理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

日露、安保協力の強化確認 プーチン氏側近22日来日、外相と会談へ

2012年10月20日 12時22分14秒 | 海外2017年まで

日露、安保協力の強化確認 

プーチン氏側近22日来日、外相と会談へ

産経新聞  10月20日(土)7時55分配信産経新聞

 政府は19日、ロシアのプーチン大統領の側近で閣僚級の
パトルシェフ安全保障会議書記が22日に来日し、23日に
玄葉光一郎外相と会談すると発表した。日露両政府は19日、
都内の飯倉公館で外務次官級協議も行い、安全保障分野での
協力を強化する方針を確認した。海洋進出を強める中国を
牽制(けんせい)したい日本とロシアの思惑が一致した格好だ。

 パトルシェフ氏の来日はロシア側の要請という。中露両国は
「戦略的パートナーシップ」を結び連携関係にあるが、ロシア側
は日本と協力を深めることで、極東地域やオホーツク海などへの
中国の影響力を抑制したいとの思惑があるとみられる。

 日露はこれまで外務、防衛両当局による安保協議を行って
きた。だが、プーチン大統領に近く政策決定に強い影響力を持つ
安保会議との関係が薄く、意思疎通の阻害要因になっていると
の指摘もあった。日本政府関係者はパトルシェフ氏と玄葉氏と
の対話枠組み構築で
「プーチン氏に直結するパイプを築くことができる」と強調した。

 ロシアの安保会議は大統領、首相のほか、外相、国防相、対外
情報局長官らが参加し、原則として週1回開かれる。他省庁よりも
強い権限を持つとされ、最高意思決定機関の一つと位置づけられる。

書記は「米国でいえば国家安全保障担当の大統領補佐官に当たる」
(日露外交筋)という。

 安保会議との対話ルートを構築することで「全体的な日露関係を
前進させることで領土問題も進展が期待できる」(外務省幹部)と
している。

 その一方で、日露安保関係の強化には「対立相手を減らすという
意味では重要だが、北方領土問題などでロシアに強く交渉できなくなる」
(村井友秀防衛大学校教授)との懸念もある。

 19日の日露次官級協議は日本側から斎木昭隆外務審議官、ロシア側
からはモルグロフ外務次官が出席。12月の野田佳彦首相訪露に向け、
首脳会談で合意する成果文書について日露双方の考え方を提示した。

 北方領土問題については「双方が受け入れ可能な解決策を見いだ
すべく実質的な協議を行う」ことを確認し、意見交換を行った。

 斎木氏は尖閣諸島国有化以降の日中関係について説明し、日本の
立場に理解を求めた。モルグロフ氏は「日中間での話し合いを通じ、
平和的に解決されることを望む」と応じた。(杉本康士、黒川信雄)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000089-san-pol

 

日露次官級協議:安保協力で一致… 領土は「継続」
毎日新聞 2012年10月19日 21時16分 毎日
(最終更新 10月19日 22時57分)

 日本とロシアは19日、東京都内で次官級協議を開き、アジア太平洋
地域での日露安全保障協力の拡充が重要だとの認識で一致した。

玄葉光一郎外相と、プーチン大統領側近で閣僚級のパトルシェフ連
邦安全保障会議書記が23日、都内で会談し具体策を話し合うことを
決めた。北方領土問題については引き続き協議することを確認するに
とどまった。

 次官級協議には、斎木昭隆外務審議官とロシアのモルグロフ外務次官
が出席。野田佳彦首相は12月に訪露し、プーチン大統領と会談する予定
で、この日程をにらんで安全保障、防衛、経済など幅広い分野で意見交換した。

 斎木氏は沖縄・尖閣諸島をめぐる日本の立場について説明し、
モルグロフ氏は「話し合いを通じて平和的解決を望む」と述べた。

シベリア開発などエネルギー・経済協力についても議論し、
鶴岡公二外務審議官(経済担当)が来週モスクワを訪れ、詳細を詰めた上で、
11月にシュワロフ第1副首相が来日して玄葉氏と協議する方針を改めて
確認した。【吉永康朗】

http://mainichi.jp/select/news/20121020k0000m010088000c.html

 


心強いプーチンさん・・頼りにしてます(´Д`;) 

 

追加情報


日米共同統合演習で計画されていた沖縄県の無人島での訓練断念へ

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233790.html


この訓練に対する沖縄県内での反発が強く、アメリカ兵2人に
よる女性暴行事件が起きたことなどから、政府は、この
無人島を使った訓練実施は困難と判断し、代替の訓練を行う方向
で調整に入ったことが新たにわかった。

      

 

事件とは別問題に考えるべきなのに・・
悔しかったニュース。

沖縄がまっさきに被害にあうかもしれないのだ
守るための訓練を、肝心の沖縄がさせないなんて・・。

>この無人島を使った訓練実施は困難と判断し、
代替の訓練を行う方向で調整に入ったことが新たにわかった

 

 

代替の訓練?  ま、中止でないなら、良かった( ´ー`)フゥー...

 

アメリカも、ロシアも、友好国(´▽`) 大事に付き合っていきたいものですよね。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« <速報!> 沖縄県の日米共同... | トップ | 「高齢化社会」に備えよ(1)――... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外2017年まで」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事