理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

鳩山由紀夫選挙区の実態。

2012年11月26日 11時42分23秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

鳩山由紀夫選挙区の実態。

         

小島一郎 氏 ブログ転載

2012 年 11 月 26 日 苫小牧、室蘭に入りました。
ここは、鳩山由紀夫氏の地元、北海道第9区です。

前回の衆議院選で北海道9区から立候補した里村英一氏と
共に行ってまいりました。

里村英一氏が苫小牧、室蘭へ行くことを決めた翌日に、
引退を表明した鳩山由紀夫氏。

何かの因果を感じずにはいられませんでした。

苫小牧、室蘭に行ってびっくりしたことは、鳩山由紀夫氏
のポスターそのまま張り出された状態になっている事でした。


鳩山氏の後援会の方々は腰が抜けて、もうポスターをはがす
気力も気持ちも失せてしまっていたようです。事務所を開所
してからの引退表明です。地元の鳩山後援会の方全員を
裏切ったことになったと思います。

報道では「民主党公認を受けられない」と言う理由で引退を
表明しておりました。しかし、地元の方々に話を聞くと、
地元に戻ってくると直接苦情やクレームをぶつけられるなど、
今回の選挙戦は勝てないとの見方が多かったようです。
総理大臣経験者が新人候補者に敗れるのはプライドとして
耐え難かったというのが実態です。

室蘭、苫小牧にお住まいの皆様はどこに票を入れたら
良いのかが分からないようでした。


我らが里村英一さんが室蘭で街宣。


私も力一杯ご挨拶いたしました。その日の室蘭はマイナス1度、
浜風が強く吹く中の街宣でした。チラシを配布して下さった
支援者の皆様方には心より感謝申し上げます。

街宣の時に話をじっくり聞いていて下さった方にご挨拶をすると、
「幸福実現党を家族もろとも支援するように言っておくよ」と
暖かい声をいただきました。「民主党には絶対に入れたくない。
だからといって自民党を支持する気にもなれない。

一貫して政策をブレずに訴え続けている幸福実現党を支持する。 」
というのが本心のようでした。

確かな手ごたえを感じました。


里村英一さんを囲んで室蘭の支援者の皆様方と
ともに1枚写真を撮りました。


次は苫小牧の駅前で街宣です。駅前に行くと、
「これが総理大臣を輩出した町なのか」と涙が流れる
思いでした。デパートは店を閉め、3年前と比べてシャッターを
閉じている店も増えています。総理大臣を輩出しても、その
地元の街がより廃れていく実態。 3年前の選択が間違って
いたことの証明のようでした。「政治家としてこんなことを
してはならない。街を発展させていってこその政治である」
と決意を新たにいたしました。


外は氷点下ですが、苫小牧の支援者の皆様方の心はホットです。
幸福実現党の躍進と、苫小牧そして日本の発展を決意
いたしました。苫小牧の皆様方と共に北海道の発展に向けて
頑張ってまいります。

幸福実現党 小島一郎

詳細サイトへ↓

http://kojima-ichiro.net/5580.html

転載、させていただいた記事です

 

 

。                       

   



最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。