理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

TOKIO・松岡昌宏主演「死役所」が話題 #死役所 更新 面白かったです。よくできてる。成仏に関して、ちょっと物足りない部分もあるけど、、

2019年10月21日 00時20分43秒 | 日記,つぶやき感動記事、趣味の動画、等

 

ドラマホリック!「死役所」|主演:松岡昌宏|2019年10月16日(水)深夜0時12分スタート! テレビ東京

テレビ東京 ドラマホリック!「死役所」 2019年10月16日(水)深夜0時12分スタート!
 
主演:松岡昌宏 「豪華出演者×気鋭のクリエイター」新ドラマが誕生!! あずみきし原作、累計300万部(電子書籍含む)を 超える大ベストセラー漫画 『死役所』を初映像化!
「お客様は仏様です」 誰もが一度は想像する 「死後の世界」… 待つのは天国?地獄? あるいは――
 
この世を去った者たちが最初に訪れるのは、あの世の市役所ならぬシ役所。 ここは、自殺、他殺、病死、事故死など様々な理由で亡くなった者たちの行き先を決める手続きをする場所だ。 シ役所「総合案内」で働く職員シ村は、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応する。 訪れる死者は「死」を受け入れた者から、現実を理解しないまま現れる者まで様々。 果たして彼らはどう生き、どう死んだのか? 壮絶な生前の姿が死者の申請書から次々とあぶり出されていく。 罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。
あるいは――。
シ村を取りまく職員たちも一筋縄ではいかない癖のある者たちばかり・・・ 実はシ役所の職員たちもまた隠された秘密があった。 彼らはなぜ死後、この場所で働くことになったのか? そしてシ村の秘められた過去とは…? 魂えぐる死者との対話がここにある。 原作 あずみきし『死役所』(新潮社バンチコミックス刊)
※新潮社「月刊コミックバンチ」にて2013年1月より連載中 出演 松岡昌宏 黒島結菜 清原翔 / 松本まりか でんでん

 

ドラマホリック!死役所 第1話「自殺ですね?」主演・松岡昌宏 - 2019年10月16日 【FULL SHOW】

ドラマホリック!死役所 01話 ドラマ

桃月なしこ、原作の衝撃ヴィジュアルを再現!TOKIO・松岡昌宏主演「死役所」が話題 #死役所

https://coconutsjapan.com/entertainment/shiyakusyo-momotsukinashiko/20219/  更新日:2019/10/17 16:05

あずみきしさんの大ヒットマンガをTOKIO・松岡昌宏さん主演でドラマ化した「死役所」(テレビ東京系)。10月16日から放送が始まりました。第1話では、原作の衝撃シーンを地上波で再現したことが話題を集めました。 

TOKIO・松岡主演「死役所」第1話のあらすじ

女子大生の三樹ミチル(黒島結菜)が目を覚ますと、そこは見知らぬ場所。行き交う人は傷を負い、
物々しい雰囲気に包まれていました。
そんな時、ミチルに声をかけてきたのが、総合案内係として働くシ村(松岡)。

状況が飲み込めないミチルに、シ村は「ここは『シ役所』でございます。今日はどう亡くなられました……」と伝えます。
そこでミチルは、自分が殺されたことを思い出すことに。
シ村に他殺課へと導かれたミチルは、そこで働くイシ間(でんでん)に「どうしたらあの女に復讐できるんですか?」と訴えますが……。

少年忍者・織山尚大がゲスト出演

この世を去った者たちが訪れる場所「シ役所」を舞台に、総合案内係として働くシ村と死者との対話を描く本作。主人公のシ村を演じる松岡さんは、ニタっとした笑顔を浮かべ「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度を取るミステリアスなキャラクターを好演しています。

また初回のゲストには、義理の父との人間関係と、学校でのイジメの辛さに耐えきれず自殺した少年・鹿野太一役で織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.)さんが出演。織山さんは、死んで「シ役所」にやってきたことで、自分は愛されていないと思っていた義父の本当の気持ちを知り、感情を揺さぶられる少年の繊細な感情を巧みに演じました。

ドラマ冒頭で衝撃を与えたのが、上杉涼子(桃月なしこ)のヴィジュアルです。この女性は、原作マンガの1巻の表紙にも登場しているのですが、なんと頭部が半分欠けている死者。地上波だとグロテスクな描写は控え目にしがちですが、上杉のCG描写はリアルで、原作をしっかり再現していました。

放送を見た人からネット上では、「死役所ドラマ面白かったー顔半分ない女の人再現されててびっくりした」「死役所に出てくる顔半分ない女性を再現するの!?って思ったけどちゃんと再現しててすごい」。「死役所漫画通り!一話目から顔半分のアレをそのまま再現してくるとは」などのコメントが上がっています。グロテスクなシーンもありますが、感動的なエンディングもあり、ヒューマンドラマとしても秀逸な作品だったと感じられたのではないでしょうか。ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0041055

(文:かんだがわのぞみ)

 


 

 恐怖や闇を描くことが光を知ることに

「悪魔を知るということは、神を知ることでもある」

映画監督サム・ライミが描く光と闇

「スパイダーマン」3部作に込められた真意とは。
いまなおホラー映画を撮りつづける理由とは。

希代のヒットメーカー、その創作の秘密に迫る。


◇勇気があれば誰もがヒーローになれる
◇「スパイダーマン」シリーズの制作秘話
◇誰もが“死霊”になる可能性もある
◇「悪霊」「憑依」「エクソシスト」「神」について
◇恐怖や闇を描くことが光を知ることに
◇映画を通して、唯物論者と戦っている

目次

まえがき
1 サム・ライミ守護霊、
 「スパイダーマン」シリーズを大いに語る
2 サム・ライミ的発想の原点は
3 ホラー映画には意外な存在理由が
4 日本人とユダヤ人について
5 「神と悪魔」について語る
6 サム・ライミの過去世はあの〝ホラー作家〟
コメント   この記事についてブログを書く
« 覆面禁止法、香港市民6割が... | トップ | 死んだらどうなる?第2弾~天... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記,つぶやき感動記事、趣味の動画、等」カテゴリの最新記事