIGH-TIDE』を立ち上げました。

これは、スクリーンセーバーに情報を配信する技術”M/acute”を応用し、クリエイターに自分の写真、イラスト、映像、アニメーションなどを発表する場を用意し、それをクリエイター同士で鑑賞しあおうという目的で企画しました。

HIGH-TIDE
http://www.high-tide.jp/

HIGH-TIDEスクリーンセーバーを一度インストールすれば、そこに投稿作品が次々と表示されるので、何度もインストールする必要も他の操作も一切必要ありません。
投稿作品はSWF形式なら何でもOKです。
自己PRのために自分の作品を投稿してもらえれば、それがスクリーンセーバーとして大勢の人の眼に触れることになります。
参加の仕方や作品の作り方の詳細は『HIGH-TIDE』のサイトに書いてありますので、参考にしてください。

情報配信の仕組みについては、こちらもどうぞ。

M/acute
http://www.macute.com/

クリエイターのみなさんの参加をお待ちしています!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Windowsの優勢は本当に続くの... | トップ | 6月29日銀座アップルストアで... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この技術 (terro)
2006-06-09 17:52:16
いろんな展開が可能になる技術ですね~。

すばらしい。

うちにはクラブVJがたくさんいるので、そんな抽象作品がいいんでしょうね。

僕が教えている生徒たちにも勧めてみます。
投稿お待ちしてます! (さくらや)
2006-06-10 21:45:52
コメントありがとうございます>terroさん



スクリーンセーバーがテレビのような感覚で、いろんな情報が流れてくるのですよ。

HIGH-TIDEスクリーンセーバーをインストールすると、サンプルとしてAppleのiPodのCF映像が見られます(ちなみにこれはクパチーノへのデモ用につくったもの)。こんな風に映像まで流せてしまうので、いろんな可能性があるのです。あとは使い方次第!

コメントを投稿

interested ?」カテゴリの最新記事