Sakura De Prog!

プログレ(伊)などの日本未公開記事のインタビュー, オフィシャル情報をご紹介します。無断転載・複製を禁止します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RanestRane Concert Review (12 Dec 2015@Milano)

2016-01-23 | RanestRane

RanestRane Concert Review

12 December 2015, Casa di Alex (Milano)

On 12 December 2015, I was lucky enough to attend the gig of RanestRane who were about to finish their final leg of the new album H.A.L. tour.

The last time I saw and heard RanestRane play live was in 2013 in Japan. They came to play in Japan to support the legendary Enzo Vita of Il Rovescio della Medaglia. I knew already that they were renowned for their high aspiration of music with technical skills, but the ‘cine concerto’ was quite new to me. In Japan, they played ‘Contaminazione’ in entirety with much ease. I remember Daniele Pomo (lead vocal, drums, perc) saying that ‘RanestRane songs are much more complicated.’ So my imagination grew to anticipation of ‘how technical will be the RanestRane live performance?’.

The band have been touring some European countries since the end of October and was about to close the tour with this Milano gig. Some several days earlier, they did a gig near Verona. It was obvious that more audience came to see the gig in Milano. Fans from other European countries came to see the show. The solid fan base of Marillion nicely supports RanestRane, who actually played with the Marillion members in the past few years. Very positive interaction among such fans was noted.

Many prog fans and musicians around Milano also came to see the show, which proved a sign of high interest in the band and also showed the popularity of Marillion family bands and musicians. Riccardo Romano (keyboards, vocal) has joined the Steve Rothery Band as the permanent member for some years. RanestRane also played live with other Marillion musicians, and no wonder their presence on stage was incredibly increased. Obviously the band made a big progress as a unit spiritually and musically by touring with these prestigious musicians.

The first half of the show was played from H.A.L. This album is more strong rock-oriented compared to the previous Monolith. The gradual rising of the tension in the music made me anticipate of the big climax. Daniele sang and played the drums skillfully, if this could be the right expression. I immediately noticed his respect to the great Phil Collins’ style. Playing complex rhythm and sing along perfectly. At times, he concentrated in singing. His voice is the soft and velvety one that many of the Italian prog fans in Japan adore.  

Maurizio Meo (Electric bass and contrabass) gave diversity to the sound by using two types of basses. His bass sound overall this time was more aggressive than what I heard in the previous album. A nice contrast was heard between the sensitive fraction of the drums and the dynamic distorted bass sound. Besides RanestRane, Maurizio played in the Dire Straits Europe member and highly respected for his career.

The excited discovery was the guitar player Massimo Pomo whose presence has tripled on stage than I saw him play in Japan. In the album, the guitar part well blended into the ensemble. However as played live, it was full of emotional solos and edgy shredding.

The romantic and emotional keyboards played by Riccardo Romano should be one of the must-to-see of the RanestRane live. His passion arisen from the live music was the one you should experience the live gig. 

The highlight of H.A.L. was ‘Computer Malfunction’. This track was really played with much tension, and I felt I was in breathless suspense. The tension of the screen and music perfectly blended into unity.

Following a 20 minutes intermission the second part of the show commenced from some music from Shining. Due to the nature of the original film, the tracks of Shining sound much thrilling and tense. My previous notion of ‘cine concerto completely went away when I saw the synchronization of the film and the music.  The scene where the husband smacked an axe onto the door perfectly matched with the music. What impressed me was the sequence of the music thereafter. ‘Cine concerto’ was much more complexed than what I imagined. In my amateur opinion, I felt tracks of Shining required more skills to perform than the Space Odyssey series. Also the musicians’ were highly concentrated at this moment.

While the band played songs from the Shining, they made me feel as if four actors were acting right there on the stage with the image on the screen. They were blended so well into the movie. This is what I thought the biggest excitement of the ‘cine concerto’, that this band has been trying to pursue over the years, in a very successful manner. Probably the experience of live performance with Shining led to the arrangement of the Space Odyssey music, in consideration of more  suited to live performance. (Hope I’m right…) In this concern, Space Odyssey is now the BEST style of live performance of RanestRane.

Six tracks from the first album Nosferatu were played. In hindsight, I felt the synchronization of the sound and image was much basic than Shining. At the time of Nosferatu, the music had more tendency to that of the sound track. (Hope I’m right…)

Personally I prefer the songs from Nosferatu, as they are terrifically beautiful. Particularly, ‘Via da Wismar’ always brings me to tears with the emotional melody. I read in the band’s Facebook posting that some days ago that they really visited the town considered to be ‘Wismar’; no wonder the emotion risen from the performance was so convincing. Each time I hear RanestRane sing in Italian, I am proud of myself that I have supported this band. Their strong belief of singing in Italian lyrics should be maintained.

I prefer the literature concept such as Nosferatu, but imaged it difficult to give dynamism in terms of sound. (Who knows RanestRane may make another album based on some literature!?)

Two songs were played at the encore. Oh, was it already the end of the show? After all, I was happy to hear my favorite Nosferatu and Shining played live. Nosferatu is still the main part of RanestRane’s charm to me.

The performance was simply outstanding in terms of technique and presentation, and no wonder the band is gaining greater support globally. I hope they have some opportunity to come back to play live performance in the near future. The Japanese prog community MUST experience this grandiose emotion.

 

<Set List>

HAL: Jupiter Mission

Discovery One

Broadcast News

Freddo Al Cuore

AE-35

Spacewalk

La Perfezione Che Si Cerca

Sonno Come Morte

Buio Intorno

Computer Malfunction

= Intermission =

SHINING: Redrum

Ora Nessun Nemico Passerà

In Fuga

Nel Labirinto

Vittima Di Se Stesso

NOSFERATU Lucy

L'Ufficio Di Reinfield

Passerà Presto

Via Da Wismar

La Locanda Degli Zingari

La Montagna

=ENCORE =Materna Luna

Monolith Part Two

 

Reviewed by Yoshiko PK


RanestRane Live Review ラネストラーネ・ライブ・レポート(2015 12月)

2016-01-18 | RanestRane

本記事の無断転載及び再利用を禁止します。 

RanestRane Live Review (December 2015, Milano)

ラネストラーネ ライブレポート 

2015年12月12日 Casa di Alex (ミラノ)

 ミラノで新作『H.A.L.』の欧州ツアーの最終日を飾ったラネストラーネ(RR)。彼らのライブはロヴェッショ・デッラ・メダーリァ(RDM)の構成員としてオリジナル・ギタリストのエンゾ・ヴィータのサポートとしての来日公演以来だ。当時からラネストラーネがローマの実力派集団であることは認識していたが、実際に映像と音楽を融合させる「チネ・コンチェルト」は今回初体験だった。来日公演ではRDMの「Contaminazione」を軽々と再現したラネストラーネであったが、ドラムズ、パーカッション、リードヴォーカル担当のダニエレ・ポモが当時「RDMの曲は、自分たちの複雑な曲に比べたら、比較にならないくらい簡単だよ。」と話しているのを耳にし、ラネストラーネのライブはどれだけテクニカルなのかと想像した。

Photo: Catia De Cicco (c)

過去に『ノスフェラトゥ』『シャイニング』と聞きごたえのあるアルバムを発表しているラネストラーネの新作は「2001年宇宙の旅」をベースにしたコンセプトアルバム三部作である。第一作が『A Space Odyssey Part I Monolith』で、今回が二作目の『H.A.L.』だ。2015年10月下旬から『H.A.L.』の欧州ツアーを開始し、この日のミラノが最終日であった。数日前にヴェローナ近郊でもライブを行っているが、場所柄ミラノの盛りあがりとはスケールが異なっていたようだ。当日は他の欧州諸国から熱心なファンが来場しており、ラネストラーネの特に北ヨーロッパ諸国での人気の高さを示していた。マリリオンのハードコアなファンがそのままラネストラーネを応援するという、ポジティブな相乗効果が奏功していた。

会場にはミラノのプログレ愛好家の常連多数、ラネストラーネ・ファンクラブの熱心なファン、ユーゲンのパオロ・ボッタ、マクソフォンのマルコ・クローチ、UBIマイヨールのマルチェラ・アルガネーゼなどが来場しており、イタリアのマリリオン人気の高さを実感した。ラネストラーネはここ数年スティーブ・ロザリーをゲストに迎え、アルバムやライブ参加で着実にマリリオンのファン層をも取り込んできた。キーボードのリッカルド・ロマーノは一昨年から正式にロザリー・バンドのメンバーとなり、一層マリリオン・ファミリーとしての存在感を高めていた。何よりもバンド全体としての音が、大物とのツアーで練磨されていたのがすぐに聞き取れた。

Photo: Catia De Cicco (c)

ショウの前半は『H.A.L.』から全曲を演奏。『H.A.L.』は前作と比較してより力強くロック的である楽曲が多い。オープニングはこれからの盛りあがりへの期待をさせた。やはり、ダニエレの言う通り、複雑な譜割りにリードヴォーカルをのせて歌う技術はすごいものであった。彼は音楽学校でドラムの教師であるが、種々のパーカッションを混ぜて叩いて歌う様子は尊敬するフィル・コリンズを強く意識したスタイルであると直感した。ヴォーカル強調部分はドラムセットから立ち上がって歌いあげるのだが、その声はいかにもイタリアンプログレのウェットな声でしっとりと歌いあげている。ベースのマウリツィオ・メオは通常のベースの他に、アップライトベースを弾くなど曲による変化をつけている。 メオはダイヤーストレーツの欧州ツアーメンバーも務めており、その実力と温厚な人柄はラネストラーネの最年長としても尊敬されている。『H.A.L.』のインタビューでも言っていたが、今回は前作と比較してベースのディストーションを多く用いたという。それだけドラマティックなスケールが大きい曲が多い『H.A.L.』なのだ。何よりもライブで驚いたのが、ギターのマッシモ・ポモの存在感であった。アルバムでもあまりギターを全面に出していない感じがあったが、今回は情感あふれるソロを多く、強いロック調の曲では激しくシュレッディングし、ソロでは歌いあげるギターであった。女性ファンの人気独占と言われるキーボードのリッカルド・ロマーノの情熱的なプレイはアルバムからは想像できず、見る者を惹きつけるスター性を感じた。リッカルドの「音処理」のセンスは他のプログレミュージシャンからも一目置かれており、今後ミキシングなどのゲスト参加が多く見込まれるらしい。

Photo: Catia De Cicco (c)

前半『H.A.L.』の演奏終了後、20分の休憩後、後半がスタートした。『シャイニング』から連続4曲。宇宙ものとは異なり、スリリングな曲が多い『シャイニング』は演奏の難易度も高いと感じた。映像で斧をドアに打ち付けるシーンは実に見事に音楽とシンクロしており、演奏するメンバーも高度の集中力を駆使しているのが分かった。宇宙の旅シリーズはおそらく、『シャイニング』の難易度が教訓になっており、よりライブ向きに曲を仕上げた印象だ。『シャイニング』はミュージシャンが演奏しているというよりも、4人の役者が背後のスクリーンに溶け込んで、熱演しているというくらい、観客も手に汗握る迫真のステージであった。これぞ「チネ・コンチェルト」の真骨頂!と感じた。実際、この「チネ・コンチェルト」形式が現在の形に至るまでには多くの試行錯誤を経たと聞いていた。宇宙の旅はその経験則を踏まえたライブでもベスト形態に近づいたフォルムであろう。

最後はファーストアルバム『ノスフェラトゥ』から6曲を演奏。これも初期の作品で映像とのドッキング度は『シャイニング』よりはベーシックな形態であった。映画作品が淡々としたものであるためか、まだサウンドトラック的な要素を多く感じた。しかし、楽曲は素晴らしく、ラネストラーネ作品では自分的トップである。架空の欧州の街ウィスマールをテーマに歌うメロディーの美しさときたら、これ単体で歌手が歌ってもいい出色だ。この曲を聞くたびに、ラネストラーネがイタリア語で歌い続けて良かったと思う。彼らはイタリア語を歌詞にすることに強い信念があり、おそらく今後もイタリア語で歌いつづけてくれることであろう。個人的には宇宙ものよりは、この文学路線の方がいいのだが、アルバムとしては動的変化がつけにくいのかと想像した。

Photo: Catia De Cicco (c)

アンコールでは2曲前作から演奏。全体の印象としては、『シャイニング』『ノスフェラトゥ』と徐々にスローダウンし、あれ?もう終わり?そして最後に前作から2曲のみ。おそらく新作と前作とを混同しないための熟慮の上のセットリストなのであろう。やはりラネストラーネにとって『シャイニング』は欠かすことができない曲である。そして前半の今回のメイン『H.A.L.』のアルバム及びライブでの完成度の高さは今絶好調のラネストラーネの実力と欧州各国で増加しつつあるファン層の拡大を証明した。今後は北米に向けて美しいイタリア語と壮大な演奏を展開してほしい。そして、また日本でもラネストラーネとし来日公演が見られることを切望する。

 

今回のツアーの一週間前のオランダの映像を数点リンクを拝借した。ほぼ同構成であるが、ミラノ公演の方がテンションが数段高いように感じた。

Many thanks to Henri Strik of the Background Magazine.

http://www.backgroundmagazine.nl/Gigreviews/20151206RanestRane.html

 

 

HAL: Jupiter Mission

Discovery One

Broadcast News

Freddo Al Cuore

AE-35

Spacewalk

La Perfezione Che Si Cerca

Sonno Come Morte

Buio Intorno

Computer Malfunction

= Intermission =

SHINING: Redrum

Ora Nessun Nemico Passerà

In Fuga

Nel Labirinto

Vittima Di Se Stesso

NOSFERATU Lucy

L'Ufficio Di Reinfield

Passerà Presto

Via Da Wismar

La Locanda Degli Zingari

La Montagna

=ENCORE =Materna Luna

Monolith Part Two

 

レビュー:Rockprogresso

 

参考ページ:HALに向けてのインタビューhttp://blog.goo.ne.jp/sakuradeprog/e/aca9250199cc554c8f8469af0c452bcc

モノリス インタビュー

http://blog.goo.ne.jp/sakuradeprog/e/7af8cb394be1b385fc885a014d8dc191

ラネストラーネ初紹介

http://blog.goo.ne.jp/sakuradeprog/e/ad15fdff7b79e70a500ea9673ced821e

2001年の旅アップデート

http://blog.goo.ne.jp/sakuradeprog/e/ee09b7ea421dd49ffd50122772883efa


RanestRane ラネストラーネ 2001年宇宙の旅 新作H.A.L.に向けて インタビューPart 1

2015-09-13 | RanestRane

No copy or reuse of this article (Italian/Japanese) is permitted without the written consent of the author/translator.

--------------------------------------------------------------------------------

ラネストラーネ オンダロック インタビュー(要約)

http://www.ondarock.it/interviste/ranestrane.htm

 聞き手:ミケーレ・ボルディ(Q)

セルヴィアでライブの合間のラネストラーネに話を聞きました。

 Q: まずはチネコンチェルトのコンセプトから教えていただけますか。

DP: ダニエレ・ポモ(DP-Drums) まず普通の音楽ファンに向けて、より注目度が高くなるような作品を作りたかった。イタリアでは僕たちのやっているようなタイプの音楽はプロモーションすら難しい。まずは仮の標準的なリスナーを想定した。あまりプログレに親しんでいないような方たちを想定した。音楽の提供者は僕たちのような当時のルーキーバンド。なんとか音楽と映像をリンクしようと試みた。僕たちはザ・ウォールをぶっ飛ばせ!ってお金もなかったし、アラン・パーカーのような人物でもなかった。なので、既存の映画を使い、それに新たなコンセプトをつけることにした。明らかにアマチュア映画の方がセリフをつけやすいかな。既存のヒット作品のほうが難しいね。「吸血鬼ノスフェラトゥ」は僕がヘルツォークの大ファンだったこと。そしてドラキュラのキャラは映画ファンでなくても、興味を持ってくれると思った。そこから全てが始まった。リスナーの反応も良く、注目度も上がった。次にはもっと有名な「シャイニング」(スタンリー・キューブリック監督作品)に取り組んだ。

そして、サードアルバムのコンセプトの「懐妊」。2001年宇宙の旅のコンセプトは僕たちのキューブリック監督への愛と情熱の自然な延長だ。でも最初は映画の大半を占めるオリジナルのサウンドトラックと全く関連づけができなかった。でも映画へのリスペクトがあれば、なんとか映画とつながるのではと確信してきた。オリジナルサウンドトラックと全く関連性がないようでもね。

 Q: モノリスを聞いていちばん驚いたのは、これまでのラネストのアルバムの中で最も独立性が高いと思いました。映像がなくても、それだけで音楽として独立していますね。

DP: そうだね。ラネストの使命は映画と音楽を独立させること。今回は前よりもこの点では進歩したと思う。ラネストの欧州ツアーで得た確信があるんだ。事情により、いつものように映像をバックで流せないことがあった。それでも観客のレスポンスはすごく良かった。音楽が映像や文字を超越したと確信した瞬間だったよ。

 Q: キューブリック監督作品だからこそ、余計映像なしが耐えうるものだったのでは?

ラネストラーネ(RR): 僕たちがやろうとしているのは新しいプロジェクトで、もう映像なしでは音楽以外の関連性を持たせることができないってことなんだ。僕たちは多くのアーテイストから影響を受けた。パット・メセニー、ピンク・フロイド、ジェネシスなど。でも、僕たちのチネ・コンチェルトはこれまで試行錯誤の連続だった。「モノリス」では自由にこれまでの持ち味をさらに洗練できたと思う。以前の反省点も踏まえてね。例えば、映画の台詞も利用してもいいじゃないか、それもプロジェクトに不可欠な要素なんだから、と思えるようになってきた。台詞はより盛り上げるために、と作業していたら、もう止まらなくなっちゃったね。すでに「シャイニング」で少し取り組んでいたんだけれど。「モノリス」ではより焦点を当てた。「HAL」ではもっと新規な取り組みになると思う。新譜ではテンションをより高く保ってるよ。「HAL」はテンションが落ちることがないんだ。

DP:特に最終章のStarchildではテンションは頂点に達するよ。曲はHAL9000の死から始まることになっている。それからは映画の最後まで台詞はない。たぶん全てが最後に凝縮されるからだと思う。最終飛行の素晴らしいサイケデリックなセクションだと思ってほしい。チネ・コンチェルトでの台詞があまりにも音楽から浮いてしまっていたら、音楽とうまくブレンドするんだ。

Q: シャイニングでのハイライトの一つは「早起きは三文の得」のシーンですね。そこではテンションが最高潮に達し、有名なセリフへと集結します。

DP:その通りだ。シャイニングは全員とても個人的な思い入れがあるんだ。それぞれの人生の大変な時期に制作したからね。僕たちは親の死とそれに対する誕生としてとらえたんだ。制作時にはいろいろな家庭の状況が各自にあり、それが作曲にブレンドされていった。ここにリッカルド(Key)と来る車中で話してたんだ。シャイニングは聞くと、当時の妙な気分が甦るってね。すぐに当時の状況が甦るね。あまりにも時間をかけて曲にインプットしたからね。作曲の醍醐味かな。ネガティブな感情を抹消し、ポジティブな感情を強調できると思う。

MP (マッシモ・ポモ G): 僕たちはいつも最低12か月は集中する時間を要する曲を作るからね。その間に人生いろいろ起きるわけだね。

DP: そうそう。ノスフェラトゥのようにダブルCDの場合は特に時間がかかるしね。モノリスとHALはそれと比べると要する時間こそ短いけれど。とにかく、この三部作というのは僕たちの音楽キャリアの中で最もチャレンジングな作品になると思うよ。

Q: 2001年宇宙の旅のコンセプトを三分割したのはいいアイデアだと思います。一貫性を保てるし、ダブルCDに対する恐れをなくすことができると思います。

DP: もちろんだよ!でもプログレにおけるダブルCDは、あ、このバンドは何か重大なメッセージを伝えたいんだな、と聴き手に伝える手段でもあるんだ。思うに、プログレのファンは単純なものは望んでいない。ある程度のサプライズを求めている。中にはこのファンの期待はToo muchに応えようとして、結局はバロック音楽になってしまうものがある。まあ、これが今日のプログレの呪術の主要因とも言えるんだけどね。

 Q: なんでも予測できてしまい、結果として一発がーんと来るような音をリスナーが要求してしまうのですね。

DP: そのとおり!僕たちがすぐにダブルCDを出そうと思ったのは、より方向性を初期の段階から明確にしたかったからなんだ。一度方向性が定まると、次にシングルCD作を制作するときにもっといろいろなものが見えてくるんだ。実際「モノリス」はこの方針に沿って作業したより有機的なアルバムと言えるね。「シャイニング」を聞いていて、途中で聞くことを中止すると、コンセプトの意義が減ってしまうんだ。

Q: 自分の記憶では「モノリス」の全2作よりも曲が長いですね。前作の方が細かくセグメント分けされていますね。

DP: そうだね。自分もそれで正しかったのかわからないけれど、今ではもっと有機的に結合させて長くしても良かったのではと感じているよ。細切れよりは、長いほうが効果的だね。

RR: う~ん、「モノリス」はシングルCDにすると最初から明確なヴィジョンがあったんだ。

アルバムの最後の部分を考えながら、作曲を進めていくんだ。ダブルCDとシングルでは全く最終ヴィジョンが違ってくるよ。僕は個人的には「モノリス」は組曲にしたいというヴィジョンがあった。僕たちのアルバムはもともとが組曲みたいなものだけどね。でも、典型的なプログレの組曲の構成にしたかった。それで生まれたのがSemi。これまでのラネストの中ではいちばんコーラルな曲だ。

RANESTRANE Fluttuerò

Q: これまでのセグメント分けが多かった構成から長尺指向になったのは2001年宇宙の旅がどちらかというとアナログ的だったので、良かったのではと思うのですが。

RR: そのとおりだ。それでも、ラネストが継続して行っているチネ・コンチェルトのエッセンスはある。だからといって、僕たちがこのスタイルをずっと取るとは限らない。このバンドでクラシックな楽曲を作り、コンセプトにとらわれない、また映像にもとらわれない音楽を作ることが目的なんだ。

Q:ああ、もう僕の考えは読まれてしまったね!次の質問に行きましょう!

RR: もちろん自分たちなりの解釈でのプログレはやっていくけれど、将来はもう少しハードなものもやりたいと思っている。もっと複雑な構成で、細かい部分がメッシュ構造になったような感じの音をやりたいね。僕たちは変わっているかもしれないけれどね。普通はシンプルに始めて、コンセプトを打ち破る感じが多いかもしれないけれど、僕たちはその逆を行くからね(笑)。

 Q: 映画が作曲に与える影響について戻ってみましょう。

RR: 僕たちは独立したもので、映像に紐づけしないようにしたかった。着想の段階では紐づいてしまうこともあったけれど。ここ数年でシンセサイザーの性能も向上して、その進歩に合わせていた。「HAL」ではHAL9000に向かってシンクロする瞬間がある。HALがフランクとデイブを殺し始めてしまう瞬間だ。

DP: この手法は「シャイニング」でジャック・ニコルソンがやっていたと思う。そのコンセプトを今回「モノリス」の宇宙船に応用してみたんだ。映像の助けは明らかだし、映像をプロジェクションに投影できなければ、目的は到達しにくい。幸いにも、僕たちにはこの手法に加えてまだまだいろいろな引き出しがあるんだ。僕たちが尊敬するジェネシスやマリリオンはメロディ面での影響を受けている。70年代の英国のプログレからはいい部分を吸収できていると思うよ。これは海外公演する際に、言葉が通じなくても、映像の助けを借りて音楽を伝えることでうまくいっていると思う。僕たちの新しいファンは映像の助けがなくても、言語が異なっても、音楽とメロディーを味わってくれている。イタリア語は誰もが疑いなく美しい響きを持っている。でもその美しさを忘れてしまったアーティストもいる。あえて名前は言わないけれど、外国人を下手に真似しようとするあまり、イタリア音楽の良さをデフォルメさせてしまっている人たちもいる。
(Part 2に続く)

 RanestRane - Marillion Weekend 2015 - Semi

 

RanestRane - A Space Odyssey - Materna Luna (featuring Steve Rothery from Marillion)

 RanestRane Official Site: http://www.ranestrane.net/

ラネストラーネ・ファンウェブ・スカンジナビア:http://ranestranefanwebscandinavia.blogspot.se/2015/06/review-shining.html


RanestRane ラネストラーネ 2001年宇宙の旅、宇宙への壮大な旅路の始まり ~ 新作アルバム

2013-09-21 | RanestRane

Copy or reuse of this article is not permitted without the written consent of the author. All rights reserved. Rockprogresso(c) and RanestRane.

本記事の無断転載、引用、使用を禁止します。

RanestRane ラネストラーネ 2001年宇宙の旅、宇宙への壮大な旅路の始まり ~ マリリオンのダブルHゲスト参加の新作アルバム

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自前の専用スタジオでの最新作’2001 The Space Odyssey' (仮:2001年宇宙の旅)のレコーディングを終了したばかりのラネストラーネ。

キューブリック監督の名画をモチーフに、独自の解釈と音楽をつけた、チネ・オペラの壮大な3部作になる予定のアルバムです。リリースは、一枚毎になる模様です。間もなく完成するアルバムは最初の一枚、The Monolithです。モノリスとは、2001年宇宙の旅に登場する石柱状の謎の物体です。三部作のそれぞれに、シンボルとなるアイコンが使われます。最初の1枚がモノリスになります。

ラネストラーネの説明によると、モノリスは近代映画史上で最も重要なアイコンかもしれません。何を表すかは、それぞれの解釈におまかせします。地球外知的生命体、生命の起源、神、エイリアンなど、さまざまな解釈が可能だと思います。

特筆すべきは、マリリオンから、ホガースとロザリーがゲスト参加です。ラネストラーネにとっては、音楽の原点でもあり、敬愛するマリリオンのアーティストとの共演は、大変意義深いものです。ラネストラーネを率いるダニエレ・ポモ(Dr, Vo, Flute)にマリリオンとの関わりを聞きました。(聞き手 Rockprogresso)

Q: ラネストラーネ(RR)とマリリオンのスティーブ・ホガースとの出会いについて教えてください。

RR: 200811月に、ローマでツアー中のスティーブ・ホガース(Vo & Piano)で、ラネストラーネのキーボードのリッカルド・ロマーノがマリリオンの"This Strange Engine"から"ESTONIA"でマンドリンを演奏したんだ。

    http://www.youtube.com/watch?v=AUdgyWHr6vk

 

20125月にはラネストラーネとして、スティーブをギターのゲストに迎え、マリリオンの"ASYLUM SATELLITE""Happiness is the Road")と"CINDERELLA SEARCH" ("Real to reel")を演奏した。これは、イタリアのオンラインのマリリオン・ファン・クラブの総会でのライブだよ。(ラヴェンナで開催)

    http://www.youtube.com/watch?v=fxWl_0Qhvmw

    http://www.youtube.com/watch?v=tTVwyRClxKY

 

Q: ラネストラーネは明らかに、マリリオンからいい意味で、大きな影響を受けていますね。ラネストラーネの中では、誰が一番熱心なファンですか。

RR: もう僕(ダニエレ・ポモ)とリッカルドが2大ファンだね。僕は1984年にマリリオンのライブを見て、これは人生で最大のショウだと思ったよ!!まあ、RRは全員、80年代の英国のバンドは大好きだよ!!全員マリリオンのメンバー全員を尊敬してるよ。僕は特に、ホガースの大大大ファンなんだよ!!!!

 

Q: 今度のラネストラーネの新作「2001年宇宙の旅、The Monolith(仮題)」で、スティーブは何曲ゲスト参加するのですか。

RR:スティーブは組曲"Semi"の最初のヴォーカル曲"Mementoes"で歌を、そして、"il Monolito di Tycho"(同名の組曲)の中央部分に登場するよ。

同じく、マリリオンのスティーブン・ロザリーはギター参加で、"Materna Luna"のソロを、そして、"Monolith part two"の組曲"Il Monolito di Tycho"の最後で披露するよ。

続報をお楽しみに!

 

 


RanestRane ラネストラーネ 2001年宇宙の旅 近況報告

2013-07-05 | RanestRane

RanestRane Update (June 2013)

<Based on GLOCAL PR Press Release - June 2013>

 RanestRane (ラネストラーネ) の近況報告です。

4月末の東京でのイタリアン・プログレッシブ・ロック・フェスティバルではロヴェッショ・デッラ・メッダーリヤとしてエンツォ・ヴィータと出演し、皆さんからの温かいご声援をいただき、心から感謝申し上げます。帰国後はイタリアでマリリオンのファン・イヴェントのライブを行いました。その後はスタジオにはいり、かねてから着手していた名画「2001年宇宙の旅」のチネ・コンチェルトのプロジェクトに取りかかっています。

「2001年宇宙の旅」は三部構成で全部でCD3枚の構成です。この名作はスタンリー・キューブリック監督の映画に基づき、ラネストラーネ独自のインスピレーションを注入した作品です。そして、今回のお知らせですが、素晴らしいゲストが参加します。

★マリリオンのスティーブ・ロザリー(Steve Rothery)がゲスト・ギタリストで参加します。★

RanestRane frammenti di" 2001: A Space Odyssey" Casa del Jazz 13/09/12

 ラネストラーネがライブの形態として行っているチネ・コンチェルト(cine concerto)とは何ですかというご質問をよくいただきます。チネ・コンチェルトとは、映画のサウンドトラックではありません。映画から受けたインスピレーションを元に、独自の解釈で曲と歌、そして映画の画面をシンクロで流し、部分的に映画のダイアローグを挿入しながら、映画の世界を再現するという手法です。ラネストラーネは過去に「吸血鬼ノスフェラトゥ」「シャイニング」のチネ・コンチェルト・アルバムを発表しています。ドラムとヴォーカル担当のダニエレ・ポモはつぎのように説明しています。「チネ・コンチェルトとは、サウンドトラックではなく、あたかもラネストラーネの音楽のために映像が制作されたような印象を与えるオペラである。 

「吸血鬼ノスフェラトゥ」は2008年にローマのRome Cinema Festivalにおいて、そしてローマのラ・サピエンツァ大学、Roma Treにおいて、マルチ・メディアの駆使と、オペラの高い文化的価値の利用において、高い評価を受けました

ラネストラーネの評価はイタリア国外でも高く、これまでUKでのライブも経験しています

ローマのラネストラーネ専用スタジオの様子はこちらをご覧ください。

赤い壁は映画「シャイニング」のホテルからヒントを得て、自前で貼ったものです。

 

ラネストラーネ(rane strane)は風変りな蛙という意味ですが、バンド名の由来は、ドラムとヴォーカルのダニエレの前にいたバンドの名前がエドガー・アラン・ポーの小説「跳び蛙」から取ったBop Frogというバンドでした。ポーへの敬意を保ちつつ、前のバンドの蛙にもつなげたかったので、RanestRaneというバンド名となりました。

スタジオにはマスコットの蛙のぬいぐるみやグッズが多数飾ってあります。

 


RanestRane ラネストラーネ~RDMを支える音楽集団 #1

2013-01-26 | RanestRane

祝来日!RanestRane ~RDMを支える音楽集団

本記事の無断転載、複製、及び再利用を禁止します。

No reuse or copying of the article and images are permitted without the written consent of the author and the band. All rights reserved.

 

(c) RanestRane (左から)マウリツィオ・メオ(b)、ダニエレ・ポモ(dr, vo), リッカルド・ロマーノ(key), マッシモ・ポモ(g)

 

御大ギタリスト、Enzo Vitaを=Nuovo= Rovescio della Medaglia (RDM)で支えるローマの実力派音楽集団がRaneStrane (ラネストラーネ)。RDMの名曲アルバムのContaminazioneをライブで演奏したのちは、RaneStraneとしても独自でオーケストラと共演の予定もあるそうです。プログレ界の大物たちとの共演経験も豊富で、Enzoとの強力なステージを展開してくれるでしょう。

RanestRane LIVE

 

STRANGE CINEPHILE FROGS 映画マニアの奇妙な蛙たち

RanestRane(ラネストラーネ、変な蛙、の意味)はローマで1996年に結成されたプログレ・バンドです。

名前はエドガー・アラン・ポーの小説『飛び蛙』からとっています。また、RanestRaneの中のアルファベットstrはinstrumentのstrを表現し、インストを重視するバンドの姿勢を表しています。

 

メンバー:

ダニエレ・ポモ(vo, dr, perc, key)

マッシモ・ポモ(elec & acous guit)

リッカルド・ロマーノ(key, harmonium, moog)

マウリツィオ・メオ(bass)

このプロジェクトの目的はロック・オペラを作曲しそれを演奏することでした。有名なヴェルナー・ヘルツォーク監督の映画『Nosferatuノスフェラトゥ』(1979)に音楽と独自の歌詞をつけました。2000年からライブ活動を開始し、自分たちのショウを「シネマ・コンサート」として演出してきました。ライブでは背景にルツォーク監督の映画を流しました。2006年にはセルフプロデュースの2枚組スタジオ・アルバムでロック・オペラを制作しました。

2005年にはイタリアのもうひとつのバンドば吸血鬼のロック・オペラを発売し、それとどうしても比較されてしまいました。(PFMです…)両作とも、プログレの要素を強いメロディーと融合させています。もしPFMの“Dracula”がお好みでしたら、RanestRaneの本作もお気に入りになると思います。

“Nosferatu il Vampiro”は2部構成の長い組曲です。映像がなくても、十分堪能できます。音楽は強弱をつけ、淀みなく流れます。陰鬱さと明るいメロディーの雰囲気が交互に現れます。Caspar David Friedrich画伯の“Cloister Cemetery in the snow”(雪の中の墓地)を再現した美しいジャケットはアルバム全体の雰囲気とぴったりです。歌詞は映画の原作のセリフを部分的に引用しており、映画のテンションをうまく維持しています。

愛する人よ、僕には夢があった

でも、すごく変な夢なんだ

だから思い出せないんだ…

全体的にはいいアルバムで、他とは違うオリジナリティがあり、それ故ユニークと言えます。

2006年の順調なデビュー以降、RanestRaneは2011年にふたたびシネマ・コンチェルトの一貫としてセルフ・プロデュースアルバムを発表しました。1980年の巨匠スタンリー・キューブリック監督作品「シャイニング」です。この小説は1977年の同名のスティーブン・キングの小説が原作です。

Shining Ranestrane

俺は限界を再発見するエンジンだ…

俺は努力やあざを再発見する…

歌詞は狂気の日記を表現しています。雪の重さに埋もれ、忘却の水を飲む狂気…

歌メロは目が覚めるようなインストと交互に出現し、映画のセリフが効果的に使われています。本作はデビュー作よりアグレッシブになっています。まるで真っ黒な雲が、破裂するかのような緊張を与えます。

お前は忘却の水を味わうだろう!

塀も廊下も、鮮やかに真っ赤だ…

小説も映画も両方良かったですが、RanestRaneの音楽的解釈もかなり良かったです。ジャケットも秀逸で、アートはポーランドのズジスワフ・ベクシンスキー画伯の作品が雰囲気にマッチングしています。

ProgArchivesシニア・ライターのジム・ラッセルは本作品についてこのようにコメントしています。上品なシンフォニーとHogarth期のマリリオン、ゴブリンの要素がミックスされている音ですね。クリーンで高い演奏能力を打ち出しています。メロディーと霧がかかったような雰囲気の中で大音量のギターでエネルギー炸裂のロックから、静寂のパッセージまでを表現しています。映画のセリフがじわっと広がっていきます。まるでバンドと長距離ドライブに出て、ちょうど映画と同じような情景に接する、という感じです。

 

http://italianprogmap.blogspot.jp/search/label/RanestRane

Andrea Parentin/Rock Progressivo Italiano/Buy from amazon: http://www.amazon.com/Rock-Progressivo-Italiano-introduction-Progressive/dp/146373428X

 

RanestRane con Jimmy Spitaleri (Metamorfosi/Le Orme) Casa del Jazz

 

ドラマーでヴォーカル、そしてRanestRaneのサウンドの方向性を司るDaniele Pomo (ダニエレ・ポモ)に話を聞きました。

 

Q: まず、RanestTraneの大命題でもあるCine Concept Operaについて説明してください。

Cine Concept Operas (チネ・コンセプト・オペラ)はこれまでのサウンドトラックとは大きく異なるよ。元の映画に基づいてインスパイアされた音楽なんだ。特定のシーンのセリフの変わりに、映画の場面に音楽をつけたものだ。歌詞はイタリア語ですが、映画とは別に仕立てられたオペラは映画の映像を見ながら、聴いて楽しんもらえるよ。歌詞がイタリア語なのは、いわゆるイタリア人(ノンネイティブ)が英語を発音するのがあんまり好きじゃないんだ。だからあえて母国語で歌ってるんだ。

「シャイニング」は映画史上、重要な映画だ。キューブリック監督は現代の映画界で最も影響力がある。RanestRaneがNosferatu The Vampire(ノスフェラトゥ)を発表後、次のコンセプト・アルバムのテーマを決めるまで、ほぼ1年間かかったよ。ようやく、"シャイニング"にとりかかれたわけだよ。いろいろな候補があったけれど、僕の頭の中には何かキューブリック監督に捧げるような作品がRanestRanenにいちばんぴったりだと判断できていたんだ。実際、監督のどの作品も傑作だ。でも、僕たちにとってチャレンジだったのは、新しいロック・オペラを創ることだった。キューブリック監督作品はもうサウンドトラックと確固たる結びつきがあったので、聞き手はすでにあるサウンドトラックを気に言っているところからの出発なんだ。もう「シャイニング」を題材にするからには、いかにして解釈をやり直すかに取り組んだ。サウンドトラックはメロディー感が少なく、実験的な音だった。僕たちはいかにしてこれを再解釈するかを模索したんだ。その答えはピーター・ゲイブリエルとダークネス(UP)から得ることができたんだ。ある日、僕はこれを聞いていて、「シャイニング」の世界に連れ込まれたんだ。色、血、狂気… その答えというのは、より閉所恐怖症的で、サイケで、アグレッシブな音楽で、前作のNosferatu The Vampireのメロディーとは異なる。でも、RanestRaneの典型的な音楽で歌とインストのローテーションになったんだ。で、結局「シャイニング」のチネ・コンチェルトにもう3年間かかりきりになったんだ。本当に大変な作業だったよ。3年もの間、個人的に山あり、谷ありで、自分の中でディープな感情の旅に出ていた感じだった、メンバー全員がね。ロック・オペラを聞いてくれる人がこのメッセージを感じ取ってくれるといいなと思う。そして、映画と結びついた音楽を受け止めてくれることを期待するよ。

 Daniele Pomo (Drums and lead vocal)

More info about the band:

http://www.ranestrane.com/

http://www.myspace.com/ranestrane

http://www.reverbnation.com/ranestrane

http://it-it.facebook.com/pages/RanestRane/34846534710

http://www.youtube.com/user/ranestrane

Comments (3)