偏桃体のなすがまま

どうしてこんなにも翔さんに惹かれるのでしょう。
その理由が知りたくて今日もあれこれ思うのです。

Dream-A-live 京セラドーム16日 四葉目線

2008-05-23 | コンサート
コンサートのネタばれ、ご注意。
コンサートの個人的な感想&備忘録の為、
レポではございません。











16日はバクステのど真ん中だったので、
全体が見渡せる感じで楽しめた♪
入場すると、アリーナ席が少なく感じた。
メインステージの横の花道が短い。
バクステ側の横の花道はもっと短い。
メインステージから会場の真ん中位置まで伸びる
太目の花道あり。

ムービングステージが1台しかないのを見て、
新規大仕掛けセットでこの広いドーム会場の動線を
カバー仕切れるのか一抹の不安。
でも、他にも新投入のセットが?との期待も。


1.アクセントダンス

久しぶりの大人っぽい登場が嬉しい。
アルバムのテイストも大人っぽい雰囲気だったので、
今年はアダルトな嵐、ハードめの嵐なの?
そうだったら、嬉しいなぁ。ワクワク!

2.Move yore body

オープニング衣裳は黒メインのカッコいいタイプ。
年末年始以来、久しぶりに聴く翔さんのラップ声。
CDとはまた味が違ってセクシー。

3.Happiness

前奏を聴いて会場沸く。特効の銀テープ放出。
翔さん、上手花道へ移動。「上の方~!」とコール。

4.Life goes on

嵐、再度メインステに戻る。

メインのモニターが縦5分割になって
一人、一人を映し出す。
モニターの性能がいいのか、クリアな画質なので、
バクステでもここにメンバーが映ると表情が良く見えた。

曲の途中でメインステから一段下りた左右上下位置に
横にスライドするトロッコがあり、そこに移動。
上手は和・雅・潤、下手は翔・智。

5.Step and Go

歓声あがる。
途中、センター花道にてパフォーマンス。
正面から見る『Step and Go』
迫力があって、とっても素敵。

ここまでアッと言う間。
Timeの時と比べると4曲で会場全体を1周して、
どのエリアの人たちにも顔見せした手厚さはない。
でも、それはドームだから仕方ない事なのかも。
使ってる曲も演出も違うしね。
メンバー自身の動く範囲はそれほど大きくないけど、
曲の流れは息つく間もない感じで好き。

ご挨拶:潤→和→雅→智→翔
翔さん、いつものように声を張り上げて煽る。

個人的な感覚だが、オープニングから、
徐々に会場の声がボリュームダウンした感じ。
「Yeah!」と言っても大音量の「Yeah!」ってよりは
声の大きな人の「Yeah!」がパラパラと聴こえる。


遊園地のパレード的な演出スタート。
女性ダンサーが上手ステージでリボンをクルクルクル。
こういう演出、嵐では初めて。

ド派手な装飾を施した、ばかデカいトロッコ1台ずつに
乗って登場する嵐メンバー。

6.LOVE PARADE

先頭の白馬に乗る松本くんに爆笑!!!!!!!
白馬て!しかも、馬の頭デカっ、コワっ(笑)
その上、松本くんの乗ってる部分が
昇降してる~~。面白すぎるって。
着てる衣裳も笑える。首から羽が生えてる感じ。
何故、その位置に羽を?
これだから、松本くん、やってくれるわ。

でも、このトロッコ巨大すぎて
後ろの嵐さんたちがまるで見えない。
しかも歩みがのろい。

7.Love so sweet

相葉さんの乗ったトロッコがバクステ前に到着。
プレゼント箱みたいにリボンがかかって、
モニターが付いてる。

相葉さんはいつもこの曲のサビ振りを
しっかり踊るから好き。一緒に踊れて嬉しかったな。

で、雅紀の衣裳見て、大興奮!
こ、この衣裳のベース部分『ONLY LOVE』のじゃん!
それにリメイクを施してた。
もぅ、可愛いっ!可愛いっ!可愛いったら、可愛いっ!
あ~~~~ん、大好き。この衣裳、大好きだよぅ。

もしや、翔さんも?と思い、翔さんトロッコを
チラっと見てみると、何やらエリマキトカゲのような
こちらも笑える出で立ちで。
でも、その襟のお蔭でお顔が見えにくい。
正面に来てくれた時は表情がわかったから良かったけど。

翔さんのトロッコはハート。
下にトランペットみたいなホーンが2本。
遠めで見ると、赤いかたつむりみたい。

8.Everybody 前進

行進曲ver.にアレンジされていた。
大野くんのトロッコはソーダ水。
シャボン玉が出てるように見えたのは気のせいか?

9.CARNIVAL NIGHT part Ⅱ

サンバver.アレンジされていた。
遠くから翔さんの「ほほぉ~い!」的な
浮かれた雄たけびが聴こえて来た。
ゴリラみたい。何て可愛いんだ!

ニノくんのトロッコはお花に見えた。
で、これも昇降してた。
でも、元々小さめのトロッコだから、
あんまり上には目線を送れない感じ。

大きなトロッコでゆっくり外周を1周。
時間掛け過ぎな気がしなくもないが、
アリーナ他おいてけぼりエリアが
余りに多すぎた気がしなくもない。

メインステに到着して、ダンス。
間奏の振り付け一部変わる。
大野くんのオリジナルver.のが私は好きだなぁ。

10.Take me faraway

衣裳と歌声、大人っぽくてカッコ良かった。
さっきのパレードからの落差が大きいからかな、
抑えた大人の色気が滲み出て。

モニターを分割して使う演出、
ミラーコンで光ちゃんとMAがやってたのと、
似た雰囲気だった気がする。

横向きで胸→腹→腰としなやかに波打つように
ムーブさせる振りがステキだなぁと思った。
ああいうニュアンス、大野くんぽい。
身体やらかいっていいよなぁ(笑)

11.Hip Pop Boogie

メインステ上方から階段を降りて登場し、
階段の踊り場にいた2人とダンス。
その後、メインステへ降りて、メイン花道へ移動。

ハンチングな翔さん、カッコ可愛い。
ノースリのダウンに右だけ袖のある
パッチワークのトップス。
CDとちょこっとフロウを変えてるトコがあって、
カッコ良かった~~~~。

これだけラップしながらもちゃんと踊れてる上に、
生で聴いて息がキレてるって感じさせずに
1曲通したとこが男前でした。

ラップ部分が終わって、
チーム全体で隊列になって上下してくトコ、
正面から見ると凄く綺麗でまとまってました。
屋良っちの付けた振り、カッコ良かった。

12.Flashback

ニノくん、ステージ上手で女性ダンサーと小芝居。
「イヤ~(泣)」的な声があがりまくる。

翔さん、ラップ前にメインステに戻って来る。
衣裳がキラキラ光るシブい青系のスーツで大人っぽい。
ラップ後、女性ダンサーとペアダンス。

他のメンバーはいつから組んで踊ってたのかな?
同じタイミングだったのかなぁ?

嵐メンバーの手が女性ダンサーの身体に触れる度、
会場から「きゃー」って声がワサワサあがる。
それは好意的な「キャー」ではなく、
明らかに「やめてー」とイコールの「キャー」

パフォーマンス後の拍手がパラパラしか上がらず、
会場の空気、一気に零下に冷え込む。

13.シリウス

メインステ下手側でパフォーマンス。
電飾を施されたリフターが階段状になったりして、
綺麗でした。
でも、前後に女性ダンサーがひらひら踊ってて
遠めで見てると嵐を観るのに視界にヒラヒラ入って
ちょっと邪魔。ごめんね、でも嵐に集中したいの。

天井に映し出された映像が美しかった。

14.Hello Goodbye

今回も衣裳がめちゃキャワっ!
その上、振りも可愛い。
メイン→センター→トロッコでバクステへ。
移動もたっぷりでたくさんの人が
相葉さんのキュートな姿を目に出来た気がする。

高速トロッコでバクステへやって来る雅紀に
バクステ大盛り上がり!
やっと、近くで踊ってくれてるよ~~~つて(爆)

15.We can make it!

あんまり記憶に残らず。
アリーナをトロッコで移動してたのかな……。

16.EYES WITH DELIGHT

翔さん、バクステ側に登場。

この曲では初めてムービングステージが
登場したコンサートの初日城ホールで
動くステージを見て会場全体がどよめいた
興奮が冷めやらぬうちに掛かったナンバー。

個人的にはあの回の再来な気分でした。
この曲を一緒に踊れるのは嬉しいな。
ただ、比較的近くにいてくれてる状態なのに、
翔さんのイヤモニに流れてる曲のテンポと
バクステ側に流れてるテンポでは
タイムラグがあるようで、聴いてる音より
半拍位早めに動かないと翔さんと合わなくなるの。

だから、一緒に踊れて嬉しいんだけど、
音に乗って身体を動かす訳じゃないから
ちょっとストレスっていう不思議な感じ(笑)

この曲、知らない人結構いたのかなぁ。
歌声もC&Rも声が小さい。
C&Rまでやるのは久しぶりだからかなぁ。
せっかく言ってても間違ってる人もいたし。

モニターに歌詞出なかったのかな?
バクステ側からでは遠くて見えなかったけど。

17.きっと大丈夫

トロッコがセンター方向に集まって行きました。
高さがないから、せっかく中央に集まっても、
上の方のお客さんには相変わらず遠いよね。

~MC~

相葉さんの呼び方を会場に尋ねる翔さん。
相葉ちゃんて呼ぶ人、
相葉くんて呼ぶ人、
相葉って呼ぶ人。
えっと「相葉さん」て呼ぶ人もいるのですが…(苦笑)

大野くんの『魔王』の話。
黒髪大野くんの髪の毛を撫でる潤くん。

斗真と大野さん、仲がどうなのか相葉さんに聞かれて、
「舞台一緒にやったから」と大野さん。
それを聞いてニノくん。
「僕ら、予選落ちだから」(笑)


明日からバレー開幕。
和「練習してんの?」
翔「だから、出ねぇからっ」

ジャンピングサーブ、皆で受けてやるからと言われ、
エアジャンプサーブを強要される翔さん。
飛んだ時の何気に必死なお顔が怖くて笑える。

『花男F』の話から「復活」と
無理やりな話題転換(笑)

ユウジの声で「やっても怒られて、
やらなくても怒られるなら、やった方がいい」
そりゃそーだ。

18.大宮SKoshi

新曲で登場するも衣裳は変わらず。
でもサングラスが新しくなってた。

振りに逆手のジャイアントスイングが入ってて、
超驚いた。しかも体重が軽いはずのユウジが
タカを回してるのにビックリ。腰、大丈夫か?

バズーカの火花がユウジの生肩に飛んだらしく、
痛がるユウジにタカがおもむろにチュー。

特にオチを付けないままに退散。
会場、ブーイング(笑)

19.One love

嵐カラーのペールトーンのスーツで登場。
上品で爽やかでいい感じ。

スタンドマイクが登場でした。
小指で約束の振りが可愛い~。
1回は近くで見たいなぁ。

MADと女性ダンサーのペアダンスが
しっとりと美しかった。
ホールドとかもしっかりしてる上に自然で
嵐くんたちよりも遥かに女性の扱いが上手い(笑)

20.My Answer

ムービングステージでバクステ側に移動。
翔さんが「大阪、 scream!」って煽ったけど、
声が凄く少なかった気がした。
一瞬、私「あれ?ここ、大阪だよね」と。
大阪は良く言えば、超ノリが良い、
悪く言えば、がっついてる。
いずれにせよ、どんな時でも声はとても良く出てる
土地柄だけにちょっとした違和感が。

21.WISH

わぁ~い!わぁ~い!久しぶりにバクステにやってきた。
しかも、嵐5人揃いでのバクステでのダンスは
21曲目にして初披露!!この遅さも破格では?

半拍早めて、嵐と一緒にダンス。
神経は使いながらも、楽しい。

22.a Day in Our life

翔さん、お疲れ?声に覇気がなく感じられた。
煽る声も明らかにボリュームが少ない。
途中から元気復活。良かった♪

23.Gimmick Game

レーザー光線が大量で、バクステ方向からは
ニノくんが見えにくかったですぅ(爆)
でも、全体的な感じがカッコよかった。
アップで抜かれた時の表現力は流石の力量で、
やはり役者だなぁと。
ロングトーンも伸びやかで良かったです。

24.Naked

もうね、これね、最高!最高だった。
バクステでのパフォーマンスが極小だったから、
微妙な盛り上がりだったエリアを興奮させましたよ。

バクステに刻まれた円。
これ、何かな?ステージかな?
って友達と言い合ってて。
でも、嵐、使わないね、もしやもしやM様仕様か?とか。

そしたら暗転と共に円に沿って丸を描いて
女性ダンサーが寝そべり、潤くんが中央に直立し。

「キター!Nakedキター!」
もう興奮の坩堝(笑)

その後もね、こうなんじゃない?
こう来るんじゃない?って予想した演出が
数珠繋ぎにビンゴで。

とどめが「離さない」爆弾と。

いやー、愉快極まりなくて最高の気分でした。
最高のエンターテイナーだと思った。
期待を裏切らない所か期待以上のパフォーマンス。

加えて、シンプルでスタイリッシュな衣裳と、
MAD&女性ダンサーと編成を組んだ
ムードのあるダンス。

ムービングステージにも白い布でおめかしして移動、
会場の視線を広範囲に渡ってカバーしたのもステキ。
照明もまた凝ってて凄く良くって。

タイトル通り、上半身披露演出も、
肩のラインを中心に鍛えて、
腰のくびれを強調したんだろうなって言う
ボディメイキングの後が伺えて。

どこ摘んでも面白かったなぁと、
大いに大いに楽しませて頂きました。

25.Green

嵐オリジナルのエコをテーマにした曲。
大野くんがステージに登場してエコバッグの説明。
たどたどしさの中に言わされてる感が
微妙に漂っていて痛々しい。

何だろう?
これは今年の24時間テレビと連動してるのかな?

メンバーが途中ひとことずつ台詞みたいなのを
口にする箇所があり、翔さん「決意」と。

26.Once Again

アルバムで聴いてた時より遥かに印象が
良くなりました。カッコ良かった。

27.Theme of Dream"A"live(メンバー紹介)

翔さんが女性ダンサー、MADを紹介。
MADの時にモニターに名前が出る?もしくは
アップでカメラが抜くのを期待したけれど、
そういうのはナシでした。

遠いから、MAD、誰が付いてるのかはっきり
わからなくて、ここが唯一の頼りだったのにぃ。

相葉さんが潤くんの紹介。
潤くん、会場に置いてある『隠し砦の三悪人』と
『花男F』のフライヤーを手に持って宣伝。

ニノくんは紹介されるとトランプマジックを披露。
大野くんは眼球の追いかけっこ(笑)

松本くんが相葉さんを紹介。
バク転3回、最後にコテっと倒れる。
倒れ方がヤな感じだったのでちょっと心配したけど、
大丈夫そうだったので一安心。

翔さん紹介されて、C&Rを求める。

全員で踊るダンスがとってもカッコ良くて、
全体的な見せ場としては、
私はここが一番気に入りました。

28.Luckey Man

久しぶりの『Luckey Man』
もっと盛り上がってもいいのでは?的な空気を
終始感じつつ。
うぅぅ~~ん。鉄板だと思ってたけど何故だ?

29.ハダシの未来

翔さん、バクステ側に登場♪
手を挙げる振りが一番になってた。

最初は、バクステ側が音が遅れてるから、
イヤモニではいつものカウントなの?とか、
そんな風に思ってた。
明日こそは一緒にやる!と固く決意する。

30.Oh Yeah!

トロッコで移動。
この曲、予想外だったからちょっと嬉しい。
ただ、オリジナルの振り付けが好きなので、
嵐が去年本編で踊ってた振りで踊ってました。
MADも同じ振りで楽しかったな。

翔「上の方!」下手スタンド煽る。

31.言葉より大切なもの

会場ヒートアップ。この曲も鉄板かな。

~ご挨拶~

いや、本当にビックリした。

翔「皆さん、本日はありがとうございました」

会場からかなりの大音量で「えーーーーーー」。

翔「え?」って。
訳わかんなくなっちゃったみたいで。
何でオレ、ブーイングされてるの?って。

その後もしばらく「えーーーーーー」って続いて。

辺りを見回してたけど
翔「わかんないけども。楽しかったです。
  大阪から僕たち初めての挑戦となります
  5大ドームツアー始める事が出来てよかったなと
  そんな風に思います」

バクステ側はやはり本ステには遠く、
細かい表情は見て取れなかったけど、
ここまで言い切った翔さんの口調はいつになく
早口だった。それは興奮しての早口ではなく……。

翔「何でかって言うと凄く沢山のエネルギーを
  頂いたような気がします。
  昨日実は、京都で野口みずき選手の取材に行きまして
  その中で『夢は一人で見るものじゃない』
  と言っていたのがちょっと分かった気がします。
  
  皆と一緒に僕たちの夢を描いて行けたらいいなと
  そんな風に思います。これからも僕たちと一緒に
  夢を見て行きましょう。
  今日はどうもありがとうございました」
 
途中、柔らかな口調に戻ってたけど、
最後また硬く感じて、ちょっと沈んだ。
今日のこの感じ、会場の反応、
翔さんとしてはどうだったんだろう。

いつもより、汗が少ないな。
笑顔が少ないな。表情が硬いなぁ。
なんて思う事が多かったから。

32.YOUR SONG

CDにはないピアノのイントロが付いてた。
アルバムを聴いてないのか、
この曲好きじゃないのか、覚えてないのか、
どれかは分からないけど、
今日参加してたお客さんはこういう感じの
歌う演出、あんまり……なんだなぁって印象。

私は好きだけどね。
今日は歌ってても一体感を感じられなかったから
私的には消化不良だな。

曲のアウトロが流れる中、
メンバーが口々に「どうもありがとう」
「バイバイ」と言いながらステージの後方に下がり
セリで下に消えて退場。

ずっと場内に『YOUR SONG』のラララ部分の
オケが流れてるので「ラララ」って歌ってる人たちと
「あ・ら・し」って呼んでる人たちと
「アンコール」って言ってる人たちの声が
交錯してなんだかとっちらかっちゃって。
結構、退場してく人も多かったなぁ。

~アンコールⅠ~
  
音が変わってメインステモニターに、
いもむしアニメ登場。
三拍子の手拍子が場内から起こる。

01.Do my best

メインステージの上方から四角くて
大きなバルーンが登場。
そのバルーンに吊るされた嵐メンバー。

相当の高さから吊るされたまま
バクステ側に空中移動。

『Do my best』歌いつつも翔さんの表情、硬い。
特に左手はガッチリとワイヤーを握り締めて、
右手もほとんど離さなくて。

02.ファイトソング

空中浮遊したまま『ファイトソング』
ニノくんに「翔さん、回って、回って」って言われ
歌詞に引っ掛けて、翔「人は人、自分は自分」

ちょっとだけ余裕が出てきたのかな。
高さも徐々に下がってきて、
ファンの顔も見えるようになってきて、
ほんのちょっとだけ顔に笑みが。

ステージにたどり着いた時、
翔さん、足がしびれたのか、ヨロっとしてて、
危なっかしかったなぁ。

03.サクラ咲ケ

デコラティブなトロッコのうち、
比較的小さめの相葉号と大野号が登場。

潤くんが「飛べ~」って煽ってたけど、
残念ながら京セラはジャンピング禁止なので、
すみませんって感じで。

最後は「俺たち5人の名前はな~んだ?」
言わせてくれました。

翔さんが「上の方ばいば~い」って言おうとした時、
まだメンバー誰かの声が残ってて、
言うのを、瞬間的に止めて、
静かになった時にゆっくり言ってました。

~アンコールⅡ~
比較的すぐに出てきてくれました。

01.感謝カンゲキ雨嵐

翔「申し訳ない!申し訳ない!」
なんで(笑)?コールして貰ってってこと?
可愛かったです。

ラップ終わりに翔さんが言う「どうもありがとう」
いつものような搾り出すような声じゃなく、
あっさりめに感じました。

ステージ裏にはけるのもとっても早かった。
いつも比較的最後まで残ってるのにな。
コメント   この記事についてブログを書く
« 達人のアラシちゃん | トップ | なかったもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コンサート」カテゴリの最新記事