理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

『兄は北朝鮮を「開国」させる』金正恩の妹・金与正から見た米朝会談。

2018年06月22日 00時00分00秒 | お友達ブログ.SNS.土佐のくじらさん他

幸福の科学高知 なかまのぶろぐ ばくちゃんの記事です

『兄は北朝鮮を「開国」させる』から見た米朝会談。

2018-06-20 https://blog.goo.ne.jp/rokochifukyosho/e/fbbab0a3d075fee5260f17f4401f3ff6

5月12日に行われた歴史上はじめての米朝会談では、

アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩氏を褒めていたところが、世界や日本を困惑させました。

そんな中、幸福の科学では、北朝鮮の№2、実妹の金与正氏の守護霊霊言が収録され、「北朝鮮の開国近し」という、

思いがけない道筋が見えてきました。

私はまだ手に入れておりませんが、金与正氏守護霊霊言は、その内容の重要さから、幸福の科学出版より緊急出版されております。

このこと、今の世論の中において、「北朝鮮の開国近し」と論じることは、欲得やわが身可愛さでは言うことはできません。

保守からも、左翼からも敵視される論かも知れず、かなりリスキーな言論です。

これはまるで、幕末期に、土佐藩の山内容堂公による大政奉還建白書の、幕府への提出を提言した

坂本龍馬先生のごとき生きざまです。

幕末のヒーロー坂本龍馬先生は、大政奉還を提言することにより、幕府からも薩長からも疎まれる存在になりました。

信者として、大川隆法幸福の科学グループ総裁をお守りするべく、精進を誓います。

金与正氏守護霊霊言だけでなく、日を開けずに、故チャーチル英国首相、キッシンジャー元米国務長官霊言が収録されました。

多角的に、グローバルに霊的知見を集め、今後の指針を与えようと、大川隆法総裁はお考えなのでしょう。

江戸城無血開城が成ったのも、薩長が本気で「江戸を火の海にしてもやむなし」と、倒幕に向けて軍事行動を

起こしていたからこそ、結果的に江戸は無血開城したわけです。

大川隆法総裁は、ずっと「金正恩よ、無血開城せよ!」と言い続けてきたわけですし、そのための神の威厳ある言葉を、

もう何年も語り続け、折に触れ。金正恩守護霊霊やアメリカのトランプ大統領やロシアのプーチン大統領

、中華人民共和国の習近平守護霊霊言を公開し、書籍で世に問うてきました。

「日本国内で販売している書籍がなんで世界に影響するの?」と思われるかも知れませんけれども、そういうの、

日本では母国語に直して母国首脳に届けています。

それは、聞きなれてくると、守護霊霊言の冒頭で、だいたいどの程度の認識かがわかります。

ともあれ、2年前のアメリカ大統領選の前に、大川隆法総裁はニューヨーク講演をし、その後、

トランプタワーに訪問しています。

その時、大統領就任前のトランプ氏との対面があったか否かは公開されていませんが、

トランプタワー訪問したならば、何らかの接点があったと思った方が良いですよね。

ともあれ、前世紀より、北朝鮮からの危機を訴え続けてきたのですから、慣性の法則もあって、なかなかすんなりと

「はいそうですか。」とはならないのは人の常ですが、大川隆法総裁と言えば、「後出しじゃんけん」は絶対にしない御仁です。

盟友の幸福の科学神奈川仲間のブログの英さんが、「オオカミ少年のたとえ」で、

とっても良い見識を示してくれていましたので、まずはご紹介しますね。

https://blog.goo.ne.jp/zaikebosat777/e/41c63b0ba18d65c3f5aefe1a4a72f983

今回の霊言は、全くベールに隠れていた妹与正の守護霊霊言で、衝撃があった。実は、自分もまだ拝聴してないんだが、

今までの流れからして、北朝鮮を信じるということは、騙されるという事以外ない。

ゆえに、リバティーwebも、先の記事で、「トランプ大統領騙された振りですよね?」という記事だった。

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14547

しかるがゆえに、その裏とりのためにチャーチルの霊言、

さらに、キッシンジャーの霊言も立て続けに行われた。

よって、仮にこの妹の与正守護霊霊言の言うとおりだとすれば、

大変なことだ。

かといって、もちろんすんなりいくわけではない。余談を許さないということも当然。

そして、日本には、拉致問題もある。

さて、ここで、狼少年の話は、よく知ってると思うが、ある所の村にいる悪戯好きの少年がいて、

村に「狼が来た」といっては、嘘をついていた。あんまり、嘘が多いので、村人は、最後には、この少年を信じなくなった。

ある時、この嘘つき少年が、また、「狼が来た」と、言いふらした。

ところが、今までの前例があったので、村人は、全く相手にしなかった。その結果、とうとう、村人の大切な羊とかは、

狼に食べられてしまった。という話。

さて、何が言いたいかというと、当然、狼少年は、北朝鮮にあたり。村人は、日本にあたる。

狼少年の話でも、もし、一人でも村人が、狼少年の話の真偽を確かめていたら、村人の財産は,助かったはず。

日本においては、ぜひとも、賢明な判断してもらいたいが、かなり怪しい。

なるほど。

しかし、世界で唯一、本気で「北朝鮮を無血開城させ、その次は中国」と言ってはばからない大川隆法総裁。

世界規模での維新無血革命、そして新時代の指針を示すという、現代の仏陀・救世主ならではの御仕事を、

「自分にしかできないから。」と、個人的な欲得を離れていて、それは究極の無我の心境でありましょう。

ということで、なんだか「比類なき、まとまりが悪い記事」になった感がありますけれども(爆笑)、

本日はLibertywebをご紹介いたします。

世界の行く方向性が大きく変わった今、7月4日(水)の、全世界3000ヶ所同時中継される

エル・カンターレ生誕祭御法話で、大川隆法幸福の科学グループ総裁がどのような言葉を発するか、

「固唾を飲む」とはこのことではないでしょうか?

最後にもう一度言わせていただきますが、この御仁の言葉に、後出しじゃんけんはないのです。

         (ばく)

 

続き  https://blog.goo.ne.jp/rokochifukyosho/e/fbbab0a3d075fee5260f17f4401f3ff6

 

 

 https://happy-science.jp/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ネットで話題 つるの剛士... | トップ | 新たな霊言の緊急開示「習近... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お友達ブログ.SNS.土佐のくじらさん他」カテゴリの最新記事