さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

8/31の満月

2012-08-31 22:34:09 | Weblog

    今晩の満月(8/31)はブルームーンと呼ばれて
   1ヶ月に満月が2度ある数年に1度おきる
   めずらしい現象のようです。
     ちなみに次回は2015年7月31日だそうです。
   
  
 この月を見ると幸せが舞い込むとの言い伝えがあるとのこと。
   国の内外も騒々しい問題が多い中、穏やかに収まることを願い 
   プライベートもどうぞよろしくと・・・

         お盆のように真ん丸い月に合掌 !!!

      

             

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マンション建設

2012-08-27 16:03:29 | Weblog

   ベランダから正面に唯一開いて、遠くまで見えた風景も
   15階建てのマンション建設で、この景色ももうしばらくでさよならです。
   特別良い景色と言うほどでは無かったが、朝夕に慣れ親しんだ風景が 
   見えなくなるのは何となく寂しい・・・。

   

    クレーンが落とすことはないのだろうか?
    東京スカイツリーの工事はさぞかし大変だったろうなどと思いながら
    見ています。 
   
   

   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

“オリンピック祝賀パレード”

2012-08-21 10:05:20 | Weblog

       オリンピック選手の銀座パレードになんと
   50万人が集まったそうです。
   ここのところあまり明るいニュースがない国民には
   メダル38個は久しぶりの感動だったのでしょう。

      子どもたちにも諦めずに頑張れば夢はなえられることを
   教えてくれたロンドンオリンピック。

   日頃の練習の成果を充分発揮できずに、
   残念な結果に終わった選手も胸を張って・・・
   ほんとにご苦労様でした。
   

        メダルおめでとう  夢と感動をありがとう 
   
  

  
   

      
         
        

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

“盆踊り大会”

2012-08-20 06:24:40 | Weblog

    雨で1日順延になった半田蔵の町 「夏祭り・盆踊り大会」    
    連日の猛暑も今晩はなんとなく秋を感じる涼しい風が・・・

    そろいの浴衣で、次々と変わる踊り歌にみなさんお上手ですね。
    夜店も出て多くの人でにぎわってました。
    皆さん過ぎゆく夏を楽しんでおられるようでした。

    この地に住んで1年近く、催し事の多さにびっくりし感心してます。
    町の活性化のため皆さん努力されておられるんですね。
    実行委員会の方はほんとにご苦労様です。

    
    会場では、5年に一度の10月の「山車まつり」の宣伝もされてましたが
    当日の「さじきチケット」も買いましたよ。 

    

       

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「宇治の豪雨」

2012-08-17 06:06:55 | Weblog

     先日の豪雨は宇治市では記憶的なものだったようです。
     テレビの全国放送で家が流されて行方不明者が出たなどの
     映像が流れたので、スイミングの友人も「宇治の家大丈夫だった」と心配
     していただきました。
     被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

     我が家の方は大丈夫でしたので、ご報告させていただきます。
     気にかけて頂きありがとうございました。

     1晩中、今までにない雷とバケツをひっくり返したような雨に
     怖かったと留守の家をお願いしてる方の話でした。
 
     それにしてもゲリラ的な豪雨が全国的に多いのは異常ですね。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

終戦記念日

2012-08-15 15:41:46 | Weblog

       今日は67回目の終戦記念日。
     雁宿公園の一画にある平和祈念碑に手を合せてきました。

    この碑は太平洋戦争のよる戦災で亡くなった半田市近辺の
     一般市民・学徒動員で犠牲になった方々の碑です。

    「戦災は天災ではありません。
    戦争の惨禍の記録を後世に伝え、再び戦争を起こさない決意を
    こめて平和を祈念する」と刻まれてます。

    戦争を知ら知らない国民が多くなっている現代
    どんな形でもいい、悲惨な戦争の話を伝えていく事の大切さを
    感じた8月15日でした。

    


    

                                                                                   お盆の頃になるとなんとなく秋の気配が・・・
                                             日暮れも早くなったようです。
                                             今日も1日平穏に過ぎたことに感謝!!!
                                          
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動をありがとう!!!

2012-08-13 15:51:49 | Weblog

   ドキドキ・ワクワクの素晴らしい17日間でした。
  メダルを取れた方もそうでない方も頑張りは一緒。
  ほんとにお疲れ様でした。

  暫くは何もかも忘れゆっくりしてください。
  夢をあきらめないことの大切さを教えられた
  オリンピックでした。


             感動をありがとう 

  
       
 

                                                                    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しい朝!

2012-08-12 08:13:10 | Weblog

   今朝もオリンピックを見ながらウトウト。
   肌寒く感じベランダの温度計を見ると24℃。
   何とも気持ち良い朝です。
   1℃低い事でこんなに涼しいの・・・
 
   
      
  
     
      カラカラに乾いてた地面も昨日の雨で畑の作物・木々も久しぶりに
   うるおいを得たようです。
   ベランダから見える公園の木々も緑が鮮やかです。

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆の帰省

2012-08-09 09:56:51 | Weblog

         8月は お墓参りの帰省です。
   留守の家の窓を開け、掃除を済ませ、庭木をカットし
   いつも通りの帰省の仕事も終え
   
   マイバイクで走ること20分ほどの、天が瀬墓苑へ。
   木々に囲まれ、降るような蝉の声。
   お盆には少し早いが、何人かのお参りの人に出会う。

   報告ごと、願い事はははイッパイあるけれど
   あまり心配かけるのは、仏には可哀そう。
   だからこれぐらいにしておきます。

   久しぶりに塔の島あたりを散策。
   市街地の真ん中に、源氏物語の舞台にもなった宇治川が
   何千年も変わらぬ姿で滔滔と流れ、
   すぐの所に世界遺産の平等院・宇治上神社
   やっぱり宇治は、心が落ち着く町です。

   
こんな暑い中でも観光客もあり、今やインターネット販売で
   全国的に知られるようになった お茶スイーツ「中村藤吉本店」の
   店も、席待ちの状態。
   
   30分以上待たされましたが、
   乾いた喉に茶そばとスイーツが美味しい。
   窓からの風景も素晴らしい!!!宇治の香りを満喫です

   
   もう3年以上も続けたこの帰省。だんだん億劫になり
   キャリーバックを押す不自然な姿勢で今日は体のあちこちがが痛く
   歳を感じる今朝です。

       
    琵琶湖を水源の川は宇治川のみ (瀬田川→宇治川→淀川と名を変え大阪湾に注ぐ) 

   

                             支流塔の川には夜になると鵜飼舟が 

   

                                川べりの静かな散策路 

       

                        中村藤吉本店の茶そば・抹茶ゼリー 

      

   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横井庄一記念館

2012-08-05 21:12:56 | Weblog

   “恥ずかしながら生きて帰ってまいりました”と
   グアム島から帰還した横井庄一さんの言葉が、
   戦争を忘れかけていた日本人に衝撃をあたえました。

    あれから40年。
   その横井庄一さんの記念館が名古屋の中川区にあると知り
   終戦記念日を前に訪ねました。

   横井さんが奥さんと住んだ自宅のお部屋の一角にグアム島での地下壕が
   再現され、又帰還後趣味で始めた陶器の作品も展示されてました。

   2万人もの日本兵が玉砕したグアム島で自分だけ生命を永らえた後ろめたさと
   多くの同胞の死に、生涯悩まされたと言う横井さん。
   亡くなってから15年、「戦争さえなければ横井はこんなに苦しい思いを
   しないですんだろうと思うと胸が痛みます。   
   最近 横井庄一の戦後を生きた妻の手記「鎮魂の旅路」の発刊に
   横井も喜んでると思います」と奥さんが静かに語られたのが印象的でした。

    
     
終戦から67年、世界のあちこちで今も戦火はくすぶり続けてます。
   戦争は何もかも失う愚かな行為。
   地球上から戦争がなくなる日が来ることを願います。

     
   狭く真っ暗な地下壕、
   上部の穴(人1人が入れる入口)からの光で服など作った。↓ 
  
   

   今もお元気な奥さん (後ろは晩年趣味で作った横井さんの陶器などの作品)
 
  
 

    地下壕で木の皮などで作った服や網の袋(現在は名古屋市の博物館に保存) 

               

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加