おとたまとおいしいもの探し

おいしいものを紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロイヤルインカンクンでの休日(その2)

2010年05月05日 | 日記
カンクンでの2日目は7時起床で始まりました(と言っても、実は私は夜中の3時におなかがすいて起き出し、ぐっすり眠っているおとたまを起こさないようにこっそりとコーヒーを淹れ、ターンダウンのときにもらったチョコ菓子とミニバーにおいてあったシリアルバーでおやつタイムを楽しんだのですが…)。
おとたまも私もすっきりとした目覚めでした。ロイヤルのベッドマットは普段使っているものよりも柔らかめでしたが、からだのどこかが痛んだりするようなことがなく、よく眠れました。今回の部屋のカテゴリーだと枕も5種類から選べ、私はいつも使っている枕とよく似た低反発枕(固め)を選んだので、私のからだに合った寝具で眠れたということでしょう。

二人ともおなかがすいて目が覚めたようなものなので、すぐ朝食にでかけました。行き先はビュッフェレストランのスパイスです。入り口で部屋番号を告げてテーブルへと案内してもらい、飲み物をもらってからビュッフェ台へ料理を取りに行きました。私たちはオレンジジュースとコーヒーをお願いしましたが、なかには朝からワインやカクテルのかたもいらっしゃるようでした。
ビュッフェの品数は多めです。コールドミールはスモークサーモンや各種ハム・チーズ、トマトなどの野菜に加え、メキシコ名物のワカモレとサルサソースの添えられたナチョスがありました。私はナチョスが大好きなので、かなりの量を頂いてしまいました。ホットミールも充実していて、牛・豚・鶏肉料理が各一種類、ソーセージのソテー、野菜のソテー、卵料理のほかに、メキシコ料理の豚肉のスパイシー煮込みや(なんと言う料理かわからなかったのですが)竹皮でつつんだものをソースで煮込んである、初めて見たメキシコ料理もありました。さらにオープンキッチンでは定番のオムレツやワッフルのコーナーのほかに揚げたてドーナツ、フレンチトースト、パスタのコーナーがあります。デザートとしては苺、スイカ、メロンなどのフルーツとカスタードプディングが目立っていました。ほかにも、シリアル、各種ブレッド、ヨーグルトなど、品数が多すぎて、心の中でうれしい悲鳴をあげていました。そうそう、日本食はごはん、味噌汁、豆腐、巻き寿司がありました。がりとわさびも用意してありますが、とても色鮮やかなのでちょっとびっくりしました。

おとたまもわたしもお皿3枚分もいただいてしまいました。
おとたまはフルーツをたくさんと、ワカモレとホットミール少々、そしてカスタードプディングをたっぷりとってフルーツとホイップクリームで飾り付けたものを幸せそうに食べていました。私はスモークサーモンとクリームチーズ、ナチョスが大好きなので、それらを多めに取り、他にホットミールを少しずつ頂きました。そして最後にパンケーキを焼いてもらってメープルシロップをかけ、フルーツコーナーの苺とホイップを飾ったものを頂いて、ごちそうさまをしました。

おいしいものをたくさん頂けて、まんぷくりんで幸せでした。
コメント

ロイヤルインカンクンでの休日(その1)

2010年04月29日 | 日記
4月の下旬に休暇をとって、おとたまとカンクンに行ってきました。4泊6日の短い旅行でしたが、カリブの海を満喫してリフレッシュして帰ってくることができました。
画像

午前11時30分成田発のダラス・フォートワース行きの便で出発しました。11時間のフライトです。ダラス空港に到着したときには、さすがにだるくぐったりしていました。入国審査や荷物検査をしてからカンクン行きの便へ乗り継ぎました。カンクンまでは2時間ほどかかり、現地時間午後2時に到着。ここでも入国審査と荷物検査をして、現地係員さんと合流しホテルへと向かいました。
今回のホテルはロイヤル・イン・カンクンです。この旅行ではホテルでのんびりすることが目的だったので、オールインクルーシブで評判のよいロイヤルを選びました。
ホテルに到着するとウェルカムドリンクのスパークリングワインがサーブされ、それを頂きながらチェックインの手続きをしました。ホテルの説明を含めた手続きは日本人コンシェルジュのMayさんがしてくれました。日本人コンシェルジュはMayさんを含めて2名いて、日本人宿泊者がいる日には極力出勤するようにしているとのことでした。
チェックイン完了後、部屋に向かいました。部屋のカテゴリーをロイヤルジュニアスイートオーシャンビューにしたので、6階の部屋になりました。眺めは最高です。この海の色を見ると、20時間近くかかってきたかいがあったと感動します。
そして部屋で荷物をひろげたり、ミニバーの飲み物を頂いたりするうちに午後6時を過ぎ、おなかもすいたのでカリビアンフレンチのMariaMarieに行きました。私はオマール海老のビスクスープとドーバーソールのソテー、おとたまは前菜としてカリブ風のサラダ、メインにスナッパー、デザートにクレームブリュレを注文しました。
こちらのお料理は期待以上においしかったです。私は普段塩分控えめの味付けなので少し塩がきついと感じましたが、おとたまは問題ない塩加減だと言っていましたし、ワインをいっしょに頂くならさらに問題ないくらいのしょっぱさでした。ポーションも日本のフレンチレストラン並みで、前菜だけでおなかいっぱいになるといったことがありません。
満足して部屋に帰り、疲れていたのもあって午後9時前には眠ってしまい、一日目が終了しました。
コメント

スコーン焼きました

2010年02月14日 | 料理
♪♪♪ まずはお礼を述べさせてください。前回のル・クルーゼの記事と鯛茶漬けの記事にブログ気持ち玉を頂きました。とってもうれしいです。本当にありがとうございます。 ♪♪♪

昨年中はおとたまお気に入りの朝食はホットケーキでしたが、年末にヴィエイユ・ヴィーニュでアフタヌーンティーを頂いてから「スコーンもおいしい!おうちでも食べたい!」ということになり、よくいただくようになりました。
はじめのうちはお店で購入していたのですが、日常的に購入するには少々お高いのと、好きな具を入れたいという希望があって、自分で作ることにしました。
購入してお気に入りとなったキィニョンのスコーンが生クリームを使って作られており、温めて食べるとしっとりしてとてもおいしいので、私もバターの代わりに生クリームを使って作るレシピで作りました。
画像


今回混ぜこんだ具は、くるみ、干しぶどう、セミドライの白いちじくです。タカナシ乳業の北海道純生クリーム42を使ったおかげかとても風味がよく、焼きたては外がかりかり、中はしっとりで、初めてにしてはよく出来たと思います(もちろんキィニョンさんのスコーンには及びませんが…(笑))。しっとりといっても、スコーンだけ食べると口の中の水分が奪われてしまうので、クロテッドクリームをつけて食べる方がよかったです。甘さは控えめなので、用意したジャムともよくあいました。次回は抹茶を混ぜ込んだり、サツマイモやマロンクリームを混ぜ込んだりと、具に工夫をして作ってみたいと思います。

コメント

キッチンのニューフェイス・その4

2010年01月24日 | 料理
キッチンに新しい鍋がきました。ル・クルーゼのセンセーションライン(直径20センチ)です。
画像

画像


蓋の裏にある突起で蒸気を集め鍋の中で水分を循環させるという特長を持つこの鍋は、数年前に廃盤となってしまい暫く見かけなかったのですが、私のよく行くスーパーマーケットの雑貨売り場に突然現れました。実は我が家は直径24センチのココット・ロンドと直径18センチのマルチファンクションを購入ずみであり、他に圧力鍋もあるので普通なら購入しなかったのですが、とても魅力的なお値段がついていたのでついつい購入してしまい、自宅までかついで持ち帰ったのでした。
そして早速使用。たらこめしを炊きました。
画像

といだお米を昆布と共に30分水に浸してから、醤油、酒、ぶつぎりにしたたらこ(またはめんたいこ)を加えて、普通に炊けばよいだけの簡単炊き込みご飯です。たらこのぷちぷちがアクセントになっていて、おいしいです。コクがほしいときにはバターを加えていただきます。センセーションラインで炊いたせいか、いつもよりふっくらと柔らかめに仕上がりました。今後うちのごはん炊き用鍋として活躍してくれることでしょう。
コメント

天香回味でランチ

2010年01月20日 | おひるごはん
寒い日が続きます。友人と電話で話していて、「からだがあったまって滋養になるものを食べたいね。」ということになったので、天香回味の玉川?島屋S・C店で薬膳鍋を頂いてきました。
天香回味のお鍋には二種類の薬膳スープが入っています。ひとつはカレーのかおりがする辛いスープ、もうひとつは少し白濁した辛くないスープです。鍋の具は、豚肉、キャベツ、青梗菜、きのこ、さつまいもなどで、しめにごはんかクロレラ麺を選ぶことができます。どちらのスープもおいしくて、私は煮えた具を頂きながら、かなりの量のスープも飲んでしまいました。おかげで、食べ終わった時にはからだがぽかぽかして顔もまっかになっていました。ごちそうさまでした。
コメント