理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

「国境紛争も辞さず」という気概 幸福実現党 党首 立木秀学氏

2010年09月26日 11時55分19秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  
国境紛争も辞さず」という気概  
 
2010年09月26日(日)
幸福実現党 党首 立木秀学氏ブログ転載
国境紛争も辞さず」という気概

過激なタイトルではありますが、尖閣諸島を中国の魔の手から守りきるためには、これぐらいの覚悟が必要です。わが国の政治指導者に、経済的利益や尊い人命を犠牲にしてでも領土を守り抜くという決意があれば、逆説的ですが、中国との問題は平和裏に解決するはずです。

というのも、「日本は経済的利益や人命を犠牲にすることを恐れるから、『それらを失わせるぞ』と脅せばいくらでも言いなりになる」という考えのもとに、中国は日本に圧力をかけてきているわけで、日本が恐れなくなってしまえば恫喝は通用しなくなるので、中国も無駄なことはやめるはずです。

万一、本当に国境紛争になっても、日米安保が機能する限り、米国の核抑止力に頼れるので核戦争には至りません。通常兵器での島嶼争奪戦なら、今の自衛隊で十分対応可能なはずです。米海兵隊が出動してくれるならありがたいですが、まずもって日本自身が自衛隊で防衛に当たろうとしなければ、それはあり得ません。自衛隊が出動せず、米海兵隊だけが日本の島を守るために中国と戦ってくれる、と期待するのは、手前勝手な願望でしかありません。

中国の望むシナリオは、フジタ社員4人の拘束解除と引き換えに、日本が中国漁船衝突事件に関して謝罪と賠償を行うというものでしょう。そうなれば尖閣諸島は中国のものということになります。

あー、菅内閣なら謝罪と賠償をやってしまいそうだ!
本当に「あカン内閣」だ。
菅総理よ、そんな国賊的な判断をする前に、解散・総選挙でちゃんと民意を問いなさい。あるいは、内閣総辞職して、国難を対処するに相応しい人たちに政権を譲りなさい。
(※9月14日付けプレスリリース「尖閣危機に関する緊急提言」参照。bit.ly/ckLKDf)

菅内閣が「国境紛争も辞さず」という気概を持つなんて、残念ながらまったく考えられないですね。

逆にそうした気概があれば、中国からの恫喝をはねのけながら、尖閣諸島に自衛隊を永続的に配備して、しっかり領土を守ることができます。

もうそろそろ真面目に、日本を取り巻く国際環境は、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持」(日本国憲法前文)できる状況にはないことを、リアリスティックに認識すべきです。「どんなことがあっても自らの国は自らの手で守り抜く」という、主権国家として当たり前の発想が、政治指導者を始め、国民全体に今ほど求められる時はありません

 

 

コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 韓国、日本を“反面教師”に ... | トップ | 速報! 釈放の真相 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その通りですが、 (coffee)
2010-09-26 18:21:58
その通りです。
「国境紛争も辞さず」という気概や良し。
しかし、戦争はエスカレートしがちです。
その際、核武装していない日本は、核ミサイルを持っている支那には勝てません。
「国境紛争も辞さず」というのは自由ですが、それを言うなら核武装の必要性を主張しなけれは無責任です。

>万一、本当に国境紛争になっても、日米安保が機能する限り、米国の核抑止力に頼れるので核戦争には至りません。通常兵器での島嶼争奪戦なら、今の自衛隊で十分対応可能なはずです。

脳内はお花畑のようですね。
アメリカは、日本のために支那と核ミサイルの撃ち合いはしません。
つまり核抑止力は機能しません。
そんなことはアメリカ人と支那人にとっては当たり前のことです。
脳内お花畑の日本人だけが、「日米安保が機能する限り、米国の核抑止力に頼れる」などと言っているのです。
Unknown (Unknown)
2010-09-27 12:21:51
幸福実現党の主張は今一歩です。
アメリカを信じすぎのような気がしてなりません。
コメントありがとうございます (桜咲久也)
2010-09-27 12:50:40
本日UPの記事で「中国の恫喝に負けるな!」
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/ed76e9521c7101df1d10b21f990f91f2

の中で

>・アメリカは日本から軍を引いていく。日本独自で、ある程度防衛する考えを持つべき。

という内容を含む、ご法話案内がありました。

拝聴してまいります。アメリカに関しては、もとから「依存ではなく」良い距離を取って、「日米安保を維持」しつつ、付き合っていくという姿勢です。

(現在総裁ご法話は、予知された未来と現状を見ながら、ライブで法が説かれている状態です)

(*´∇`*)
Unknown (hara)
2010-09-27 13:14:40
脳内お花畑ねえ。

自分らで国を守る気のない人に向かって、核武装論なんていっても、ドン引きするだけ。核アレルギーの強さはかなりのもの。

まずは、なんとしても自分らで自分の国は守ろうやって、ならんことにはどうしようもない。

権力使って、責任だけは押し付けるような極左政治家をトップにすえたがる国民の考え方を変えてもらわないと。

何が何でも、アメリカを巻き込む手段を講じないと、どうしようもない。

ドクター中松のミサイルユーターン、あれ、実装して欲しい。研究開発費出してくれるパトロンはいないのだろうか。できたら笑撃だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

支那大使館に緊急抗議活動!在特会主催「シナ中共への緊急抗議活動」・六本木ヒルズで集会後、支那大使館への移動と抗議文投函を警察... (正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現)
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 支那大使館への抗議活動を妨害する日本の警察 支那大使館に抗議に行って来た! ...