本の居酒屋 ・「甲州の川柳日記」

甲州は私の雅号です。徒然に思い浮かんだ川柳とお薦めの本。
※このブログの画像、テキスト等の無断転載を固く禁じます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本の居酒屋の「ランチ」のご案内

2016-10-31 06:48:28 | お知らせ
 サラリーマンにはプライベートのほかにも本を読める時間があります。そうです、ランチタイムですね。このランチタイムに気軽に読める本を私なりにセレクトして紹介します。私がひと月に読める本は5~8冊が限界です。

 私は高校時代に図書委員を経験してたこともあって、大体始めの3ページと目次を見れば「退屈な本」は見分けられます。大学時代にはブックオフもない時代に古本屋めぐりが大好きでした。「本のソムリエ」とはいかなくても「道楽」で「本の居酒屋」を開店しました。


 稚拙な読書感想文で終わらないように本はセレクトして・・・

  
  (今日の一句)

     こころこめ  ものいわぬとも   かたりあい
 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「潮騒」(三島由紀夫著、新潮... | トップ | ランチタイムに ~ 「指名... »

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事