迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

エンジェルウォーズ

2011年04月24日 | あ行 外国映画
ザックの行きたい方向はわかっております。とにかくザックの映像。誰も見たことない色、映像、展開、不条理、妄想の世界を描き出す・・・。そこんところはしっかと分かってるいるので、そこをみればいいはずです。

さて、お話は。。。
母が死んで、とんでも継父に財産も自分たちの尊厳も奪われそうになった姉妹。父を倒そうとしたはずが、妹を撃ってしまった姉。姉は強制的に精神病院に入れられる。治すことが目的のはずの病院。いや、治す。でもそれは人間としての感情をなくせばいい。

薄汚れた病院の中。暗い暗い世界の中で、出来ることは想像、イマジネーション。想像の中で、彼女は戦士となり、その中でのミッションを達成すれば、きっとここから抜け出せる道が見つかるはず。ミッションは、5つのキーとなるものを手に入れること。5人の仲間となった少女(?)たちは、力を合わせて戦い始める・・・。

てな感じでしょうか。ストーリーはあってないようなもんで、ここは映像を堪能するのが一番でしょう。ザック色で染められたスクリーン。ざらざらした触感の絵。派手なアクション、オタク感を醸しだすアイテムの数々。それ以上のもんを求めてなかったので、ちょうどよかったって変な感想ですが、可もなく不可もなくって感じ。

最初はほんとに斬新で、今まで見たこともない!というザックの映画でしたが、結構この絵面も見なれてくると、それほど斬新とも思わなくなってきまして、人間てのはどこまでも贅沢、貪欲。そろそろ違う方向性も見出しても・・・・あ、それがガフールだったのでしょうか。

主役のおねえちゃんは知らず。ちいとばかり華がなかったような。ジェナ・マローンは久しぶりにお目にかかりましたが、きれいですわ。光ってたのはアビー・コーニッシュ。もう一人の主役というか、こっちの方がヒロインの華があったのは、狙いだったのか。

とにかくあたしのつぼは、予告の時から異彩を放っていたスコット・グレン。若い女子たちに囲まれ、なんだかウキウキしてたように見えたのはあたしだけ?で、この映画を見た後、禁を破って午前10時の映画祭にとうとう行ってしまったのでした。どうしてもスクリーン見たかった「ライト・スタッフ」!!生涯の10本に入るこれをどうしても見たかった・・・。

午前10時とはならず、午後8時からでしたが、終わったのが11時半。。。いやー長かったけど、長さは感じない。目的はただ一つ、あの頃最高のサム・シェパードさまのご尊顔を拝したかったのでした。超満足したのですが、ここでまた若きスコット・グレンにお目にかかりまして、30年近く経っても全然変わってないのに今更びっくり。

サムさまは、今は貫録つき過ぎて、うーーんなもんで、こういう昔の映画が見たくなるわけです。もともとしわの多いお顔のせいかはわかりませんが、ついついスコット・グレンに萌えてた私でした。

◎◎◎

「エンジェルウォーズ」

監督・製作・脚本 ザック・スナイダー
出演 エミリー・ブラウニング ヴァネッサ・ハジェンズ アビー・コーニッシュ ジェイミー・チャン ジェナ・マローン スコット・グレン 

コメント (10)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« ザ・ライト -エクソシストの... | トップ | 白いリボン »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-04-24 12:21:47
結構に有名な監督に俳優さんだったんですね。
知らない人ばかりだったのでどっちかっていうとマニアックな作品かと思っていました(笑

『ラスト・スタッフ』
今度観てみたいと思います♪
>けんさま (sakurai)
2011-04-24 19:20:01
そうですね。
「300」に、「ウォッチメン」は、かなりの力作だったと思いますわ。
でも、監督は十分にオタクですがね。
今回は、かなり日本オタクが入ってましたね。

「ライト・スタッフ」!ぜひ。
Unknown (KLY)
2011-04-24 20:44:10
個人的には『300』>『ウォッチメン』>>>『エンジェル・ウォーズ』かなぁ。(笑)基本的に好きな監督なんでまあいいやって感じではあります。
仰るとおり主役のこ、ベイビードールちゃんちと華がなかったかなと。

スコット・グレンをこんな問いっては失礼ですが、作品で観るとは思わなかったです。
『ライト・スタッフ』は私も生涯の10本、いや5本に入ると思います。
スコットもそうだけど、エド・ハリス、デニス・クエイド、フレッド・ウォードあたりを別の映画で見るたびに、子供の頃は「あ、ライト・スタッフの人だ!」って認識してましたもん。(笑)
>KLYさま (sakurai)
2011-04-26 21:35:36
ははは、わかりやすい不等式ですね。
私もそんな感じですかね。
「300」のインパクトはすごかったです。
個人的には、「ウォッチメン」も好きなんですが。
スコット・グレンも決してA級どころの映画には出ないんですよね。
最近は特に。

そっか、「ライトスタッフ」は、子供のころなのね~。
こんばんは (はらやん)
2011-04-28 21:45:19
sakuraiさん、こんばんは!

スコット・グレン、久しぶりでした。
僕は「レッド・オクトーバーを追え!」のダラスの艦長役がけっこう好きでした。
ザック・スナイダー監督は自分の趣味に走っていて潔い感じがしました。
>はらやんさま (sakurai)
2011-04-30 11:39:57
はいはい、あの艦長役も決まってましたね。
間違っても主役にはならないですよね。
でもなんかいいんですよ、やっぱ。
ニヒルな感じですかね。
浮き沈みのおおきいケビン・コスナーなんかより、堅実に感じます。
Unknown (たお)
2011-08-27 06:15:53
なんとも小奇麗にまとまったって印象の作品でしたねぇ。もうちょっとはっちゃけても良かったのに。。。
にしても『ライト・スタッフ』。
ランス・ヘンリクセンにフレッド・ウォード、スコット・グレンにデニス・クエイドと、ホントいい味出してる役者が総出演の傑作ですよねぇ。
>たおさま (sakurai)
2011-08-28 20:19:38
いやーー、予告見ていた分としては、かなりすさまじいもんになるのかな~と思わせたんですが、ほんと、小奇麗にまとまってました。
それはそれでいいんですが、なんといってもスコット・グレンですよ。
他のスタッフ面々から見ると、息が長いですよね。全然変わらないし。。。
アタシはなんといってもサムさまなんですが、今年は午前10時でしっかり見て、ほんとに幸せでした!
おじゃまします。 (ピロEK)
2012-03-28 23:28:47
おじゃまします。
映像は私の好きなタイプのものが多い映画でした…「300」よりもこちらの方が良い感じです。
妙な暗さが加味されていなければソフト購入してジックリ観賞となっていたと思います。鬱なストーリーの部分がそこまで嫌という訳でもありませんが、何回も観て気持ち良いものでも無いので購入には至っておりません。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2012-03-30 16:04:02
何本撮っても変わらぬ映像と言うのは、ある意味すごいなあと思います。
ブれないザック。
はい、一度見ればいいかもですね。
あのインパクトは何度も見るものではないのかもしれないです。

コメントを投稿

あ行 外国映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

エンジェルウォーズ (本と映画、ときどき日常)
監督 ザック・スナイダー 出演 エミリー・ブラウニング     アビー・コーニッシュ 美少女達による痛快アクションです♪ 養父のもくろみで精神科医に入れられた少女が、仲間と共に自由を求め空想の世界で戦うお話。 なかなか派手でした。 これで後スリルとサス...
エンジェル ウォーズ (試写会) (風に吹かれて)
踊りを見せてよ~~~公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/suckerpunch4月15日公開監督: ザック・スナイダー 「300」 「ウォッチメン」母親が亡くなると、
No.251 エンジェル ウォーズ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「300 スリーハンドレッド」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が描くアクションファンタジー。精神病棟に閉じ込められた少女が、現実から逃避するためにつ ...
『エンジェル ウォーズ』 それは金田伊功からはじまった (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『エンジェル ウォーズ』なんて可愛げな邦題が付いているが、原題は「Sucker Punch」。「不意打ちの一発」といった意味だろうか。  ザック・スナイダー監督は、この題名には二つの...
コレステロール 薬 副作用 (コレステロールの薬による副作用の研究 )
コレステロール 薬 副作用について紹介しているサイトです。是非参考にして下さい。
エンジェル ウォーズ (LOVE Cinemas 調布)
『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダーが製作・監督・原案・脚本の一人四役を務めて送るSFアクション。家族を奪われた上に継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女が、そこで出会った4人の女性とともに空想の世界で壮絶なバトルを繰り広げる。主演は...
「エンジェル ウォーズ」 ザックはさしずめノリノリDJ (はらやんの映画徒然草)
「300」、「ウオッチメン」のザック・スナイダー監督が、自身のオリジナル脚本で挑
エンジェル ウォーズ (だらだら無気力ブログ)
「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナイダー 監督が、5人のセクシー美女を主人公に描く痛快ファンタジー・バトル・ アクション大作。 全てを奪われ精神病院送りとなった少女が、そこで出会った4人の美女と共に 自らの運命を変えるため、...
[映画まとめ語り 『ザ・ライト』『コナン15』『しんちゃん19』『エンジェルウォーズ』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何本か観ている作品があるのだが、観てからかなりの期間が過ぎてしまっている。  とりあえず、今回は、先ず、比較的、観たばかりの作品から感想を書きます。    ◇    『ザ・ライト ~エクソシストの真実~』  実は、この作品、高校生の姪と母親と3人で...
エンジェル ウォーズ(2011)★SUCKER PUNCH (銅版画制作の日々)
                       SUCKER PUNCHとは予想外のパンチという意味  1週間ぶりにシアターへ・・・。今日は2本続けて鑑賞。まず本作「エンジェル ウォーズ」を観ました。吹き替え版しか上映されていないんですね。 「300〈スリ―ハンド...
映画「エンジェルウォーズ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「エンジェルウォーズ」観に行ってきました。精神病院に収容された少女が、幻想的な世界で自由に手にするため戦っていくアクション・ファンタジー作品。「エンジェルウォーズ」...
エンジェル ウォーズ (銀幕大帝α)
SUCKER PUNCH/11年/米・加/110分/アクション・ファンタジー/劇場公開 監督:ザック・スナイダー 製作:ザック・スナイダー 原案:ザック・スナイダー 脚本:ザック・スナイダー 出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネ...
エンジェル ウォーズ (いやいやえん)
精神病院に入院させられてしまった少女が精神的(妄想)に立ち向かうというもの。 妄想世界観は目新しさはないものの、なかなか良くできてると思いますしベイビー・ドールたちも可愛いです。閉鎖された空間からアイテムを集めて脱出するというのは、ほんとゲームの世界...
エンジェル ウォーズ (Sucker Punch) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ザック・スナイダー 主演 エミリー・ブラウニング 2011年 アメリカ/カナダ映画 110分 アクション 採点★★★ 妄想と現実逃避が大好きな私なんですが、年々その現実逃避の逃避距離が短くなってきた感じが。大金持ちになる妄想をしてても、その金額が徐々にリ...
【映画】エンジェル・ウォーズ…の記事と長く放置した間の近況 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ブログを長く放置した間の近況報告から(といっても大した内容でも無いですよ) 2012年1月21日(土曜日)は夜勤明けのため、15:00過ぎごろまで睡眠。その後用意して夕方からお仕事…お仕事は21:00前に終了。 2012年1月22日(日曜日)は、英語検定を受検するという娘を朝...