ヨン様の独り言!

東北の元祖ヨン様が中韓を切る!その他日々の出来事を紹介。

船場吉兆、破産が妥当。

2008-05-08 | Weblog
まさに残飯整理とも言うべきか、あの船場吉兆が客の食べ残しを他の客に回していたとの事。しかも全ての料亭で行われていたことが判明したものの、あの「つぶやき婆さん」こと湯木佐知子社長は、「“食べ残しではなく残された『お料理』としてほしい」としているが、全く人を馬鹿にした話である。
朝日新聞によると

『本店だけでなく、博多店などすべての料亭で食べ残しの使い回しが明らかになった船場吉兆(大阪市)。「ほかにはない」の説明から一転、社長は「手つかずの料理は食べ残しとは違う」と強弁した。高級料亭の不祥事はどこまで広がるのか。
 「前社長の『もったいない』という指導の流れが今回のことにつながり、悔やまれてなりません」
 湯木佐知子社長(71)は7日夜、大阪市の本店前で、まず2日に発覚した本店での使い回しについて頭を下げた。報道陣が「佐知子社長は使い回しを知らなかったのか」「なぜ公表を控えたのか」と質問すると、「下げた料理は私の認知する領域ではない」「営業を再開し、こういうことのないようにするのが大事だとの一念で、発表すべきだとは思わなかった」などと答えた。
 博多店での使い回しが明らかになったのは、約30分の会見が終わり、佐知子社長が店内に入った直後。代理人弁護士が「博多店では使い回しがないと言っていたが、一部あったことが判明した」と切り出した。
 報道陣の要求を受け、佐知子社長は数分後に再び現れた。「ほかの店で使い回しはないのか」との質問に、「ないと思う」と答え、「手つかずの料理を食べ残しと表現するのはニュアンスが違うと思う」と釈明した。』

何とも開き直りとも取れる言い方のように見える。もったいなければ、自分達で食べればいいのであって、それを他の客に出すことは衛生面は勿論のことであるが料金の2重取りとも言えるであろう。これは詐欺ではないのか。しかも不祥事を小出しにすることが何ともミミッチイ話であって、要はバレなけきゃいい、という発想なのだろう。
そして民事再生法により再建中であるが、この法律は天下の悪法と言わざるを得ない。一番の問題は経営陣が残れることである。これが会社更生法と大きな違いであるが、経営悪化の責任は誰が取るのかと言えば当然経営陣であることは言うまでもないだろう。要は会社であれば取締役である。しかも同族経営であれば尚更のこと退陣しなければならない。しかしこの会社はこのオバサンを残し、ご丁寧に社長にまでしている。例え如何なる理由があろうとも同族経営者は去らねばならぬのである。何故なら、残せば従業員は旧経営者の影を引きずるからである。それでは再建はおぼつかない。
果たして今後、再生法がどう適用されてスポンサーが現れるのかどうか分からないが、常識的に見れば「破産」が妥当であろうと思うのだが…。
コメント (3)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« パンダではじまり、パンダで... | トップ | おぉっ、Kスタ宮城に「トル... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (縁結人真ちゃん)
2008-05-12 14:24:51

東北の元祖ヨン様こと、仙台の与口様。

こんにちは。
はじめまして。

先月からブログなるものを始めてみようかと思い、auのケータイから始めたばかりの初心者です。

ここへは2006年1月12日にUPされた「遂に発生、中国イタイイタイ病!」から辿り着きました!

仕事でイタイイタイ病関係のことで調べていてヒットしました。

風刺のビジュアルもタイトルも時事に対する文章も“ツボ”に嵌りました!

歴史があるし、情報量の蓄積もたっぷりで、2004年9月20日の公開まで、時間があるときにじっくり拝読させて頂きます。すっかりファンになってしまったようです。

またコメントします。

末永くブログ続けてください。
楽しみに応援させて頂きます。

縁結人真ちゃん (ヨン様)
2008-05-12 18:32:15
こんばんは。
う~む、これはこれは得たいの知れない?怪しい奴?
一体何者でありましょうぞ。
出来れば足跡を残して欲しいものですな。
またお出でくださいまし。
ではでは。
飛騨の忍者赤影参上! (縁結人真ちゃん)
2008-05-28 23:28:25
こんばんは。

古いですね~(泣)

今の子どもら知らんだろうなあ(自嘲・・・)

ご無沙汰しております。

足跡も残さずドロンした忍びの者にございまする(笑)

とうとう吉兆さんにも天罰下りましたね~!

記事読んだら真っ先にヨン様の事が頭に浮かびました。

また楽しい更新期待しております。

ところで“足跡”を残すって・・・どうしたら残るんですか???

パソコン分からなくて、ブログもケータイからモブログでやってます(泣笑)

au oneです。

『千の縁結物語』という名前で出ています。

ではでは

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

船場吉兆 (啓太のつれづれ日記)
船場吉兆 使い回し「制度化」 パートが運び料理人判断高級料亭「船場吉兆」(大阪市、民事再生手続き中)が、福岡市の博多店や天神店(現在は閉店)で刺し身やつまなどの食べ残し料理を使い回ししていた問題で、両...
再生は極めて困難となった船場吉兆 (かきなぐりプレス)
終わった。 これで客がこなければ、店が潰れるのも時間の問題だ。 客の食べ残しを使いまわすのは、船場吉兆の伝統的手法であったことが判明した。当初は本店だけであるかのように、隠していたが博多店のほか、閉店した天神店、心斎橋店でも常態化していた。 一説...
船場吉兆の女将が、食べ残し問題で謝罪 (Y's WebSite : Blog ~日々是好日~)
「手つかずの料理は食べ残しとは違うと思った」 牛肉の産地偽装や日増し販売の他、本店での客の食べ残し食材の使い回しなどが発覚している高級料亭「船場吉兆」で、5月7日午前に湯木佐知子社長が謝罪しました。 しかし、夕方には新たに博多店、天神店、心斎橋店でも客の...
【食品問題】品格を疑う発言『「食べ残し」と言わないで 使い回しの船場吉兆おかみが注文』 (【本音トーク】 EVOLUTION)
毎度お騒がせの高級料亭船場吉兆のおかみ・湯木佐知子社長が「食べ残し」ではなく「残された『お料理』としてほしい」と報道に注文を付けているそうです。言い回しはどうであれ、残された料理を別の客に出していた行為は決して許されることではないと思います。 湯木正徳...
船場吉兆女将の発言にみる、組織を瓦解させるトップとは (ただいまに生きる)
色々と物議を醸し出す船場吉兆の女将、湯木佐知子社長が、食べ残し再利用に関する取材に来た報道陣に「手付かずでも、食べ残しと言われても仕方ない」と前置きしつつも「食べ残しと報道されているが、料理長からはそうは聞かなかった。お出しして残された『お料理』という...
もったいないお化け「船場吉兆」 (しっとう?岩田亜矢那)
筆者は幼少の頃、食事を残したとしても一切叱られる事はなかった。 只々食べ残した、おかずやごはんも次の食事の時にも出てくるのみ。 うちの母親は「火さえ入れれば食べ物は腐らずいつまでももつ」 と言う特集な主義主張の持ち主なので 筆者が食べ残しを平らげるまで そ...
博多でもやっていた ~船場吉兆使い回し事件~ (日刊魔胃蹴)
老舗料亭改め「詐欺&ぼったくりレストラン」船場吉兆の料理使いまわし事件に新たなる新展開。今度は博多店と既に閉店している天神店で料理の使い回しをしていたことが発覚しました。これで船場吉兆の全店舗で使い回しをしていたことになります。 船場吉兆によると、博多...
残飯リサイクル (MAC`S GADGET ANNEX)
産地偽装で渦中の高級(?)料亭「船場吉兆」。今度は客の食べ残しを再利用したということが話題となっています。恐らくは内部告発でしょう...
「吉兆」の使い回し・・次の日のカレーは美味い (比企の丘から)
名門料亭「吉兆」が、お客さまの残したお料理を次のお客様に出していたそうです。 業界用語で「使い回し」というのだそうです。 わたし的に好きな食べ物。  次の日の「カレー」・・・大量に作ります。あまれば冷凍にします。これがウマイんです{/m_0140/}  次の日の「...