さくら便り from Uganda

ウガンダ生活も残りわずか。
世界って広い。違いすぎる!
けど、やっぱり離れがたくなる。
世界のどこへいっても。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハシビロコウ

2017-02-08 | 旅行
首都から一時間ほどのビクトリア湖岸に
ある、マバンバスワンプという湿地。
ウガンダにたくさんある湿地の中でも
ハシビロコウが見られるその場所に、
ターム休み最後の週末、訪れました。

まず向かったのはナチウォゴという
ビクトリア湖岸の小さな港町。

両側にお店が並ぶ活気のある通りは、
なぜか港町独特の雰囲気が漂います。
そんな通りを進んでいくと、見えてくる
ビクトリア湖はまるで海のよう。
海を知らない内陸国ウガンダの人達が、
湖岸をビーチと呼んで憩うのも納得。

連絡していた地元の船乗りと合流して、
ビクトリア湖に向かってモーターボート
(といっても、木でできた小舟に
小さなエンジンを取り付けただけ)
に乗って対岸の湿地まで30分ちょい。
スワンプ(湿地)に着いてからは、
ガイドさんの乗った別の舟に乗り換え、
パピルスの茂みの間の細い水路を
時にエンジンを切り、櫂を漕いで、
分け入って、進んでいきました。

2000ヘクタール以上もあるこの湿地に
ハシビロコウは9羽しかいないそうで、
見られないかもしれないと思ってはいた
けれど、見られました!しかも2羽!
1羽目は他の舟が見つけていて、
私たちの舟が近づいたら、驚いたのか、
飛び立ってしまったのですが、
2羽目は飽きるくらいずっとそこに
留まっていてくれました。満喫。

ハシビロコウは英語名でshoebill。
靴(shoe)のような巨大な嘴(bill)が特徴。
湿地に住み、魚を食べ、
体長は1mを超える大きな鳥です。
大きな鳥といえばカンパラの町で
ゴミをあさるハゲコウも大きいのですが
見た目って大事。その名の通り、
はげちょろ頭で薄汚いハゲコウは
気持ち悪いと思ってしまうのに、
ハシビロコウは堂々と威厳があって
かっこいいなぁと感じました。

5年に一度しか繁殖しないそうで、
しかも2つしか卵を産まず、
夫婦で交代して卵を抱くそうです。
日本の動物園で人気者だったそうだけど
ウガンダから連れてこられたのかな。
自然界では30年程生きられる彼らは、
捕まると25年程しか生きられないとか。
そりゃこんな広々としたところから
狭い檻の中に入れられてしまったら、
本来の命を全うできないのだろうなぁ。
ちょっと残酷な話だなと思ったり。

サファリで見る動物も然り、
自然界で生きる動物たちってすごい。
生命力がその体から溢れ出ている
そんな感じがして圧倒されます。
ハシビロコウ、長生きしてほしいな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 赤道 | トップ | 子どもの権利 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿