NPO法人 佐倉みどりネット

岩名地区の里山をフィールドに、佐倉市の豊かなみどり(水・土・里)を守り育てる活動をしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さつまいも掘り

2010年10月23日 | Weblog

さつまいも掘りをしました

同じ畑の中でも、日当たりなどでイモの大きさが違います。

ここは大きそう

 

畑には、秋の虫たちもたくさんいます

大きいバッタを捕まえたよ

 

いも掘りの後のお楽しみ 焼き芋

お家では、たき火の焼き芋は、なかなかできません。

とれたて落花生は、ゆで落花生に。

 

おっ 里山にぐにゃぐにゃ線を引いたのだ~れだ

正解は、モグラさん

モグラは地面の下にトンネルを掘り、その中で生活をしています
地表付近にトンネルを掘ったり、巣の外へ掘りだされた土が積みあがるなどで、
このような土の盛り上がった場所ができるんです

これを「モグラ塚」といいます

里山の中で、モグラ塚迷路あそびも楽しいよ


サツマイモ掘り&落花生掘りできます♪

2010年10月21日 | Weblog
体験可能日時
10/24(日)11:00~15:00迄の間
10/30(土)11:00~15:00迄の間
10/31(日)13:00~15:00迄の間

ご希望の方は、前日までにご連絡ください

さつまいも掘り(品種:紅あずま)
2株500円/5株1,000円

収穫したサツマイモはその場で焼き芋にしてお持ち帰りいただけます。
10/24(日)は、同会場で昼食つきのイベントも開催しています
週末家庭菜園「秋の大収穫祭♪」10:00~14:00 要申込み

「紅あずま」は、ホクホクした食感と強い甘みが特徴のさつまいもです。
石焼き芋やふかし芋の他に、天ぷら、大学イモ、芋ようかん、スイートポテト、
スナック菓子、干し芋など、幅広く料理にも適した品種です。

さつまいもは栄養価が高く、乳幼児から大人までおいしくいただけます

ダンボール箱に新聞紙で包んで入れ、湿気の少ない場所や
風通しの良い場所で保存すれば長持ちします。(冷蔵庫は適しません)



落花生掘り(品種:千葉半立)
5株1,000円

現在日本各地で栽培されている落花生は十数品種ありますが、
その中でも「千葉半立」は、味、香りともに最高級品種と
認められている千葉生まれの国産落花生の高級ブランドです。

形が不揃いだったり、自然そのものといった見た目ですが、
食べてみると香ばしくてコクがあり、食べ始めると止まらない
おいしさです。


生のままの落花生は、長期間保存出来ません。
収穫後すぐの場合、ゆで落花生が一番美味しく旬の味が味わえます。
食べ残ったゆで落花生は冷凍保存できます。

ゆで落花生のつくり方などこちらのサイトがわかりやすいです
http://chiba4u.com/peanuts/html/faq.html

以上まめまめ知識でした~

10月 畑の様子&イベント試作♪

2010年10月18日 | Weblog
10/24(日)週末家庭菜園「秋の大収穫祭♪」の参加者募集中です

アウトドアが気持ちの良い季節がやってきました
サツマイモ掘り、落花生掘り、大豆収穫と収穫ずくし
収穫した野菜はその場で調理して昼食にもちろんお持ち帰り
また、竹筒でごはんやデザートづくりに挑戦します
参加ご希望の方には、会場地図やてびきをお送りします。

【参加費】大人1人3,000円、4歳~小学生1,800円、3歳以下無料
    (体験料、昼食代、野菜のおみやげ、保険料込み)
【会 場】フォレスト・イン岩名(岩名運動公園横の里山)



さつまいも


これを引き抜くと・・・


おおっ落花生
はじめての方は、大人もきっと感動します


大豆はこんなに大きくなりました


竹筒ごはんは、こんな感じ
試作は、なかな美味でした
本番はどうかな~ 作り方はお楽しみ


焼き芋は、清宮理事長の田んぼで収穫したお米のもみがらで
エコです

10/16(土)伝統の漁に挑戦!ボサ漁しかけづくり①

2010年10月16日 | Weblog
夏日のような秋晴れのもと、
4家族のみなさまにご参加いただいました。
会場は印旛沼漁協。


「ボサ」づくり

ボサとは木の枝や竹を束ねたものを言います。

このボサを数日間から数週間海底に沈めておき、
カニ、エビ、小魚などが住みついた頃に
引き上げて捕まえるというのがボサ漁です。








今回は竹で「ボサ」をつくりました。
家族で力をあわせて1つずつつくりました




完成



手際良くボサができたので、昼食まで周辺の探検をしました

うなぎ養殖場の見学



利根川を遡上してきたうなぎの赤ちゃん(しらすうなぎ)を、
養殖場で育てています。
養殖場の温室は熱気ムンムン
正真正銘、国産うなぎです



ため池でザリガニ釣り&小魚すくい





ザリガニは・・・つれませんでしたが
小魚がたくさん





コイも釣れました


漁協のすぐ横にあるコスモス畑もきれいでした



空にはこんなお客さんも・・・



この日の夜に行われた「成田市花火大会」のPRでした


印旛沼へボサしかけ

昼食後、いよいよ印旛沼へ



しかけの網やボサをみんなで運びます



船に乗り込み準備万端


この日の印旛沼は、風がなく夏のようなぽかぽか陽気




船が風を切ってすすみきもちいい~



まず漁師さんが、ボサ漁のあみを仕掛けてくれました。


印旛沼では、3~4年前から、ボサの代わりに網を使用する「ボサ網」の方法で
漁をする人が増えているそうです。
今回は、この「ボサ網」も同時にしかけてみたのです。


そしてみんなが作った「ボサ」もしかけました。




今回しかけた「ボサ」と「ボサ網」は、
来月11/20(土)に引き上げにいきます




どのくらいの小魚やエビがとれるかな
楽しみですね

次回のみの参加者も若干名募集しているので、
興味のある方はご連絡ください
midorinetdesu@yahoo.co.jp


ホタル池の整備活動

2010年10月10日 | Weblog
佐倉みどりネットは、里山のふもとの休耕田を利用して、
「ホタルが舞う里」の環境復元をめざしホタル池の整備活動を
年間を通して行っています。


すぐに雑草に覆われてしまうので、定期的に草刈りをしています。
池はカエルやザリガニ、メダカ等たくさんの生きものの
「すみか」になっています。



ホタルが生息するためには、水がきれいなことが条件。
周辺では農薬の利用をしていません。
しかし里山からわき出す水は、周辺の多くの生活の影響をうけます。

水質調査をして、その水質改善に向けて試行錯誤しています。

1人1人の家庭排水への心くばりの大切さを、身にしみて感じます。


活動に協力してくださる方を随時募集しています。
また、今後は定期的に自然観察会や生きもの調査をしていく予定です。

興味のある方は、お気軽にご連絡ください。
midorinetdesu@yahoo.co.jp