たんぽぽ徒然日記

フラワーアレンジメント、読書、ヨガ、スイーツなど
何でもありの日記です。

48番目の日 忍びの国~地上波放送見ました

2019年05月09日 10時01分19秒 | 映画

「忍びの国」見ました。
以前読んだ「村上海賊の娘」の原作者、和田竜さんの作品です。
「村上海賊の娘」が面白かったので期待度大!です。
 
戦国時代の伊賀忍者と織田信長軍の戦い「天正伊賀の乱」を題材にした物語で
嵐の大野智君が主演の、伊賀の忍び「無門」を演じていました。
 
大野君といえばのんびりしたイメージなので、忍び役ってどうなの?と思いましたが
コミカルでとぼけたところがあるけど、凄腕という忍び役はピッタリでした。
許嫁(妻)役のお国(石原さとみさん)に頭が上がらないところや
ダンスパフォーマンスかと思うような忍びの技は、ユーモラスでした。
 
そして、この時代はあり得ないほど人の命が軽いです。
お金で簡単に人を裏切り、命をも奪います。
そういう時代に幼い無門は、売られて伊賀にやって来ました。
愛を知らずに育ちましたが、お国に出会いそのお国を失ったことで
人として大切な事に気付いていきます。

私は「忍びの国」の原作は読んでいませんが、題材としては
「村上海賊の娘」の方が好きです。
配役では、日置大善役の伊勢谷友介さんが素敵だなと思いました。
そして、石原さとみさんの鬼嫁っぷりが可愛らしかったです♪
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 47番目の日 初!いきなりス... | トップ | 49番目の日 いずれ菖蒲か杜若✿ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (トロ)
2019-05-09 11:47:03
時代小説というと僕は隆慶一郎さんが好きなんですけど、
すでに亡くなられているので、新作が読めません。
和田竜さんも面白そうですね。
ちょっと食わず嫌いなところがありますが。

戦国時代は人の命が軽かったのでしょうね。
そんな中で精一杯生きた人々のドラマだからこそ、魅力的なんでしょうね。
僕は、やはり地元出身の上杉謙信が好きですが…
こまっちゃんは戦国大名では誰が好きですか?

それでは~♪
トロくん♪ (さくら小町)
2019-05-09 13:35:42
ありがとうございます☆

隆慶一郎さん、初耳です。
新作が読めないのは残念ですね。
和田竜さんの作品は「村上海賊の娘」を読んだだけなので、作風というようなものは、まだよくわかっていません(^-^;

戦国時代は、本にしても大河ドラマにしても面白いですね♪
命を軽く扱うのは大問題ですが…

私は真田幸村が好きです♪
かなり前のドラマになりますが、草刈正雄さん演じる幸村はとても素敵でした。
最後の場面では
「おのおの方、手柄にされよ。」
と名乗り、首を差し出したんです😢

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事