理想国家日本の条件 自立国家日本

日本の誇りを取り戻そう!(´・ω・`)桜 咲久也
マスコミがあまり報道しない情報をマイペースで伝える
  

若い人が農業に夢を持てるようになるために、農協はどうあるべきでしょうか。

2018年01月22日 00時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

農協はどうあるべきか―幸福の科学 大川隆法総裁 質疑応答集―

2018.01.17 https://ryuho-okawa.org/info/2018/3311/ より

若い人が農業に夢を持てるようになるために、農協はどうあるべきでしょうか。

農協に企業家精神を発揮してもらうか、あるいは、農協の形態そのものを変え、能力のある人に企業形態で農業をしてもらうか、このどちらかが必要です。

農協のもともとの志は、「農家を守り、育てたい」ということだったのでしょうが、残念なことに、機能不全を起こしているのではないでしょうか。したがって、農協に企業家精神を発揮してもらうか、あるいは、農協の形態そのものを変え、能力のある人に企業形態で農業をしてもらうか、このどちらかが必要です。 

ただ、農業に関心があり、農協に職を得ている人が現にいるのであれば、農協を改善するほうが早いと思うので、まずは、農協そのものに使命感を与え、内部改革を促すべきです。 

しかし、何事も独占型のものはよくないことが多いため、農協を改善すると同時に、チャレンジャーを養成し、どちらがうまくいくか、ある意味で文明実験をしてみる必要があるでしょう。 

農協には、「農業に詳しい」という強みがあるので、大会社が農業に参入したからといって、素人では、そう簡単には農協に勝てないと思います。 

できれば、若くてベンチャー精神を持っている、農家の人を支援する会社制度のようなものをつくり、農家の企業化を応援していけば、それには農協も抵抗しづらいでしょう。

そういうかたちと、農協自身の自助努力と、この両方を行い、しばらく競合させてみて、誰の目にも明らかな結果が出てきたならば、そのときが、大鉈(おおなた)を振るって制度改革に入るべきときだと思います。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮との戦争準備か!? 日... | トップ | インドの新型ICBMで「中国全... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事