理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

トヨタに背を向けた日本メディア

2010年02月10日 08時01分51秒 | 旧・政治・経済、報道
 トヨタに背を向けた日本メディア

 豊田章男トヨタ社長(54)の謝罪にもかかわらず、批判世論は収まらずにいる。海外メディアはもちろん、その間沈黙していた日本メディアまでが‘トヨタたたき’に転じている。

  ロサンゼルスタイムズは5日(現地時間)、「トヨタのプリウスの場合、制動装置のほかに電子制御システムに関する欠陥がいくつかある」と報じた。同紙によると、米国交通当局のプリウス関連申告件数は01年以降、急発進が200件、制動装置の異常が500件、外部などの故障が1300件にのぼる。

  トヨタ社長も批判の中心に立たされている。米ABC放送記者は記者会見場でトヨタ社長に「英語で答えてほしい」と要求した。トヨタ社長は「努力してみる」と言って英語で答えた。ニューヨークタイムズは6日、「(トヨタ社長は)不完全な英語(broken English)でトヨタが安全だということを信じてほしいと述べた」と皮肉った。

  謝罪する際の上体の角度まで非難された。ブログを通して現場を生中継したウォールストリートジャーナルの東京特派員は「トヨタ社長が謝罪で頭を下げたが、こうした記者会見にふさわしい深くて長い礼ではなかった」と伝えた。

  その間冷静だった日本メディアもトヨタ批判に加わった。朝日新聞は6日の社説で、「世論の批判が広がってからすべての新型プリウスに対して無償修理をすると主張したのは遅れた決定だ」と報じた。読売も社説で「運転手を恨むのではなく、消費者の苦情を処理する方法を見直す必要がある」と求めた。 中央日報

 

 
今日 の 朝のNHKの報道をぼんやり見ていて、
なんだかむかついてきた。
「しつこいなぁ、もういいだろ!!」・・という思いが
わきあがってきた。
プリウスを使っているタクシー会社にまで行って、
店の不安や、客の不満を、あおる様な取材。
 
日本国内の消費者の購買意欲をそぎ、
国内の景気を低迷させるつもりなのか?
自分で自分の首をどこまでも絞めるメディア。。
 
自分に返ってくるってことが
 まだわからんのか!?
 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「未公開の打撃力」を警告=... | トップ | たまには音楽もいいなぁって... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その通りです (通りすがりに)
2010-02-10 08:21:41
一斉に叩くだけのメディア。
具体的に何が遅かったのか。
苦情処理はトヨタだけじゃない。省庁は何をしていたのか。
街角のインタビュー「遅すぎましたよね」インテリ風のビジネスマンはマスコミの言葉を鵜呑みにしてるだけと映る。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旧・政治・経済、報道」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事