理想国家日本の条件 自立国家日本 日本の誇りを取り戻そう! 桜 咲久也

あまりマスコミで報道されないような
情報と日記です(^▽^)/

【普天間基地移設に関して特別措置法の制定を】

2012年01月31日 00時00分00秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  

【普天間基地移設に関して特別措置法の制定を】 
   https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/50/7a/19594d85869a977ce8ebb808fcae58bc.jpg

高木 よしあき氏、ブログ転載
2012/01/30

1月23日、田中防衛相は、沖縄県の仲井真知事と会談し、
普天間基地の移設問題について意見を交わしました。

その中で、仲井真知事は改めて県外移設を求めたのに
対し、田中氏も日米合意に基づき辺野古への移設に理解
を求めたため、会談は従来と同様に平行線のまま
終わりました。

しかし、政府は、日米合意の履行を、これ以上、
沖縄県に丸投げし続けることは許されません。

このままでは、住宅街に近接し世界一危険ともいわれる
普天間基地の固定化が現実のものとなってしまいます。

そして、普天間基地の固定化は、日米両政府にとっても
避けたい事態であり、日米同盟に亀裂が入ることは
避けられません。

日米同盟は日本の安全保障の基軸であり、東アジアの
安全保障にも寄与しています。

一地方自治体の首長に、日本と東アジアの安全保障、
そして、普天間基地のある地元の宜野湾市民の安全に関し、
責任が取れるわけはありません。

外交安全保障は、国の専権事項です。

従って、仲井真知事が基地移設に関し公有水面の埋め立て
を拒否した場合、政府は移転先の辺野古沖の埋め立て
許可権限を、県知事から取り上げ、総理大臣に移す
特別措置法の制定を急ぐべきです。

こうした特別措置法は過去にも例があります。

平成9年、米軍用地継続使用に反対する左翼地主の代理署名
を拒否した革新系の大田知事(当時)に対して、
「沖縄米軍基地の継続使用のための改正駐留軍用地特別措置法」
を制定し、継続使用にこぎつけました。

今回も、政府は毅然たる態度で特別措置法を制定し、国家主導
で普天間基地の迅速な辺野古移設を断行すべき時ではないでしょうか。

http://takagi-yoshiaki.net/2838.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 北朝鮮と中国の隠された“蜜月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティ 学園 幸福実現党 関連  」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事