さくら便り from Uganda

ウガンダ生活も残りわずか。
世界って広い。違いすぎる!
けど、やっぱり離れがたくなる。
世界のどこへいっても。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご近所問題

2017-02-27 | 生活
突然お風呂場の排水口が詰まりました。
前に髪の毛で詰まってたことがあって、
でもそれからだいぶ気をつけてたし、
徐々にとかでなく突然詰まったことに
不信感を抱きながらも、
毎日掃除してる我が家に頻出するGは
あの排水口から入ってきてるんじゃ…
と疑ってたりもしたものだから、
排水口の向こう側(大家さん家の敷地外)
がどうなっているのか突き止めるのも
怖くてずっと避けていたのです。

けど、一晩以上放置しても流れないので
意を決して向こう側に行ってみました。
すると、なんのことはない。こんな↓

ただ壁からパイプがつきでてるだけ。
てっきりゴミとかに埋もれてるんじゃ
と思って覚悟してたから拍子抜け。
けれど、どうして詰まるんだ?と
恐る恐るパイプを覗いてみると…
ビニール袋やらバナナの葉っぱやらが
ぎうっぎうに詰め込まれていました。
えええー、どゆことー?!とりあえず
木の棒でほじくり出したらば、どばっ!
と詰まってた水が一気に流れ出てきて、
無事、一件落着。にしたって、なぜ?
一体誰が何のためにこんなことを⁇

聞くと、犯人は昨年末に越してきた
隣の家族でした。奥さん曰く
水が家に浸水して来て迷惑なんだ、と。
それは悪かった。ごめんなさい。
素直に謝ったものの、塞がれても困る…
とりあえず大家さんに相談してみるね。
と、その日は対応策としてパイプの下に
タライを置き後で排水を回収しました。

さて、事の顛末を大家さんに告げると、
にしたってゴミ詰めることはないだろ!
て、やっぱりその反応でよかったんだ
とほっとしたりもして。
しかも、あそこはうちの敷地だし、
あの家に浸水するような距離じゃない!
文句言うなら塀を作ってやる。と。
どうか穏便にお願いしたいところですが
後日ご主人同士で話してくれたようで、
大丈夫。話はつけたからいつも通り
お風呂使って大丈夫。と言われました。
どう話をつけたのかわからないけれど、
とりあえず隣のご家族とは普通に朝晩
挨拶を続けられる関係を保っています。
なんか、こういうご近所問題って
どこにいっても変わらないんだなぁ、
て何だか妙に腑に落ちたりもします。

けど、確かに毎日、バケツいっぱいの水
(他の隊員と比べても多めな方)を豪快に
じゃーじゃーと垂れ流している私。
今まで裏を見なかったから、いつでも
考えなくじゃーじゃーやってたけれど、
向こう側を見てみて初めてわかった。
当たり前のことだけど、そこにも
どこにも人が生活しているんですよね。
思いやりなんてウガンダにはないと
思っていたけれど、大事ですね。
以後、時間や量など少し気遣ってます。


ところで、
これを機に外風呂にはまりました。
もめてる時に大家さんちのお風呂場を
借りていたのです。(写真、トイレの奥)

ウガンダは今、とても暑い時期なので、
青空の下さっぱりするのが気持ちいい!
ご近所問題解決後も、明るいうちは
青空の下で外風呂を続けています。
ちなみにこの排水は大家さんの家の裏の
塀で囲まれたエリアに出されるから、
よそに流れ出て迷惑かかることはない
はずです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 子どもの権利 | トップ | TIM »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿