広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心愛さん、虐待死事件

2019年02月02日 | 社会問題
父親の威圧的な態度に屈して、SOSを発していた心愛さんのアンケートを見せてしまった教育委員会。

報道を見ると「恐怖を感じた」を繰り返す担当課長。
本当に恐怖を感じたんだろうと思う。
だとしたら、心愛さんが発したSOSが緊急性があると判断出来なかったのか。
3日後に心愛さんの同意書まで持参しアンケートを入手しようとする執着から子どもの命が危険だとなぜ感じなかったのだろうか。そもそも、大人も恐怖を感じるような父親が持参した同意書が、どのような状況の中で書かれたものか、想像できたはずだ。もしかしたら、疑いを抱いたかもしれないが、その直感に添わなかったことが残念でならない。

「ひみつをまもりますので しょうじきにかいてください」
心愛さんは、この言葉に一縷の望みを持ったのではないだろうか。
そして、結果的に裏切られてしまった。。。
誰も守ってくれない、と絶望してしまったのではないだろうか。

現在、世田谷区は児童相談所の設置に向けて作業を進めている。区は、子ども虐待予防と救済を今まで以上に責任をもって取組むことになる。
設置にあたって、子どもに関係するすべての部署が子どもの人権を守ることを徹底的に追及していかなくてはならない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 福島瑞穂参議院議員とカフェ開催 | トップ | 桜井純子新春のつどい開催‼️ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会問題」カテゴリの最新記事