理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

トランプ大統領、年次会議で人身取引との戦いを再確認

2018年10月15日 01時49分08秒 | 政治・拡散記事・報道・海外

 

トランプ大統領、年次会議で人身取引との戦いを再確認

投稿日:2018年10月14日<引用元:ホワイトハウス 2018.10.11

人身取引の監視・取り締まりのための省庁間タスクフォース年次総会におけるトランプ大統領の声明

(前略)最も重要なこととして、今日ここに参加してくださった、人身取引から逃れた勇気ある人たちに感謝したいと思います。私は政権発足当初から、悪質な人身取引犯罪と戦うためにアメリカ政府の全力を注ぐと約束しました。そして実際そのように行動しています。

我々は積極的に人身取引業者に的を絞り、この非人道的な虐待の犠牲者を保護するために活動しています。私は就任した最初の月に、人身取引に従事する犯罪組織の廃絶を優先するよう、連邦政府法執行機関に指示する大統領令に署名しました。その後私はここホワイトハウスで被害者と専門家を集め、どうすれば我が国の人身取引対策を強化・改善できるかについて、話し合う場を幾度となく設けてきました。

その時以来、またその瞬間―本当に最初の瞬間―から、我々は実に大いに前進してきました。我々は、性的人身取引と強制労働というこの恐ろしい悪事を促進する外国の政権に挑んでいます。また国境をまたいで違法に薬物と人身の取引を行い、自分たちの利益のために搾取する犯罪組織を打倒するために活動しています。そしてこうした極悪な行為を犯す人たちに対して刑事責任を追及しています。

昨年私の政権は、記録的な数の人身取引業者を起訴しました。保健福祉省の全国人身取引ホットラインは昨年、人身取引の可能性がある報告を8,500件以上受けました。またICE(移民関税捜査局)の勇敢な英雄は、1,600人以上を人身取引で逮捕しています。大きな貢献です。

現在この法律の下で、性的人身取引に関わるウェブサイトに対して被害者が民事訴訟を起こすことができます。非常に重要なことです。こうしたウェブサイトに民事訴訟を起こすことができ、州は刑事訴追できるのです。こうした規定が既存の法律を補完することで、司法省は今年の初めに、Backpage.comという人身取引業者のための主要なインターネット上のフォーラムを取り締まり、閉鎖することができました。ロッド(訳注:ローゼンスタイン司法副長官)、よくやってくれました。実に素晴らしい成果です。

また我々は新たなアメリカ・メキシコ・カナダ協定、つまりUSMCAの中でも、厳しい強制労働条項を設けました。そして我々は、現代の奴隷制終結のための世界基金(Global Fund to End Modern Slavery)に何百万ドルもつぎ込み、先陣を切ってこの犯罪と国際的に戦っています。信じられないでしょうがその名称は―現代の奴隷制を終結する、というものです。

これはこうした犯罪ネットワークを壊滅させ、被害者が生活を再建するのを手助けするための政府を挙げた取り組みの概要に過ぎません。

今日ここに参加した全閣僚とこの大統領タスクフォースの全メンバーは、その戦いに完全に従事しています。全員にとっても非常に重要なことです。

我が国はこういった卑劣な組織の事業を終わらせ、犠牲者を一人残らず全員救出するまで休むことはありません。また我々は、人身取引の脅威を完全に撲滅するまで止まることはありません。

 

 


 
 

ワシントン(CNN) トルコで約2年間にわたり拘束され、12日に釈放された英国人牧師、アンドルー・ブランソン氏が帰国し、トランプ米大統領と面会した。



                             

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 電子査証、20年春初導入へ 政... | トップ | 【調査】『もっとも信用でき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・拡散記事・報道・海外」カテゴリの最新記事