さくらばばちゃんの旅日記

後期高齢者の仲間入りもしたし
残り少ない人生をどう生きようか。
ピンピンコロリと逝きたいもの
それを願うのみです。

おめかしワンちゃん

2010-10-31 09:30:38 | Weblog

          旅先の町でべビカー(ドックカー)に乗ったワンちゃん。
         あまり可愛いので1枚とらせてね。と言うと 
         ◎ちゃん、◇君 こっち向いて・いい顔して・・・真剣なお父さん?
         もうこうなると可愛い娘・息子ですね。
         ばばさんは、おかしいやら、ほほえましいやら・・・でも笑っちゃ失礼。                       
        
             ドレス着て、おリボン付けて可愛いい  
         よけいな事ですが、美容院代も人間様より いいお値段だそうですね。
     

     

コメント (3)

“紀伊ジョウロホトトギス”の花

2010-10-28 10:49:42 | Weblog
         高山屋台会館ロビーに置かれてたはじめて見る可愛い花。 
        紀伊如雨露ホトトギス (キイジョウロ ホトトギス)と言う名だそうです。

                 盆栽のように固いことはなく、やさしい草花の鉢植えっていいですね。
        愛情をこめて育てられたことでしょう。  見事な一鉢に見とれました。   
   

    
コメント (2)

“ワイン煮”

2010-10-28 05:44:45 | Weblog
           近くの農協の即売所で形の不揃いのイチジクを
         安く売ってたので、イチジクのワイン煮を作ってみました。
         やわらかくスプーンで押してつぶれるので、パンに塗ったり
         ヨーグルとに添えたり、 テータイムに紅茶で楽しんでます。
          手作りの味は心が温かくなりますね。


         作り方は簡単
               イチジクは皮つきのまま・・・洗っておく               
               赤ワイン・・・ 安いもので良い。 イチジクがひたひたになる程度
               砂糖 ・・・・  好みの量
                              レモン汁・・・ 少々
       
         とろ火で1時間ほど煮てそのまま冷やし
         冷蔵庫に数日置くと、やわらか美味しくついつい食べ過ぎて・・・
          カロリー オーバー・オーバー
                                    

       
コメント (2)

飛騨の古都 高山へ

2010-10-25 09:45:03 | Weblog

           下呂まで来たのだから高山に行こう。
          2日目の朝 宿を出発。、各停で一時間で高山に。
 
           時間がタイムスリップしたような町並と
                      清らかな宮川の流れ          
          飛騨の匠の技を今に伝える豪華な屋台
           何かほっとする雰囲気の飛騨高山でした。 

        
                      三町 保存地区               
         
       
                     風情のある宮川の流れ
 
       
                     匠の技を今に伝える屋台

         
                 宮川朝市・・・  雨模様で人も少な目            

コメント (2)

下呂温泉へ

2010-10-24 18:25:47 | Weblog
            心身ともにリフレッシュするには温泉が一番と思い
           下呂温泉に立ち寄りました。
            日本3名湯と言われるだけに、お湯はつるつるで
           これぞ「温泉」と言う感じがして気持ちのよいお湯でした。

            今回も一人旅。 
           宿で和歌山からの同年代の、一人旅の気さくな方と
           お会いすることができ、 身も知らない方だからの
           気やすさからか 「旅の恥はかき捨て」とばかりに
           
            60数年生きたおばちゃん同士の苦労話はいつまでも尽きません。
           おかずの天婦羅が効いたのか、2人とも口の滑ること滑ること。
           思いっ切り喋り、少しは心が晴れたような気がします。                      
             たった二晩でしたが忘れられない思い出になりました。          
           住所も名前も明かすことなく“お元気でね”と別れた彼女の今後の
           健康と幸せをお祈りします。

        

                         温泉街の雰囲気が・・・ 

         

                             河原の露天風呂
                このあと お兄さんは板の後ろに隠れたのがほほえましいネ!                                                
           
        
コメント (2)

“充電して来ました”

2010-10-24 05:51:39 | Weblog
           おさまりそうにない孫の反抗期。
          我慢に我慢してきたが、もう電池切れです。
          両親が揃っていても難しい年頃。
           やはりばばさんとの生活は無理が・・・
          宇治の家で一人でゆっくり先のことをもう一度考えよう。
         
           源氏物語(宇治10帖)にも登場する宇治川塔の島周辺。
          この景色は、その昔お公家さんが優雅に遊んだと言われるだけに
          今も素晴らしい。
          紅葉には少し早いようですが、久しぶりに散策を楽しみました。

           平等院, 宇治上神社などの世界遺産とお茶の町。  
          これからの季節、周囲の山々の紅葉と清らかに流れる宇治川 
                                素晴らしいですよ
                            宇治に おこしやす。 

                                  
                      宇治川の流れと塔の島



     
         
                     少し斜めから見た 世界遺産「平等院」 

            
                       
                        茶処 宇治ならではのお茶道場。 自分でお茶を・・・
                              宇治茶の香りと深い味 おいしいね。                 
コメント (5)

“COP10”in名古屋

2010-10-12 04:04:53 | Weblog
            失われつつある地球の、自然や生態系を守る
           国際的なルールづくりを目指して「名古屋cop10」が開かれ
           昨日はNHKでも藤原紀香のメーンキャスターで7時間の
           長時間番組で、生物の多様化の必要性を訴えていた。

            今地球上では年間3万種の生物が絶滅しているという。
           朝のテレビで、最近は赤とんぼも日本古来の亀も
           絶滅危惧種になりつつあると知り、ほんとだろうかと
           近くのため池へ確認に行ってみた。 

           
            池には沢山の亀がいて、甲羅干しをしてる亀も
           パンに群がる亀もほとんどが外来種のミミアカガメ(ミドリガメの名で夜店で売っている)
           20匹に1匹ぐらいは甲羅の形も模様も違う亀がいるがこれが在来種だろうか?
           時々来られるという孫さん連れのお爺ちゃんは、「魚など育てていて大きなったからと
           池などに放したら駄目だよ」と孫さんに言っておられましたが
           
            大きなことは出来なくとも、一人一人がその意識を
           持つことしかないなあと思った一日でした。

            
                
        
                 真ん中の亀が在来種かな? ↓
            
            
            
コメント (3)

お爺ちゃん気つけてや~!

2010-10-10 09:54:25 | Weblog
           信号の無い交差点、対向車が通り過ぎた後ろから
          自転車の爺ちゃんが、ふらふらと・・・危ない! 
          こっちもゆっくりだったので何とかブレーキが間にあったが
          一瞬肝を冷やした。  ほんと当たらなくて良かった。

           “お爺ちゃん気つけてや” と言ったものの
          自分も間違いなく おばあちゃん。
          まだまだ大丈夫と思っていても、すべてに劣って来てるんだから。
                         気を付けなくちゃ・・・
          
コメント

モクセイの花の思い出!

2010-10-08 08:00:10 | Weblog
         今年も大好きなモクセイの花の香りが漂ってきます。
       
       子どもの頃、村の戦没者の碑のそばに大きなモクセイの木があり      
       「水蜜桃のようなにおいだね。“金モクセイ”と言う名だよ」と果物好きな母が教えてくれたこと。

       学校調理員として務めた28年間。  運動会には、子どもの歓声とモクセイのかおり。
        
       宇治の家での、夫との思いでの中のモクセイの花。

       知多に来て孫の我儘に悩む 今朝のモクセイのかおり。

       
        住む地は変わり、その都度心の中はさまざまだけど
       モクセイのかおりの思い出は今走馬灯のように甦ってきます。
       

        
コメント (4)

お百姓さんごめんなさい!

2010-10-06 16:39:31 | Weblog
        ばばさんの家のすぐ前の稲田
       住宅地の真ん中の田んぼは僕たち雀の
       格好の餌場でした。
       お蔭さんで毎日お腹一杯餌にありつくことが出来ました。

        ばばさんは、それを見て       
       「仕方がないね、あんたたちも生きていかんならんしね」と
       見て見ぬふりをしてくれてましたが、
        今日は朝からお百姓さんがコンバインで収穫です。
       次の餌場を探さなくちゃ・・・ 

        それにしても人間社会は米離れで、今年も又米価が下がったらしいよ。
       お百姓さんも大変だね・・・  チュン・チュン

        

              
  
       
       

            
     
コメント (2)

彼岸花ロード

2010-10-03 12:25:59 | Weblog

        愛知県半田市の矢勝川の堤防2キロに
       今年もまっ赤な彼岸花が咲きました。
      
        町のボランティアさんの協力でこれまでになったとのこと。
       根っこが混んでくると花が小さくなるので、他へ植えかえたり
       いろいろな作業があると聞きました。
        本当にご苦労様です。
     
        近くには「新美南吉のごん狐の里」もあり
       半田市は蔵の街
       皆さんこの季節一度訪れて見ませんか。

             

            

          

      
              

コメント (2)